ゲーム説明

——「その館に住む者は、必ず不幸になる」
2012年の発表以来、各所で話題沸騰の“西洋浪漫サスペンスホラー”、
ついにiPhoneに降臨!


【動作環境】
iPhone 5以降推奨


【概要】
「ファタモルガーナの館」はノベルゲームです。
物語を読み進むことにより、「館」の謎が解明していきます。
細かい分岐はありませんが、選択肢による攻略要素が存在いたします。
その選択如何によっては、エンディングが変化いたしますが、マルチエンディングではありません。
(トゥルーエンディングがひとつ、他はバッドエンディングという扱いです)

当ゲームの大きな特徴として、一部効果音を除く音楽が全てオリジナル作品であり、
ゲーム内で流れる楽曲にも歌が多数挿入されている点があります。
こちらの楽曲の数々は、当作品の世界観を強く深めております。
音楽、歌、絵、文全てが合わさる「ファタモルガーナの館」をお楽しみください。


【あらすじ】
「あなた」は気づけば、古ぼけた屋敷にいた。
目の前には、「あなた」を旦那さまと慕う、翡翠の目をした女中がいる。
しかし「あなた」には記憶がなく、自分が何者なのか分からない。
生きているのかさえも。
そんな「あなた」に、女中は屋敷で起きた数々の悲劇を見せるという。
そこに、「あなた」の痕跡があるかもしれない……。

最初の扉は1603年。
豊かな薔薇が咲き誇る、美しい時代に、仲睦まじいローズ兄妹がいた。
彼らには一切の不安も、不幸の陰りもないように見えたのだが……。

二番目の扉は1707年。
その時代、屋敷は荒廃していた。その屋敷に住み着いた獣は、平穏な世界を望むものの
やがて獣本来の暴力性を抑えられなくなり、虐殺に走ることとなる。

三番目の扉は1869年。
この時代、文明の発達により人々は急いた生活を送っていた。
鉄道事業に身を乗り出す資産家の青年は、
金と権力を追うあまり自分の妻をないがしろにしていく。

四番目の扉は1099年。
女中はこれが最後の扉だと告げる。
その時代にいるのは、自らを「呪われている」と告げる青年と、
魔女の烙印を押された白い髪の娘《ジゼル》だった。

「あなた」は時代と場所を超えた四つの悲劇を目撃する。
これらを物語として終えてしまうのか、あるいはその先を求めるのかは……
「あなた」次第だ。

しかし、どこかの誰かはこう言うだろう。

「他人の悲劇だから耐えてこられたんだよ」


【操作方法】
タップ:メッセージの読み進め
下へスワイプ:過去のメッセージの表示
2本指タップ:メニュー表示
3本指タップ長押し:メッセージスキップ
ジャンル アドベンチャー /
リリース日 不明 (【スマホ】iPhone(アプリ)版)
価格 基本プレイ無料
運営会社 Gengosha Inc.
コピーライト
公式コミュ -
PRサイト -

ファタモルガーナの館の記事

ファタモルガーナの館の記事はありません
 

Gengosha Inc. のゲーム