嘘発見人【万目今日助】 ≪“新”心理分析アドベンチャー≫


ゲーム説明

アナタのその表情、『ホンモノ』ですか?
人の言葉に真実と嘘があるように、表情や「感情」にもニセ物と本物がある。
感情から『ウソ』を解き明かす、“新”心理分析アドベンチャー!

ニコニコ自作ゲームフェス3にて Xbox Live インディーズゲーム賞【優秀賞】 を受賞いたしました。

また、以下のサイト様にて作品が評価・レビューされています。
※この説明の最後で記事概要を紹介、各記事へのリンクは公式ページに記載

【ファミ通.com】さま
【アプリゲット】さま
【Ketchapp!(ケチャップ!)】さま
【Appliv】さま
【AppLibrary】さま


――――ゲーム概要――――

ジャンル:推理アドベンチャー
プレイ時間:5~6時間

鋭い観察によって感情を特定し、ウソを見破る「嘘発見人(ライキャッチャー)」である万目今日助を中心に、多彩なキャラクターたちの人間ドラマが展開される!
新感覚の推理アドベンチャーゲーム【第一弾】!

相手の表情を“分析”し、鍵となる『感情』を手がかりに真実を推理せよ!

ステップ①
 表情の種類を判断しろ!
  驚き・恐怖・嫌悪・怒り・悲しみ……瞬間の表情を見極めろ!
ステップ②
 「本物」と「ニセモノ」を見抜け!
  表情の動きと変化から、作られたニセモノの表情を暴け!
ステップ③
 そして、真実を推理せよ!
  その表情が何を物語るのか? 心理を見抜き、真実を明らかにしろ!

そして、様々な要素が物語にアクセントを加える――
・科学的事実をふんだんに盛り込んだストーリー展開!
・実際の心理学をもとにしたリアルで自然な表情モデル!

人間の表情と感情との関連性や、心理状態などもリアルに追求した『大人も楽しめる』ドラマが始まる!

・公式ページ
 コンテンツの詳細、PC版の情報などは http://anabasis.jp/liecatcher01/ をご覧ください。

【ストーリー】
とある商店街で、12人が死亡する通り魔事件が発生した。
逃走中の犯人を追うために、刑事『鬼口 保』と今日助は、通り魔を逃がしたとされる男への尋問を始めるが……
一方、『真村あすか』はある“疑惑”を確かめるため、今日助の研究所へと向かっていた。

「母の再婚相手は、かつて妻を虐待した男なのか?」

思いなやむ母のため、事実を明らかにする決意とともに、あすかは研究所の扉を叩く――


――――レビュー概要――――

【ファミ通.com】さま
「人の気持ちを読めたらなー!」と思ったことは誰しもあるはず。
探偵のような立場で持ち込まれた事件を推理しながら、さらに人の表情の読み方まで分かってしまう推理アドベンチャーだ。
ゲーム最大の魅力は、なんといっても複雑に入り組んだ重厚なシナリオ。
このゲームをクリアすれば、人の表情のウソ・ホントを見抜けるようになるかもしれないぞ!

【アプリゲット】さま
非常に良質で斬新なアドベンチャーゲーム。
カギとなるのは「人の心理」!
証拠品やアリバイを獲得するのではなく、あくまで人の心の動きを元に真実を紐解いていくのがとても斬新!
キャラグラフィックも非常に馴染みやすいもので、今までにない良質な推理ゲームになっている。
総合評価:4/5

【Ketchapp!(ケチャップ!)】さま
なにげに凄い嘘発見技術の体験アプリ。
ノベルアプリの楽しみ方で嘘発見技術が学べる。
もしかしたら「嘘発見技術学習セミナー」の研修入門ビデオとして使える…かも?
言い過ぎかもしれませんが、とにかくそんなアプリです。

【Appliv】さま
表情を読み取って正しい選択肢を選ぶ他にはないゲームシステム。
最初こそ簡単ですが、次第に「ニセモノ」の表情が登場するという難題へ変化します。
事件を推理して楽しむゲームは存在しますが、これは表情から推理してゲームを進める全く新しいアドベンチャーゲーム。
心理分析力が身につく表情分析トレーニングがあり、履歴も読めるのでじっくり推理しながら進められます。

【AppLibrary】さま
『目は口ほどにものを言う』といいますが、人間の表情から「喜怒哀楽」を読み取ることができますよね。
このゲームの基本は、その『表情の観察』を使ったゲームです。
相手の表情を分析してその意味を選択しつつ、ゲーム画面に表示される表情が本物かニセモノかも判断します。
実際の心理学をもとにした『大人も楽しめる』ドラマ仕立てのゲームです!
おすすめ度:4/5
ジャンル アドベンチャー /
リリース日 不明 (【スマホ】iPhone(アプリ)版)
価格 基本プレイ無料
運営会社 Akira Ekinaka
コピーライト
公式コミュ -
PRサイト -

嘘発見人【万目今日助】 ≪“新”心理分析アドベンチャー≫の記事

嘘発見人【万目今日助】 ≪“新”心理分析アドベンチャー≫の記事はありません