【ニコ超】目印は実物大イングラム! Papperが自撮り棒を持って出迎えた超ロボットエリア

記事カテゴリ:
小野憲史
2015年04月26日

 「パトレイバー」に登場する実物大イングラムをはじめ、パーソナルロボットPapperや、コクピットに座って遠隔操縦できるMMSEBattroidなど、さまざまなロボットが集結した超ロボットエリア。巨大なイングラムの姿が広い会場で良いランドマークになっていました。

 会場をぐるりと見わたすと、あそこにイングラムが! なんてわかりやすい目印。

 一方、「世界初の感情認識機能を持つ」というふれこみのPapperさんコーナー。リアルPapperを見たのも初めてなら、こんなにもたくさんのPapperを見たのも初めてです。Papperって足がないんですね。映画「キャスパー」を思い出しました。

 ボーカロイドの名曲「千本桜」をPapperたちが同期して踊るというダンスショー。シンクロ率は78%といったところで、イマイチ微妙な感じでした。また、おそらく中の人なのでしょう。「ぱっぺー」くんも特別参加。ぱっぺーくんのダンスが一番微妙だったことを書き添えておきます。

 一方でビックリしたのが「Papperと対戦ゲームをやってみた」コーナー。Papperが子どもと『ポン』ゲームを対戦プレイしています。ジョイスティックさばきがとても自然で、思わず人間がコスプレしているのかと思ったほど。時々、対戦者を見てにこりとするような仕草を見せたのにも驚かされました。

 このほか「Papperにハンドベルを演奏させてみた」「Papperにお祓いされてみた」「Papper同士で会話させてみた」など、さまざまなコーナーも。

 実物大イングラムの前ではPapperくんが自撮り棒を持っていました。来場者はPapperくんとツーショットでイングラムをバックに自撮りすることができます。サービス、サービス!

 実物大イングラムのコーナーには映画の撮影で使われたプロップがずらり。特車二課の車両群も展示されています。こうして目の前にあると迫力がありますね。

 MMSEBattroidのコーナーでは金網の向こうにロボと操縦者がみられました。ガシン、ガシンとロボが動いており、これ(MMSEBattroid)が10年後くらいにあれ(イングラム)になるのかしらと妄想をかき立てるのに十分でした。

 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

ガルパン主人公・西住みほ出身地、熊本にイベントショップ登場。開催記念バッジなどを先行販売。4月から初開催の北海道では「大洗女子学園ランチプレート」も販売 [ファンキル]声優の雨宮天さんによる一人二役のフルボイスストーリー。『ファントム オブ キル』×「この素晴らしい世界に祝福を!2」追加ストーリーを公開 「AnimeJapan 2017」 オリジナル缶バッジが貰える「Fate/Grand Order ARスタンプラリー」、 九谷焼ゴジラなどの伝統工芸コラボグッズが購入できる 【マイクラPE】0から始める『マインクラフト』第8回:牛やニワトリをお世話する「牧場」を作ってみよう! 『BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT(ブレイブリーデフォルト フェアリーズエフェクト)』正式サービスを開始 『パズル&ドラゴンズ』「週刊少年マガジン」から「FAIRY TAIL」「七つの大罪」「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」から人気キャラクターたちが参戦 『キングダム ハーツ アンチェインド キー』が大幅バージョンアップして新タイトルに。『KINGDOM HEARTS Union χ[Cross](キングダム ハーツ ユニオン クロス)』配信開始 タクティカルシミュレーションRPG『マーセナリーズサーガ』配信開始 『セブンナイツ』対戦格闘ゲーム『ストリートファイターV』とコラボを開始。 リュウや春麗など5人の人気キャラクターが参戦 『ユニゾンリーグ』バーチャル・シンガー「初音ミク」コラボ第2弾を世界に向けて配信。「桜ミク」が登場