ゲーム説明

CARDPLAY2は、3種のトランプゲームを搭載しています。



殺しの7ならべ(KILLER SEVENS)

4人のプレイヤーにカードが分配されます。7のカードを持っているプレイヤーは場に出し、ダイヤの7を出したプレイヤーからゲームを開始します。順番の回ってきたプレイヤーには黄色いマークがつきます。
出すことが可能なカードには枠が表示されます。

既に出ているカードの4辺か4角に接するカードを出すことができます(AとKは隣接とみなしません)。
出されていないカードが4辺を囲まれる形になると殺されたことになり、そのカードを持っていたプレイヤーは前に出します。角や外枠に位置するカードは2辺もしくは3辺を囲まれると殺されます。

出せるカードが無い場合はパスします。パスは通常3回まで、ダイヤの7を出したプレイヤーは4回まで可能です。各プレイヤー位置に残りパス回数を表示しています。パスができない状態で出せるカードが無いと、そのゲームでは失格となります。パスを行う場合は画面右隅のPASS枠をタップしてください。

全員がカードを出し切った状態で、殺されたカードの少ないプレイヤーが勝ちとなります。



ベーシックラミー

カードは7枚ずつ配られます。まず山札もしくは捨て札の山から1枚取って、自分の手持ちから出せる組があれば出し、1枚捨てることで次のプレイヤーに回ります。
山札が無くなった場合は、山札の位置をタップすると捨て札が山札になります。

手持ちのカードからは、3枚以上の同じ数字もしくは同じ記号の連続した数字の組み合わせ(MELD)で出すことができます。選択すると枠が表示されるので、組となったカードを自分の手札の前にドラッグすると出すことができます。
また、既に出ているMELDカードに、同じ数字もしくは同じ記号の連続した数字のカードを付けること(LAY OFF)も可能です。
MELD、LAY OFFは1度の順番で何組も可能です。

手札内でドラッグして位置を入れ替えることができます。
AAA・A12とあるボタンは、手札をそれぞれ数字優先・記号優先で並び替えます。

誰かの手札が無くなる(GOING OUT)と1ゲーム終了です。他のプレイヤーは残った手札の点を集計し、これが勝者の得点に加算されます。得点はAが1点、2~10は数字通り、JQKは10点です。
MELD・LAY OFFを全くしていない状態から1度の順番で全部出し切る(GOING RUMMY)と、得点は2倍になります。

1ゲーム終えた後は、CONTINUEで得点を保持したまま次のゲームを行い、RESTARTで全員の得点を0にして次のゲームを行います。
ゲームを繰り返し、得点が100点を超えたプレイヤーが勝者となります。



ゴルフ

7x5にカードを並べ、残った山札から1枚めくって置きます。数字が1つ上か1つ下のカードを取って重ねていくことができます。AとKは接続できません。取るカードが無くなったら山をタップして次のカードを取り、山札が無くなる前に全てのカードを取り終えたら勝ちとなります。



オプション

OPTIONメニューではBGMとSEの音量、難易度の設定が可能です。
各値とも右側に設定するほど値が大きくなります。
ジャンル その他 /
リリース日 不明 (【スマホ】iPhone(アプリ)版)
価格 基本プレイ無料
運営会社 Takahiro Shindome
コピーライト
公式コミュ -
PRサイト -

CARDPLAY2の記事

CARDPLAY2の記事はありません
 

Takahiro Shindome のゲーム