【週刊ジーパラが批評237】VRで恐怖を感じる『バイオハザード7』をプレイするためのPS VRが売り切れ中という二律背反的現実?

記事カテゴリ: iPhone Android PS4
2017年01月30日

 最近のニュースを見ながらさまざまな情報をお届けするコラム「週刊ジーパラが批評」。いよいよ2017年の1月も終盤ですね。1月最後の日曜日には、テレビ朝日系列の「題名のない音楽会」にて「吹奏楽によるドラゴンクエストの音楽会」が放送されました。『ドラゴンクエスト(I)』、『III』、『IV』、『V』の曲が吹奏楽アレンジで演奏され、各種SNS上などでも話題になりました。見逃した方にはBSで再放送もあるようなので、視聴環境のある方は今度こそお見逃しないように(笑)。

 同番組では以前『ファイナルファンタジー』も特集されたことがあり、ゲームミュージックも着実に広まってきている感じです。とはいえ、ゲームミュージックというのは作品に合わせて制作されるわけで、作品の知名度があって初めて、一般層にまで認知されるものという感じです。すぎやまこういち氏、植松伸夫氏に続いて、もっと作曲者名自体が広まってほしいというのはゲームミュージックファンの願いかもしれませんね。

スマホゲーム新作『ららマジ』『StarHorsePocket』

 ゲーム音楽の作曲者と言えば、いろいろな方の名前が挙がると思いますが、伊藤賢治氏も多数のファンが名前を挙げる方だと思います。そんな伊藤賢治氏も参加している新作ゲームが発表されています。

 Wright Flyer Studiosとアニメ制作スタジオA-1 Picturesのタッグで贈るiOS/Android端末用スマホゲーム『ららマジ』は、豪華声優陣に加え、数々のアニメ作品でもおなじみのアニメーター、飯塚晴子氏をキャラクターデザインに起用した「音と魔法の学園RPG」とのこと。

 A-1 Picturesといえば数々のアニメ作品を手掛けたスタジオとして有名ですが、スマホゲームにも本格参戦という感じでしょうか。スマホゲームメーカーがアニメ制作に乗り出すなどのニュースも多い昨今ですが、今回はその逆。はたしてどのような作品になっているのか、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 スマホゲームのニュースとしては、2017年1月27日(金)にセガ・インタラクティブが、iOS/Android端末向けスマホゲーム『StarHorsePocket』を配信開始しました。これはアーケードゲーム『StarHorse』シリーズのひとつとなるスマホゲーム。

 以前、当コラムで同社の「マルチデバイス×ワンサービス」戦略をご紹介したことがありましたが、その一角を担う作品です。事前登録報酬の中にはアーケードゲーム『StarHorse3』で使えるものも含まれており、スマホゲームユーザーにゲームセンターに足を運んでほしいという思惑もしっかりと見られます。……ところでまったく関係ないのですが、ゲーム内のアイテム購入などに使う「馬封石」を「まほうせき」と読ませてしまうのはちょっと笑いました。いや、ある意味わかりやすいんですけどね!

『バイオハザード7 レジデント イービル』に注目が集まるもPS VR供給間に合わず…

 一方、コンシューマゲームではカプコンのPS4、Xbox One、WindowsPC向け『バイオハザード7 レジデント イービル』が注目を集めている様子。早くも全世界で250万本の出荷となっています。内容に関しては賛否両論といったところですが、原点回帰の雰囲気を持つ作品として評価する声も多数。一人称視点を採用したことにより、VRとの相性もよく、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)の公開した映像「バイオハザード7 & KITCHEN vs 稲川淳二 VRモード プレイムービー」も話題になっていますね。

 まぁそれはともかくとして、先週もチラッとお伝えした2017年1月26日(木)のPS VRの追加販売ですが、またしても瞬殺の勢いで売れてしまったらしく、店舗で気軽に購入できるようになるまでにはまだちょっとかかりそうな予感です。なお、早く欲しいからといってプレミア価格のオークション販売などに手を出すと転売を助長することにもなりませんから、そのあたりはグッとこらえておきましょう……。

「ニンテンドースイッチ」のプレイアブル出展もある「闘会議2017」、スクウェア・エニックスとMarvel Entertainmentのパートナーシップ発表

 さて、2月といえば……スマホゲームやオンラインゲームなどではバレンタインイベントが始まる頃ですが、リアルイベントとしては2017年2月11日(土・祝)の「闘会議2017」も注目かもしれません。「ニンテンドースイッチ」などもプレイアブル出展されることが決まっていますし、メーカーオフィシャルのゲームの大会やステージイベントもあり、メーカーによっては各種新情報の発表もありそうな予感です。

 セガゲームス セガネットワークス カンパニーのiOS/Android端末向けスマホゲーム『モンスターギア バーサス』などでは、早くも「闘会議2017」で開催する「モンスターギア ブキバッカ王国 ハンター選手権2017」の予選通過者の発表なども行われており、今後も「闘会議2017」に関するニュースなどが報じられそうな予感です。

 最後に気になるニュースをひとつ。スクウェア・エニックスとMarvel Entertainmentが、ゲーム開発・販売におけるパートナーシップを発表したというニュース。すでに「The Avengers」をベースにしたオリジナルゲームの開発が始まっているとのことで、海外を中心に話題となりそうな予感です。日本では劇場用映画作品はヒットしているものの、アメコミ関連のゲームはあまりヒットの例がないため(カプコンの格闘ゲームはかなり人気を博しましたが、だいぶ昔ですからね……)未知数と言えば未知数。具体的な詳細については2018年に発表とのことなので、まだかなり先になりそうですね。

 ということで、ジーパラドットコムでは引き続きゲーム関連を中心にさまざまなニュースをお届けしていく予定です。以下のメディアなどでも情報を発信していますので、用途に応じてご利用いただければと思います。

 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

『Fate/Grand Order』奈須きのこがシナリオを執筆したクリスマスイベント「冥界のメリークリスマス」開催。新サーヴァント「エレシュキガル」が参加 『Fate/Grand Order』イベント「FGO冬祭り 2017-2018 ~冬のファラオ大感謝祭~」のメインビジュアル、展示内容公開 『パズル&ドラゴンズ』 特別な覚醒スキルを追加する新システム「超覚醒」を実装。遊びの幅をさらに広げるアップデートを2017年12月13日(水)に実施決定 ARアプリ『バンドリ!ガルパAR!』配信決定。『バンドリ!カールズバンドパーティ!』登場キャラクター25人は登場するアドベンチャーゲーム いよいよ『グリムノーツ』の物語はクライマックスに。新想区「万象の想区」追加、新ヒーローも登場 [コラボ]『シンデレライレブン』、TVアニメ「このはな綺譚」とのコラボキャンペーンを開催。「柚」「皐」「棗」「蓮」「櫻」「桐」が登場 【マイクラPE】0から始める『マインクラフト』第8回:牛やニワトリをお世話する「牧場」を作ってみよう! 『はばたけ!ひよこ小戦争』『にゃんこ大戦争』の血を引き継いだ最大4人でリアルタイム対戦を楽しむことができる対戦レースバトル 『ヴァルキリーコネクト』全世界累計1,200万DLを突破し、最大400ダイヤと400スタミナの記念ログインボーナスを実施。覚醒対象キャラクターに機巧少女「ミルカ」を追加 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』に、『FINAL FANTASY VII』からシド参戦