ドラゴンハンター - 脳を鍛えるRPG


ゲーム説明

《ドラゴンハンター》があれば、毎日に楽しく小脳を適当にトレーニングできる。そして、トレーニングのタイムは脳活動が最活発な午前のときは最適である。毎日に会社や学校に行く途中に、一部の暇なときを利用して、あなたの親愛なる携帯を出して、小脳ゲームを始めよう。これはあなたの反応力を考査するタクトRPGである。音楽テンボゲームと類似する遊び方で、タイムリーにスクリーングをクリックして、いろいろな動作を行って、次々と出てくる怪物と一対一に対決する。精確な連続衝撃はあなたの必勝法である。テンボに従って、精確にスクリーングをクリックするだけではなく、窮地に陥るときに、どうやってブロックの組み合わせを利用して、逆転勝ちを実現することを考えなければならない。それはあなたのたくさんの脳細胞を犠牲する。戦闘の過程に、スクリーングの下のほうに、一つのアクションスロットはある。異なる色のブロックはここで出る。そして、一つの左右移動できる青いカーソルはある。遊ぶ人は必ず青いラインとブロックと重なるときに、スクリーングをクッリクする。異なるブロックによってはハンターが異なる行動をする。黄色は攻撃で、オレンジ色はスキル攻撃(怪物をめまい、中毒、麻酔、睡眠などの状態にさせる)で、赤色は防御である。もし、ミスして操作すると、怪物に攻撃されることもある。連続的に黄色いブロックとオレンジブロックをクリックすると、連続攻撃数が増加する(連続数は高ければ、傷つける程度は深い)と同時に、SPスロットも増加できる。SPスロットは満たしたときに、それをクリックすると、スーパー必殺技を出せて、威力が巨大だけではなく、すべての赤いブロックをクリアできる。その作用は飛行機ゲームの爆弾と類似している。すべての大きい怪物は対応する装備セットはある。強大な武器と鎧はハンターの戦闘力を大きく向上させられる。装備を交換するたびに、あなたのスタイルも変える。青年時期を越えて、脳の機能も年の増えとともに、下がりはじまる。これは人の体力が年の増えにつれて下がることと同じである。毎日に適当にスポーツをすれば、私たちの体力と体の機能は上がれる。同じ原理で、私たちの小脳も同様に、もし毎日積極的に習慣的に脳を使えば、脳機能の退化も防止できる。何を待っているの?今からあなたのブレイントレーニングの旅を始めよう!
ジャンル その他 /
リリース日 不明 (【スマホ】Android(アプリ)版)
価格 基本プレイ無料
運営会社 LV1
コピーライト
公式コミュ -
PRサイト -

ドラゴンハンター - 脳を鍛えるRPGの記事

ドラゴンハンター - 脳を鍛えるRPGの記事はありません