ゲーム説明

STREAMSコンセプト

2011年5月発売以来、大好評のアナログ版カードゲーム「STREAMS(ストリームス)」(制作:すごろくや)のコンセプトを、そのまま Digital化!
スマートフォンで、手軽に誰でも楽しめるように作成しました。
アナログゲームの面白さは、集まった仲間とワイワイ遊ぶこと。
「STREAMS digital」は、複数人プレイを実現したことでそのスピリッツを継承しています。
子供から大人まで、夢中になって競える数字並べゲーム。やりだしたら止まらない面白さがあります。
「STREAMS」は「BINGO」のような運任せのゲームではなく、「読み」と「勘」をうまく働かせて自分で運を引き当てる!
そんな感覚のゲームです。難しい思考も、スピードも要しません。「先々このカードは来る!」といった直感を信じて、40枚のカードからランダムに出てくる 20個の数字を、20マスのどこかにただ置いていくだけ。たったそれだけなのに、そのシンプルさが病みつきになるゲーム、それが「STREAMS」です。複数 人プレイでは「よし、ここに来い!」「うわあーー、参ったなあ」などの声を張り上げながら、みんなで一緒に楽しめます。

デジタル版「STREAMS」には、無料版と有料版があります。無料版は1日に2回までプレイできますが、有料版には回数制限がないので、1日に 何度でもプレイすることができます。

ルール

川の流れに見立てた20個のマス(水色の部分)の左上から右下に向けて、数字が徐々に大きくなるようにカードを並べていきます。
まずは裏面になっているカードをタップして表になった数字を確認したあと、20個のマス中の置きたい場所をタップして、カードを配置します。40 枚のカードに書かれている数字は1から30までの整数ですが、11から19までの数はそれぞれ2枚ずつあります。また、「希望の星カード(★)」が1枚だけあ ります。これは、1から30までのどの数字の代わりにもなる万能カードです。先々どんなカードが出てくるかを予想しながら、出来るかぎり数字がつながる(徐々に大きく なる)ようにカードを空きマスに配置して行きましょう。
同じ数字を隣りに配置した場合は「つながっている」と見なされますが、右隣りの数字が1つでも小さくなった場合は、そこで連続マス数が「切れてい る」ことになります。次のカードをタップしてめくるまで、直前に置いたカードは背景色が黄色になっています。その間はまだ別の場所へ移動させることができる印です。
そのカードを指先でなぞるようにするとカードの移動を行えます。

こうしてカードを置き直したりしながら20枚のカードをどこかのマスに配置し終えたら、1ゲーム終了です。
ジャンル その他 /
リリース日 不明 (【スマホ】iPhone(アプリ)版)
価格 基本プレイ無料
運営会社 Possible INC.
コピーライト
公式コミュ -
PRサイト -

STREAMSdigital の記事

STREAMSdigital の記事はありません
 

Possible INC. のゲーム