[福島GameJam]福島GameJam2015で協賛企業賞を発表&TGSインディコーナーに出展

記事カテゴリ: iPhone Android PCゲーム
2015年09月17日

 IGDA日本では、福島GameJam2015(8月22日・23日)で作成されたゲームを対象に、協賛企業賞を発表。
 これらの作品は、2015年9月17日より千葉・幕張で開催されている東京ゲームショウ2015のインディゲームコーナー(A-55)でブース出展される。
 ちなみに、出展は一般公開日のみ。
 そのほか、イベントで制作された各ゲームは、福島GameJam2015公式サイトにて公開中。
 各会場毎に作品が収められている。

・Cyberz賞 (サイバーズ株式会社)
会場・チーム名: メイン(福島件郡山市)会場・紙飛行機マイスターズ
作品名:『タイトル: 走 れ!!紙ヒコーキ!』
選評:
スマートフォンそのものを飛行機に見立てたコントローラーとしたことで、画面上だけでなく周りの人と一緒に楽しさを共有する仕掛けとなっており、ゲームを切っ掛けにしたコミュニケーションが生まれるデザインになっていて素晴らしい

・マッチロック賞 (マッチロック株式会社)
会場・チーム名: 東京工科大学会場「小川流花火大会」
作品名: 『花火メーカー』
選評: 花火のパーティクルがとても綺麗にできており、ゲームを盛り上げている。

・OPTPiX SpriteStudio賞 (株式会社ウェブテクノロジ・コム)
会場・チーム名: 東京工科大会場
作品名: 『花火メーカー』
選評:
過去に似たようなゲームデザインが有りはしたが、VRとの相性が良い。技術的な点でも大変高度に見える、少し手を入れればStoreで販売できそうな完成度に驚き

・Unity賞 (ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
会場・チーム名: 岡山会場・わしらバルーンキャッチャー
作品名: 『We are Balloon catchers』
選評: 多人数プレイに対応しており、みんなでワイワイ楽しめるところがすばらしいです!
開発時間の限られた福島ゲームジャムでよくぞここまでできたものと思いました。もう少し開発を続ければもしかしたら大ヒットするかも……という可能性を感じます。
受賞おめでとうございます!

・Unrel Engine 4賞 (Epic Games Japan 合同会社)
会場・チーム名: 東京・東京工科大学・Baloon7
作品名:『deliallon』
選評: アンリアル・エンジン4を使って新たにFGJ内でVRへのチャレンジという試みがなされていたため。

・KiQ賞 (株式会社アトミテック)
会場・チーム名: 台湾高雄会場・飛吧!!麻糬太郎製作委員會
作品名: 『飛びます!!麻糬太郎』
選評:
今年の全作品の中で恐らく唯一オンライン要素としてランキングが実装されていたことを評価した。キャラクタの動きや操作にも独自性があり、愛らしい雰囲気でも難易度が高く、繰り返し遊ぶ気にさせてくれる。

・UEI賞 (株式会社ユビキタスエンターテインメント)
会場・チーム名: メイン(福島件郡山市)会場・紙飛行機マイスターズ
作品名: 『タイトル: 走 れ!!紙ヒコーキ!』
選評:
素案(企画)段階からコンセプトが明確で、会場見学に来ていた小学生にも制作に参加してもらおうとする開発スタンスと、何より分かりやすい仕様だったこと。

 

この記事を共有しよう!

ケイブ、新作プロジェクト「3jus」の名を改め、新作ゲーム『三極ジャスティス』を発表。公式サイトを同日に公開 『ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦!』2周年記念衣装を着た生徒たちが期間限定で登場 『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』新イベント「Another Daze~魔法少女かずみ☆マギカ~」発表。魔法少女・御崎海香(内田彩)、かずみ(丹下桜)、牧カオル(田所あずさ)登場 【マイクラPE】0から始める『マインクラフト』第8回:牛やニワトリをお世話する「牧場」を作ってみよう! 『パズル&ドラゴンズ』新たな覚醒スキルや新モンスター「とじたまドラ」登場など、遊びの幅が広がるアップデートを実施 『シールモバイル』配信中。PCオンラインゲーム『シールオンライン』がスマホRPGとして復活 [事前登録]タップでかわいい勇者を合成するカジュアルRPG『合成勇者』、2017年12月上旬配信決定 『グリムノーツ』2018年1月下旬に大リニューアル。『グリムノーツ Repage』として始動 なんか話題になってるっぽい、男顔なのか女顔なのか診断してくれて似てる有名人を検索してくれる「pictriev, 顔検索エンジン」で遊んでみる [事前登録]『CARAVAN STORIES』育成やバトル、レイド戦などゲームシステムを紹介するムービーを公開