オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

新作紹介
 
『アイマス2』営業、オーディション、ライブ!多彩なシステムに注目

2010.12.27

『アイドルマスター2』公式サイト
 
 アイドル界のトップを目指し、新人アイドルたちをプロデュースしていく、バンダイナムコゲームスの人気作品『アイドルマスター』シリーズ最新作『アイドルマスター2』。Xbox 360で2011年2月24日(木)に発売予定だ。


 シリーズ最新作『アイドルマスター2』では、ゲーム開始当初から3人1組のユニットメンバーを国民的アイドルユニットへとプロデュースしていくという形式でゲームが進行。「秋月律子」プロデュースのユニット「竜宮小町」や、宿敵961プロの男性ユニット「ジュピター」がライバルとして登場するなど、様々な新要素が盛り込まれている。

 今回の記事では、アイドルたちの成長に欠かせない「営業」「コミュニケーション」「オーディション」について詳しく紹介。さらに、ソロ、デュオ、クインテットといった特殊な人数でのライブについても解説していこう。

※画面写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます。

「営業」でファンや活動資金、そして“思い出”を獲得

 まずはアイドルたちと一緒に全国を巡る「営業」について解説していこう。営業には、マニー(お金)をゲットできる「通常営業」と、マニーコストを支払う代わりにファン数、ファンの注目度が上昇する「資金営業」が存在。「資金営業」は、マニーコストが高いほど、より多くの効果を得られる。

▲マニーを獲得できる「通常営業」の例 ▲ファンの数・注目度が増える「資金営業」の例

 どんな営業を行うか決定したら現地へ移動する。営業前には、ユニットメンバーのうち1人を選んでコミュニケーションを行う。
 会話中に出現する3つの選択肢から答えを選び、アイドルにアドバイスしたり、悩みに答えることで、アイドルの反応やお仕事の展開が分岐。最高評価の「パーフェクトコミュニケーション」となれば、最高の結果を出すことができる。

▲貴音による「営業」の一例。雑誌社の人と会食をすることになって…
▲真による「営業」の一例。「奇想天外ロボット博」のキャンペーンガールをやることになり…
▲千早による「営業」の一例。作曲家との顔合わせ前、少々肩に力が入りすぎている様子で…

 さらに、コミュニケーションが成功すれば、アイドルの「思い出レベル」が上昇。レベルが上がると、ステージパフォーマンス時に使用できる「思い出アピール」の使用可能回数が増えていく。

▲コミュニケーション成功で「思い出レベル」上昇も見込める。選択肢は慎重に選ぼう ▲こちらが「お仕事結果」画面。ファン数の増え具合、マニーの増え具合などが確認できる

アイドルたちとコミュニケーション!ユニットの絆と団結を深めろ!

 プロデューサーたるもの、自らがプロデュースしているアイドルたちとのコミュニケーションも欠かせないポイントだ。コミュニケーションは先ほど紹介した営業以外にも、ユニットの1人とオフを過ごすイベントや、ストーリーを進める上で重要なコミュニケーションなども存在している。
 ここでは、それぞれ内容が異なっている4タイプのコミュニケーションについて紹介しよう。

●「タッチコミュ」

 営業のコミュニケーションの成功・失敗の分岐となる回答は、「セリフ」を選択するというものだけではない。手のカーソルを移動させて、アイドルの「ここ!」という場所をタッチする。
 もしもヘンな場所をタッチしたら…彼女たちの機嫌を損ねることもあるので、注意が必要だ。

▲もしもヘンな所をタッチしてしまったら…?

●「シークレットコミュ」

 週の終わりに事務所で解散後、たまに発生することがあるコミュニケーション。ユニットの誰か1人と、休日のプライベートな時間などを過ごせるというイベントだ。
 アイドルたちの私生活や、普段は見せない意外な一面を発見することもある。仕事一筋のプロデューサーも、この時ばかりは、彼女たちをひとりの女の子として見守ってあげよう!

▲休日を利用して、春香と一緒にユニットの衣装を探すことに…

●「ストーリーコミュ」

 ユニットリーダーとプロデューサーとの絆を深めてゆくドラマ、そしてアイドルアカデミー大賞への道を描いてゆく「765プロ」や「961プロ」とのストーリーが、一定期間や条件をクリアするごとに展開する。
 今回は、プロデュース開始から3週目に発生する、秋月律子プロデューサーと、「竜宮小町」のメンバーと初めて出会うイベントを紹介。「竜宮小町」とは、「アイドルアカデミー大賞」をめざすライバルとして、そして仲間として切磋琢磨してゆくことに。

