MONOTO-SITUATION : LUCID AND DAYDREAM


ゲーム説明

アニメ+ゲーム+フルボイス
新感覚“テキストシネマ ADV”誕生!

―――――――――――――――――――――――――
テキストシネマ ADV とは?
―――――――――――――――――――――――――

【フォーカス&ジェスチャー機能】
一人称視点をより強化!
自然な主人公とキャラクターの掛け合いでストーリーへの深い没入感を演出します。

【テキスト&ボイス演出】
地の文を極力排したセリフ主体のテキストで進行!
“読む”ではなく“観る”物語が体験ができます。

【強力なバックログ機能】
一度見たシーンにいつでも移動が可能!
見逃したシーンや、好きなシーンをいつでも繰り返し体験できます。

そのほかにも便利な機能を多数搭載!



―――――――――――――――――――――――――
ミステリアスなストーリー
―――――――――――――――――――――――――

世の中に蔓延する不可思議な現象の欺瞞を暴こうと、日々研究を続ける大学生・伴野紘汰。
そんな紘汰の前に、ひとりの少女・琴坂真奈が現れる。
事務的で淡々とした印象とは裏腹に、神秘的な現象の存在を信じて疑わない真奈との出会いが、人間関係の希薄な紘汰の身辺をゆっくりと変えていく――

ふたりの出会いから一ヶ月ほど経ったある日。
紘汰が半ば強引に入会させられ、真奈も所属している弱小サークル・未科学研究会――ミカケン――に、池谷アオイと名乗る少女が不可思議な相談を持ち掛ける。
それはアオイの持っている《次世代型携帯電話・リーンフォン》に、本人も知らない《ゴーストセンサー》という名のアプリが勝手にインストールされていた――という内容だった。

腕輪型の《近距離無線認証端末・サブジェクター》によって、完全な個人認証システムが整備されたこの大学で、本来起こり得ないはずのハッキング事件――
その相談に真奈はオカルト的な原因説を主張し、紘汰は真っ向からそれを否定――意見をぶつけ合うふたりを見かねて、紘汰の友人でもある河村瞭之が「実際にそのセンサーを使ってみよう」と提案。
四人は《ゴーストセンサー》を使った“幽霊探し”を開始する。

遊び半分でセンサーの指示に従って探索を続ける中、とある薄暗い廊下の先に怪しげな扉を発見、開かないはずのその扉がなぜか解錠できてしまう。
戸惑いながらも、恐る恐るその扉を開くと、その先にあったのは地下へと続く古ぼけた階段だった――



―――――――――――――――――――――――――
推奨環境
―――――――――――――――――――――――――

OS: iOS 8.1 以降
端末: iPhone 5 以降、iPad 第三世代以降の端末
※上記以外の端末での動作はサポート対象外となります。



本コンテンツには、(株)CRI・ミドルウェアの「CRI ADX2 (TM) LE」が使用されています。
ジャンル アドベンチャー /
リリース日 不明 (【スマホ】iPhone(アプリ)版)
価格 基本プレイ無料
運営会社 Takahiro Abe
コピーライト
公式コミュ -
PRサイト -

MONOTO-SITUATION : LUCID AND DAYDREAMの記事

MONOTO-SITUATION : LUCID AND DAYDREAMの記事はありません
 

Takahiro Abe のゲーム