『ワールドチェイン』三国志編いよいよ最終章へ。『チェイン』シリーズ第二弾は歴史の修正がテーマのチェインRPG

記事カテゴリ: iPhone Android
小野憲史
2017年04月17日

 『ワールドチェイン』(セガゲームス)のきくDと『フィンガーナイツ』(ゲームオン)の池亀泰宣氏。人気スマホゲームをあずかる二人で、異色の運営ディレクター対談が実現した。対談本編に進む前に、改めて両タイトルの概要と現状について両氏に聞いた。

 セガゲームスの大ヒットスマホRPG『チェインクロニクル(チェンクロ)』に続く、『チェイン』シリーズ第二弾としてリリースされた『ワールドチェイン(ワーチェ)』。
 実は、開発の立ち上げは『チェンクロ』と同時期だったという『ワーチェ』。
 そのためタワーディフェンス的なバトルシステムや、キャラクター間でチェインストーリーが進行する点などは踏襲されているが、細かい点で違いが存在する。

 タップ操作で縦横無尽にキャラクターを移動させつつ攻撃できる、メインキャラクターとは別にレブナントと呼ばれる歴史上の偉人・英雄達が存在し、レブナント間でストーリーが連鎖していく点などだ。
 『チェンクロ』の数百人にも及ぶキャラクターがすべてオリジナルなのに対して、『ワーチェ』のレブナントはすべて歴史上の人物ををベースにしている点も好対照だ。
 レブナント一人ひとりが背負うストーリーも史実に即しており、歴史好きであればニヤリとするようなエピソードが散りばめられている。
 出目が同じでも、さまざまな点で異なる「双子の兄弟」のようなタイトルだといえるだろう。

 主人公は「チェインドライバー」の機能を用いて時空を越え、歪んだ歴史を修正(リライト)する力を持つ「リライター」だ。
 チェインドライバーにはレブナントを一時的に召喚し、その能力を発動させる(=リヴァイヴさせる)機能がある。
 レブナントは上杉謙信やリチャード一世など150名以上にも及び、中にはそれぞれのリライターにゆかりのある人物も登場する。
 レブナントは、戦闘スタイルによって「近接戦闘が得意なアタッカー」「移動量が高く汎用性に富むライダー」「複数の敵を遠方から攻撃できるを行うシューター」に分かれる。
リライターはチェインドライバーを駆使して、これらのレブナントを召喚し、歴史をリライトする為に共に戦っていく。
 舞台を変えながらストーリーがテンポ良く進行する点も特徴で、現在まで「戦国編」「ローマ・エジプト編」「三国志編」と3つの時代が登場している。

史実を知っているからこそ感動する『ワーチェ』の魅力

 当初「歴史ものと学園もののカップリングで、10代から20代のユーザーをメインターゲット」に開発された『ワーチェ』。
 しかし、“きくD”に話を伺うと「いざスタートしたところ、思いがけず30〜40代の社会人ユーザーが多かったことに驚いた」という。
 史実をベースにレブナントの内面を描き込んだことで、歴史好きのユーザーが食いついたのだ。

 実際、「あの時代で遊びたい」「あのキャラクターを登場させて欲しい」といったユーザーからの要望が届くという。
 仲間になったレブナントにまつわるストーリーが楽しめる「烈伝ストーリー」では、同じ時代に属する偉人・英雄の掛け合いが発生。
 これに対して「チェインストーリー」では時空をまたいだ、ifの世界での掛け合いも発生する。
 もっとも、歴史を元に戻すということは、レブナントの運命を史実から変えられないということだ。

 「歴史の教科書では一行で終わる場面でも、ゲームではキャラクターの内面と、その場面に至るエピソードをしっかり描き込む必要がある。物語を生み出すたびに、作り手ながらホロリとさせられることもある」とは“きくD”。

 メインストーリーに加えて、強力なレブナントが敵として登場し、撃破するとゲーム中で使用可能になる「襲来イベント」も、日替わりで開催中だ。
 公式サイトでは「タイムアタック」「スピードアタック」「ディフェンス」の項目別にランキングが表示され、プレイヤー同士で競い合える。
 これに加えて、特別仕様の織田信長とチンギス・ハンが立ちふさがる「究極襲来」を週末ごとに実施。

『ワーチェ』最新ストーリー「三国志編」がいよいよクライマックスへ

 一方メインストーリーでは、近日アップデート予定のVer 1.6.0で、いよいよ「三国志編」がクライマックスに突入。
 サブタイトルとして「三国志編 碧天の臥龍」が加わり、アプリアイコンが三国志でおなじみのキャラクターに変更された。

 このほか新機能として、リライターのサイコがCITYで占いをしてくれる「占いの館」や、Sランクでクリアした襲来でバトルをスキップできる「襲来スキップ」を実装。
 レブナントをアビリティの効果や耐性でソートできる、バトルの結果画面にクリアタイムが表示される、初めてレブナントと出会った時に再生される「出会いの物語」が見返せるなど、プレイアビリティの向上につながる改修も行われる。

 「より手軽に、ストレスを感じることなく、サクサクと遊べるようになる。これらのアップデートを通して、ユーザーの満足度を上げ、飽きずに遊んでもらいたい」(きくD)という運営方針のひとつの現れである。

 
ジャンル RPG / / 声優 / SF・ロボット / 三国志 / 戦国もの / ファンタジー
リリース日 2016年09月12日 (【スマホ】iPhone(アプリ))
2016年09月12日 (【スマホ】Android(アプリ))
価格 基本プレイ無料
コピーライト (C)SEGA
公式コミュ https://twitter.com/worldchain_pr
PRサイト http://worldchain.sega-net.com/
 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

ワールドチェイン関連記事

 

SEGA CORPORATION 関連記事

 

その他のニュース関連記事

 
『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』新プロジェクト「PERFECT Dream Project」ティザーサイト更新で新スクールアイドルのシルエット公開 『信長の野望』シリーズ 第15作『信長の野望・大志』の制作が決定。コンセプトや新システム、シミュレーションAI の変革などを公開 【マイクラPE】0から始める『マインクラフト』第8回:牛やニワトリをお世話する「牧場」を作ってみよう! 『ガールズ&パンツァー戦車道大作戦!』★5角谷杏[職業体験]、河嶋桃[職業体験]、アンチョビ[職業体験]、カチューシャ[職業体験]など職業体験の衣装を着た生徒登場 【お買い得】スマホゲーム速報:iPhone/iPad(4/29) 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』新実写CMを公開 「ニンテンドー3DS」シリーズの新商品「Newニンテンドー2DS LL」、7月13日に発売 『パズル&ドラゴンズ』『モンスターハンター』シリーズとのコラボ企画が5月1日(月)より開始 『誰ガ為のアルケミスト』5月1日より、ダウンロード160万人突破を記念したキャンペーン開催。新ジョブ&新ユニットも登場 『ディバインゲート』アニメ「ご注文はうさぎですか??」とのコラボ決定。「ヴィヴィアン&ライル」コラボグッズ発売も発表