▲ライバルである、秋月プロデューサーと「竜宮小町」に遭遇。いきなり罵倒されたり、新人アイドルだと勘違いされたり…

●「3人コミュ」

 「朝の挨拶」や「夜の事務所」、「各エリアの玄関口」などでは、ユニットのメンバー3人とのコミュケーションを行うことに。その場での受け答えによって、プロデューサーとアイドルとの関係性、アイドル同士の関係性(ユニットステータス)に変化が生じる。
 例えば、営業へ向かう前に、目的となる県が日本のどこにあるのか、日本地図を使って当てるクイズに挑戦したり、「ステージ出演」前に、「気合い」を入れる掛け声を、アイドル達と一緒に叫んだりするコミュニケーションなどが登場。「気合い」を入れるコミュニケーションでは、リーダーの女の子がこっそり口パクと表情でヒントをくれるので、それをヒントにしよう。

▲目的地となる都道府県の所在地を当てるクイズ。シルエットから、何の都道府県かを当てるタイプもある

▲気合いを入れるセリフを叫ぶコミュニケーション。リーダーの口パクを頼りに、声を合わせよう

 女の子の関係性が変化すると、画面右上のユニットステータスが変化。“仲良しユニット”の状態を維持できるかはプロデューサーの手腕次第だ。一部のユニットステータスには、秘密の効果を発揮させるものもあるようだが…。

▲ユニットメンバーが仲良しの状態の一例。雪歩が思わず「小躍り」しているが、どんな効果が?
▲ユニットメンバーの仲が悪いと、険悪なムードが漂う…。春香がメンバーから「ドン引き」されてる状態?

 ユニット3人の「団結力」は、活動週を重ねることで、自然と成長していくのだが、関係性が険悪だと「団結力」が成長し辛くなってしまう。 以前の記事でも紹介した、ステージパフォーマンス時に使用できる「バーストアピール」では、この「団結力」が高いほどスコアがアップしていくので、ぜひとも仲良しユニットを目指しておきたいところだ。

▲「バーストアピール」の様子。「団結力」が高いほど効果も高まるので、ぜひ仲良しユニットを目指したい

TV出演の権利をかけて対決…!「オーディション」

 複数のユニットとTV出演の合格順位を競う「オーディション」は、前作から装いも新たに登場する。
 「オーディション」では「フェス」と同様に、ステージパフォーマンスを行うことになる。番組ディレクターの「求めるイメージ」によって、ゲームスタート時の「興味レート」が変化するので、事前に番組の傾向に合った衣装とアクセサリーを身に付けてオーディションに挑もう。もちろん「思い出アピール」や「バーストアピール」も発動可能だ。

▲オーディションごとに合格ユニット数は異なる。ステージパフォーマンスでうまくアピールして、TV出演のチャンスを勝ち取れ!

 スコアを稼いで順位を上げ、合格圏内に入ればTV出演が決定し、TV出演シーンを披露できる。TV出演シーンでは前作と同様に写真を撮影することができるが、本作ではついに“フルサイズ”での写真撮影が可能になった。もちろん、カメラ変更、アピール、ステージ出演シーンのPV保存も可能だ。

▲ステージ出演シーン。ついにフルサイズでの写真撮影が可能に!

 見事オーディションに合格してTV出演を勝ち取ることができれば、そのエリアの「ファン注目度」がアップ。全国放送のオーディションならば、すべてのエリアの「ファン注目度」が満遍なくアップする。おまけにファン人数とマニーも獲得できる。
 「ファン注目度」は各エリアごとに低下していき、その結果ファン人数が減少してしまうことになる。「営業」に比べ、「オーディション」で「ファン注目度」も上がりやすいので、せっかく獲得したファン人数を維持する上でも重要なポイントとなるのだ。

 「ファン注目度」がどのくらいあるのかは、スケジュール選択画面で表示される各エリアの「顔マーク」で判断できる。顔マークがピンク色なら最高の注目度を得ている証しであり、注目度が下がるごとに黄色、緑、青という順で変化していく。

▲エリアごとに様々なオーディションが用意されている ▲各エリアのファン注目度にも注意を払っていこう

ソロ、デュオの詳細も判明!リスクも見返りもデカい「ライブ」

 「765プロ」がライブ会場を押さえて開催する「ライブ」にはマニーコストが必要となるため、リスクが伴うが、その分、成功すれば大幅なファン人数とマニーの獲得が期待できる。

 「ライブ」成功の鍵を握っているのは、ライブ会場がどれだけ盛り上げられるかということ。その盛り上がり具合は、ハコ(ライブ会場のこと)の揺れ具合を表す「ハコユレ震度」という値で判断できる。ステージパフォーマンスの結果、各「ライブ」ごとに設定された目標のハコユレ震度を超えると、「アンコール」が巻き起こり、ライブ成功となるわけだ。

▲マニーが必要だが、その分成功時には大きな成果を得られる「ライブ」。目標の「ハコユレ震度」を超えれば、アンコールの声が…!

