エジプトのセネト (古代エジプトのゲーム) 神秘的な来世への旅 - ファラオ、ツタンカーメン王のお気に入りの娯楽


ゲーム説明

~.◆.~ e-エンターテイメント & ゲームの「ワールドサミットアワード 2013」にノミネート.
~.◆.~ 2013 W3 アワードでシルバー獲得.
~.◆.~ エジプト e-コンテンツアワード 2013で 1 位獲得.
~.◆.~ ゲーミングエジプトコンテスト 2012で優勝.

ミイラに対して「開口の儀式」を行うことで、オシリスの冥界を通過するための死後の旅路が始まります。、テーベ (ルクソール)の向かい側、ナイル川西岸に位置する有名な王家の谷の近くにある王妃の谷にある隠された霊廟で姿の見えない対戦者と競い合います。

「セネト」はバックギャモン、チェッカー、チェスのような先王朝時代の古代エジプトのゲームで、確認されている最古のボードゲームです。セネトを表わす最も古い象形文字が記されていたのは紀元前 3500 年頃にまでさかのぼります。このゲームの正式名称は、エジプトの言葉で「通過するゲーム」を意味しています。

ゲームというものは数千年前から存在していますが、およそ 3500 ~ 5000 年前にエジプト人が発明したセネトというゲームより以前に発明されたものはありません。もともと、2 人で遊ぶこのゲームは、王族のみならず一般人の間でも娯楽として広く親しまれていました。しかしながら、紀元前 13 世紀半ばより、セネトはより宗教的な儀式へと進化していきます。この時代のいくつかの描写からは、セネトは 2 人の人間が対戦するのではなく、故人と故人の魂そのものを象徴する目に見えない対戦者の間で競われるゲームであったようです。

ゲーム盤は死後の世界の比喩的表現であり、まさに魂が何層にもなった死後の世界を移動するかのように、盤の上で駒を動かします。盤の最後のマス目に到達し、盤から脱出することがゲームの目的です。それはまさに、ホルスの下に到達し、死後の世界を離れることこそが、エジプトの人々が自分たちの死後に望んでいたことなのです。

「エジプトのセネト」は運と戦略が絡み合う複雑なゲームで、古代エジプト寺院のリアルな画像に、音がこだまする霊廟のような小部屋に設置された石でできた古代のゲーム盤と駒の美麗なグラフィックとアニメーションが特徴です。儀式的な音楽と、盤の上を動く駒の効果音が先王朝時代のエジプトの雰囲気を作り出しています。
ジャンル その他 /
リリース日 不明 (【スマホ】iPhone(アプリ)版)
価格 基本プレイ無料
運営会社 Mohammed Ezzat
コピーライト
公式コミュ -
PRサイト -

エジプトのセネト (古代エジプトのゲーム) 神秘的な来世への旅 - ファラオ、ツタンカーメン王のお気に入りの娯楽の記事

エジプトのセネト (古代エジプトのゲーム) 神秘的な来世への旅 - ファラオ、ツタンカーメン王のお気に入りの娯楽の記事はありません