『BF』シリーズ最新作『バトルフィールド 1』の舞台は第一次世界大戦。一方、『CoD』はさらに未来へ。思うところがあったので、一筆啓上つかまつる

2016年05月11日

 エレクトロニック・アーツは、『バトルフィールド 1』を10月21日にPlayStation4、Xbox One、PC版Originにて全世界同時発売決定しました。

 今回の作品の舞台となるのは第一次世界大戦。長く張り巡らされた塹壕から敵味方がにらみ合い、毒ガス兵器の使用や、航空機、飛行船、そして、塹壕を突破するために生まれた戦車など、今では当たり前となった兵器たちが誕生した戦争です。

 激しい攻撃にさらされるフランスの都市で体験する緊迫感に満ちた市街戦から、イタリアアルプスの堅固な要塞をめぐる攻防戦、さらにはアラビアの砂漠での混沌に満ちた戦いまで、ケタ違いのスケールで展開する戦場を戦い抜きましょう。マルチプレイは、厳しい環境下での高次元な空中戦、海岸から迫りくる艦隊、滅多にない大規模な覇権を巡る帝国同士の衝突といった真に迫る戦場を可能にします。

未来の『CoD』と戦史の『BF』。たてりょうたの思うところ

 さて、ここまでは先日発表された『BF』の情報でしたが、もう一方の雄『CoD』シリーズ最新作『コールオブデューティ インフィニット・ウォーフェア』は、前作の路線を引き続き、更なる未来を描く作品になるようです。

 一時期、現代戦をテーマにした両作品。シナリオにおいては、「あれー!?同じネタ!?」と思うように同調していた作品もありました。

 ただ、両作品が現代戦を扱っていた時期には双方素晴らしい相乗効果を生み出していたと個人的には思います。
 現代に潜む危機を知ることが出来、現用の武器やアタッチメントを知ることができ、さらにはサバゲー装備にも思いっきり参考にさせてもらいました。
 もともと、リアル志向を売りにしていたのは『CoD』。前述の装備もそうでしたが、ストーリーも素晴らしいものでした。

 ですが、ボク個人の感想で書いちゃいますよ・・・。言っちゃいますよ? 全シリーズやってるからいいよね?

 『CoD』、もう期待できないのかも。

 リアルな物語を楽しむために『CoD』を、マルチを楽しむために『BF』を購入してきましたが、『コールオブデューティ インフィニット・ウォーフェア』のムービーを見ると、「そっちじゃない。ボクが求めるのはそっちじゃない!」という気持ちでいっぱいになります。

 『CoD』はリアルな武器の使用感を個人的には楽しんでいた作品なのに、見たことも無い武器やロボが出てくる・・・。

(※ちなみに、『CoD』シリーズは、シナリオ楽しむだけで、マルチはプレイしていません)

 ただ、『BF』に関してもすごく不安です。なぜなら、WW1を描くFPS作品はおそらく初です。歴史オタクのボクの感想だと、ド派手なマルチプレイは想像できません。でも、だからといって、ド派手にされてしまうと、それは違う印象。

 だって、塹壕をホリホリ進め、ジワジワと戦った戦史とちがいますもんね。

 リアル志向の『CoD』が体験したことのない未来を描き、どのような評価をうけるのか? ゲーム性重視の『BF』が、リアル戦史をどのように描くのか?

 そして、両者が別方向に動き始めたFPSの方向性に、これまでのファンはどのようなジャッジを下すのか。

 非常に不安で、非常に楽しみな2016年末がやってきそうです。

ジーパラドットコム 編集部の評価:  0
 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

『Fate/Grand Order』第2部「Cosmos in the Lostbelt-」第1章が4月より配信開始 『Fate/Grand Order』新たなゲームプロジェクトを発表。『Fate/Grand Order Duel -collection figure-』英霊召喚ボードゲーム [事前登録]『アイドルマスター シャイニーカラーズ』事前登録数41.2万突破記念として最後の“新ユニット”を公開 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』スプリングキャンペーン開催。Aqoursファンミーティングツアー千葉公演開催記念キャンペーンも開催 【週刊ジーパラが批評285】「ヤフオク!」でもようやくRMT関連の出品が禁止に! そしてスマホゲームはデータ連動PC版が次々にリリース中!? 『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』5周年。声優・水樹奈々さんとタイアップ特別イベントプロジェクトスタート [事前登録]スマホ向けブラウザゲーム『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』、TVCMの公開 [事前登録]4対4のチーム対戦が楽しめる『ONE PIECE バウンティラッシュ』 最新TVCM公開中 『SINoALICE』(シノアリス)、スノウホワイトの新ジョブが登場する「錬鉄ノ矢雨ガチャ」を開始 なんか話題になってるっぽい、男顔なのか女顔なのか診断してくれて似てる有名人を検索してくれる「pictriev, 顔検索エンジン」で遊んでみる