【ニコ超】目印は実物大イングラム! Papperが自撮り棒を持って出迎えた超ロボットエリア

記事カテゴリ:
小野憲史
2015年04月26日

 「パトレイバー」に登場する実物大イングラムをはじめ、パーソナルロボットPapperや、コクピットに座って遠隔操縦できるMMSEBattroidなど、さまざまなロボットが集結した超ロボットエリア。巨大なイングラムの姿が広い会場で良いランドマークになっていました。

 会場をぐるりと見わたすと、あそこにイングラムが! なんてわかりやすい目印。

 一方、「世界初の感情認識機能を持つ」というふれこみのPapperさんコーナー。リアルPapperを見たのも初めてなら、こんなにもたくさんのPapperを見たのも初めてです。Papperって足がないんですね。映画「キャスパー」を思い出しました。

 ボーカロイドの名曲「千本桜」をPapperたちが同期して踊るというダンスショー。シンクロ率は78%といったところで、イマイチ微妙な感じでした。また、おそらく中の人なのでしょう。「ぱっぺー」くんも特別参加。ぱっぺーくんのダンスが一番微妙だったことを書き添えておきます。

 一方でビックリしたのが「Papperと対戦ゲームをやってみた」コーナー。Papperが子どもと『ポン』ゲームを対戦プレイしています。ジョイスティックさばきがとても自然で、思わず人間がコスプレしているのかと思ったほど。時々、対戦者を見てにこりとするような仕草を見せたのにも驚かされました。

 このほか「Papperにハンドベルを演奏させてみた」「Papperにお祓いされてみた」「Papper同士で会話させてみた」など、さまざまなコーナーも。

 実物大イングラムの前ではPapperくんが自撮り棒を持っていました。来場者はPapperくんとツーショットでイングラムをバックに自撮りすることができます。サービス、サービス!

 実物大イングラムのコーナーには映画の撮影で使われたプロップがずらり。特車二課の車両群も展示されています。こうして目の前にあると迫力がありますね。

 MMSEBattroidのコーナーでは金網の向こうにロボと操縦者がみられました。ガシン、ガシンとロボが動いており、これ(MMSEBattroid)が10年後くらいにあれ(イングラム)になるのかしらと妄想をかき立てるのに十分でした。

 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

外国人絵師作品のみの「東方Project」イラスト展『東方幻想画廊 ~ the TOUHOU artist of World.』が、7月25日より、とらのあな秋葉原店Cイベントフロアで開催決定 スーファミ復刻!!「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」21タイトルを収録して発売。幻の『スターフォックス2』も! 【マイクラPE】0から始める『マインクラフト』第8回:牛やニワトリをお世話する「牧場」を作ってみよう! 『ファントム オブ キル』84のキル姫たちが水着で登場する「ファントム オブ ラブ」始動。“ファンへの感謝”を込めた一大プロジェクト 「ラブライブ!サンシャイン!!」ヌーマーズ リトルデーモン店ことゲーマーズ沼津店1周年記念グッズが7/29より先行販売決定。津島善子の描き下ろしイラスト公開 2017年9月28日(木)発売予定の『ファイアーエムブレム無双』「プレミアムBOX」と「TREASURE BOX」に同梱するアイテムのイメージ画像を公開 映画「東京喰種 トーキョーグール」、ムビチケカード×原作コミックス連動企画として、7月1日(土)よりARシューティングゲームの配信開始 『天華百剣 -斬-』累計200万ダウンロード突破。ゲーム内で記念イベントを開催。「輝桜石(きおうせき)」200個と半行動回復薬5個が全員にもらえる 『SINoALICE』(シノアリス)、App Store トップセールスランキング1位獲得を記念して全ユーザーに魔晶石100個を配布 『艦これ』フィギュアシリーズ“鹿島”受注スタート。フィギュア「艦隊これくしょん -艦これ- 鹿島」