 アンコールステージ披露後、さらにスコアが一定値以上を超えていれば、セカンドアンコールも発生!セカンドアンコールでは、ユニットのうち1人が歌う「ソロ」、または2人が歌う「デュオ」といった形式のステージを披露可能だ。

▲「ソロ」によるセカンドアンコールステージ ▲「デュオ」によるセカンドアンコールステージ

 さらに、自分がプロデュースしているアイドルたち以外の「765プロ」所属アイドルから2人をゲストに呼んで開催するライブ「クインテットライブ」についても触れておこう。
 「クインテットライブ」は「ライブ」と同様に、開催するにはマニーコストが必要。成功すれば大幅な「ファン人数」と「マニー」の獲得が期待できるのも同じだ。

▲「クインテットライブ」では、ユニット以外のアイドルをゲストとして2人選べる。条件をクリアすれば、秋月律子や、「竜宮小町」のメンバーも選択可能だ

 「クインテットライブ」を選択するとオファー画面が表示され、2人のアイドルにゲスト出演のオファーが可能。ただし、本当にゲストがライブに来てくれるかどうかは、ステージパフォーマンス終了後のアンコールまでわからない。来てくれるのかどうかは、ゲストアイドルとプロデューサーとの信頼関係が鍵を握っているようだ。

▲ステージパフォーマンス終了後に、はじめて2人のゲストが来てくれるかどうかがわかることに
▲ゲストと上手く信頼関係を築けていれば、きちんと会場に駆けつけてくれる
▲ゲストが到着すれば、5人によるステージへ移行。クインテットライブは大成功となる


『アイドルマスター2』
ハード: Xbox 360
ジャンル: 国民的アイドルユニットプロデュース
メーカー: バンダイナムコゲームス
発売予定日: 2011年2月24日(木)
価格: <初回生産限定「特典封入きらきらパッケージ」>8,800円(税込)
※初回受注生産の「限定パッケージ」がなくなり次第、「通常パッケージ」(税込 8,800円)に切り替わる
CERO審査: 「B」(12歳以上対象)
オンライン機能: オンラインランキング・ダウンロードコンテンツ

■関連コンテンツ 『アイドルマスター2』関連情報
[動画]
『アイドルマスター2』新曲「Little Match Girl」を最新PVでチェック!
新曲、新ステージから髪型にも注目!『アイドルマスター2』PVを配信
[新作紹介]
『アイマス2』2/24発売、初回&予約特典が判明!ゲームの流れも一挙公開
『アイマス2』ソロ、デュオでのステージが判明!「フェス」の詳細も
TGS2010情報もお届け『アイマス2』765プロ新ユニット「竜宮小町」誕生!
『アイドルマスター2』5人構成のステージ、アイドルたちの詳細もお届け
[イベントレポート]
【TGS2010】男性ユニットデビュー!『アイマス2』決起集会レポート
【TGS2010】噂の“竜宮小町”と競演可能!『アイマス2』プレイレポート
みんな1歳ずつ成長、新要素満載!Xbox 360『アイドルマスター2』発表
[プレスリリース]
『アイマス2』新CDシリーズ「MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON-」始動
『アイドルマスター2』「雪歩」役を浅倉杏美さんにバトンタッチ
★『アイドルマスター』シリーズ イベントレポート
『アイマス』5周年LIVEレポ:トークから全35曲の白熱ライブまでお届け
876プロの3人からチョコ進呈!『アイマスDS』バレンタインLIVEに潜入
【TGS2009】新曲披露も!『アイマスDS』ミニライブイベント
写真で振り返る「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY 東京」その01
写真で振り返る「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY 東京」その02
『アイマス』4周年LIVE!DS『アイドルマスター』新アイドル3人は誰が?
告白&誕生日に……腕相撲!?『アイマスSP』961プロ主催ライブをお届け
またも対決!765プロ&961プロ『アイマスSP』シークレットライブに密着
【TGS2008】『アイドルマスター SP』765プロ・961プロが新曲を同時発表
星井美希が電撃移籍&新ユニット結成! 全P騒然の『アイマス』3周年LIVE
■関連リンク
『アイドルマスター2』公式サイト
「THE IDOLM@STER オフィシャルウェブサイト」
「アイマス公式ブログ」

(C)窪岡俊之 (C)NBGI
※画面・イラストはすべて開発中のものです。

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像