【TGS2008】新型PS3本体が発表!「PlayStationカンファレンス」

 
イベントレポート  

【TGS2008】新型PS3本体が発表!「PlayStationカンファレンス」

2008.10.09

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
同社代表取締役社長兼グループCEOの平井一夫氏
同社代表取締役社長兼グループCEOの平井一夫氏
 年末から多数のタイトルをリリースすることで注目を集めるプレイステーション3(以下、PS3)とプレイステーション・ポータブル(以下、PSP)。その発売元であるソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)が、「東京ゲームショウ2008」初日の10月9日に、同社ブースにおいて今後の展開を明らかにする「PlayStationカンファレンス」を開催した。
 
 「PLAYSTATION HALL」と名付けられたブース内のシアタースペース。その壇上に、最初に登場したのは同社代表取締役社長兼グループCEOの平井一夫氏だ。平井氏はハードの順調な普及や「PlayStationNetwork」(以下「PSN」)を通じた各種コンテンツ配信の充実など、今年のPlayStationファミリーの状況を簡単に説明。今後も、さらにゲームを中心とした多彩なサービス展開を拡大していくと述べ、SCEジャパンのプレジデントであるショーン・レーデン氏をステージに招いた。

 ショーン・レーデン氏の口から最初に語られたのは、10月30日(木)に発売される新型PS3本体について。発表された新型本体は、HDD容量がこれまでの40GBから80GBへと倍増したもので、海外で先行して販売されているモデルとほぼ同等のものと見られる。単体パッケージは80GBモデルの本体にデュアルショック3が同梱され、価格はこれまでと同じ3万9,980円(税込)。さらに、期間限定で『グランツーリスモ 5 プロローグ』の最新版パッケージを同梱することも明らかになり、従来の40GBモデルよりお買い得感がアップしている。
 また、本体パックにはほかのソフトのバンドルパックが登場することも明らかに。ひとつはハード本体に『リトルビッグプラネット』とふたつのデュアルショック3を同梱した『リトルビッグプラネット ドリームボックス』(価格44,980円(税込))。もうひとつはKONAMIの『ワールドサッカー ウイニングイレブン2009』をバンドルしたもので、価格や構成は今のところ明らかでないものの、ソフトと同じ11月27日(木)に発売される予定だという。
 なお、『リトルビッグプラネット』に関しては、多人数でのプレイに向けてソフトとデュアルショック3を同梱した『リトルビッグプラネット デュアルショック3 同梱版』も7,980円(税込)で発売される。

SCEジャパンプレジデントのショーン・レーデン氏
 続いてカンファレンスでは、同社ネットワークビジネス&サービス部部長正田純二氏と、同部Home Japan Project推進課シニアプロデューサーの赤川良二氏より、年内に予定されている「PSN」関連の新サービスが発表された。
 正田氏が発表したのはPSPに関する新サービス。ひとつは10月15日(水)よりスタートする「PLAYSTATION Store for PSP」で、PSPとインターネット回線を利用して「PLAYSTATION Store」を直接利用できるというものだ。ストアでは各ソフトの追加コンテンツや、「PSアーカイブス」などがダウンロードで入手、購入できるほか、パッケージ発売される専用ソフトとまったく同じソフトのダウンロード販売も計画。手始めに『勇者のくせになまいきだor2』、『ブリーチ ソウル・カーニバル』など、SCE製ソフトがストアに並ぶという。合わせてPS3で好評の『まいにちいっしょ』が、PSPでも利用可能になることも明らかになった。
 PSP関連のもうひとつのニュースは、PS3と連携するネットワークサービス『アドホック・パーティー』βバージョンのサービス開始時期の発表。このサービスでは、従来インフラストラクチャー通信対応ソフトでしか楽しめなかったネットを介したPSPでの対戦などを、PS3の無線LAN機能を使うことで気軽に楽しめるようになる。第一弾対応ソフトとして『モンスターハンターポータブル2nd G』が対応し、以降も『ファンタシースターポータブル』など続々と対応ソフトが増加する予定。注目のサービス開始は10月30日(木)からとなる。

同社ネットワークビジネス&サービス部部長正田純二氏
 赤川氏からは、ネットワークコミュニティサービス『HOME』についての今後の予定と、ゲームソフトを通じたコラボ計画が発表された。これまでにもクローズドで世界的なβテストが行なわれていた『HOME』だが、10月下旬から11月上旬にさらに大規模なユーザーを対象としたβテストを実施。その流れで、年内にはPS3ユーザーなら誰でも参加できるオープンβテストを行なうという。
『HOME』で提供されるコンテンツのうち、特に注目度が高いゲームソフトとの連携では、カプコンの『バイオハザード5』、『ストリートファイター4』、バンダイナムコゲームズの『ナムコミュージアム』、SCEの『みんなのGOLF5』、『グランツーリスモ』といった有名タイトルとのコラボレーションが進んでいることが発表された。また実際に各ソフトを手がけるクリエイターが『HOME』に寄せる期待感と、どういった連携を考えているかなどを語ったビデオコメントも上映。具体的なタイトル名こそあがらなかったが、ほかにも24社のソフトメーカーとのコラボが進行中で、各ソフトの展開に合わせて随時発表が行なわれていくという。

同部Home Japan Project推進課シニアプロデューサーの赤川良二氏
 以上で、カンファレンスの発表は終了。最後に登壇したショーン・レーデン氏は「今回紹介された新型ハードや、続々展開されるサービスを通じて、プレイステーションを「みんなの遊び場」として楽しめるものにするべく進んでいきたい」と語り、拍手とともにカンファレンスを締めくくった。
 今回の東京ゲームショウ会場では、多数の新作ソフトに加えて『HOME』など独自のサービスの体験コーナーも大きなスペースを取って展示されている。会場を訪れる人はぜひ立ち寄ってみてほしい。

■関連リンク
「ソニー・コンピュータエンターテインメント」公式サイト
「東京ゲームショウ2008」公式サイト

(C)2008 Sony Computer Entertainment Inc.
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のイベントレポート

【TGS2008】小島監督「オファーに即決」『リトルビッグ』トークショウ 【TGS2008】ラジオを聴いて潜入せよ!?『MGS4』最新サービスを紹介

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像