『MGS V:GZ』劇的に進化した映像表現、自由度…魅力を小島監督に直撃!

 
インタビュー  

『MGS V:GZ』劇的に進化した映像表現、自由度…魅力を小島監督に直撃!

2014.03.06
『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』関連情報
『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』公式サイト

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 KONAMIが2014年3月20日(木)に発売を予定している、『/strong>METAL GEAR SOLID』シリーズ最新作『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』(以下、『MGSV:GZ』)。

 プロローグにあたる本作や、ゲーム本篇となる『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』(以下、『MGSV:TPP』)にかける想いを、小島プロダクションの小島秀夫監督に伺うことができた。
 進化を遂げた「FOXエンジン」が作りだす新たな映像表現や、本作で描かれるストーリーの魅力、オープンワールドとなった『MGSV:TPP』の自由度の高さなど…気になる部分を詳しく伺う事ができたので、先日お届けした『MGSV:GZ』のプレイインプレッション記事とあわせてチェックしてほしい。

▲『MGSV:GZ』『MGSV:TPP』の監督、ゲームデザイン、プロデュースを手掛ける小島秀夫氏

■■25年越しに実現させる「本当の陰影が作るかくれんぼの怖さ」


――『MGSV:GZ』は、本篇である『MGSV:TPP』の“序章”ということですが。

★小島秀夫監督(以下、小島監督):
 ええ、可能なら全部出したいんですけどね。『MGSV:TPP』は本作の200倍以上の広さがありますから、もう少し時間が掛りますので、しばらくお待ちください

――過去シリーズから操作方法に変更がありますね。

★小島監督:
 世界での販売を視野に入れ、ほかのFPS、TPSをプレイしていた人にもプレイしやすいように考慮しています。

――プロローグとして一番表現したかったことは何ですか?

★小島監督:
 背景や世界観は初代の『メタルギア』や『メタルギア2』、そして『メタルギア ソリッド』が基本のイメージですね。25年前には技術的にできなかった“本当の陰影が作るかくれんぼの怖さ”を見せたくて、FOXエンジンのテスト的に創っていた部分です。
 『MGSV:GZ』はオープンワールドというにはそれほど広くはないですが、フィールドに対して戦略を立てて誰かを救出するにあたっては、何回遊んでもその都度楽しめるし、自分の戦略によって展開が変わってくる。そういうゲームが本来持っていたインタラクティビリティやリプレイビリティが楽しめます。
 本作は比較的従来に近い閉鎖空間ですが、『MGSV:TPP』では同様の拠点もたくさん登場しますし、広大でゲーム感はかなり違います。なので、いきなりそこに放り込まれて混乱しないように先行発売したという意味もあります。『MGSV:GZ』では時間の変化が無く、天候もメインミッションであれば雨の夜という様に固定ですが、本篇『MGSV:TPP』では時間によって変化します。もたもたしてると陽が昇ります。
 ストーリーとしては、最後までプレイすることで“GRAUND ZEROS”という言葉の意味がわかるようになっています。それに対する復讐として、本篇につながる構成としています。


――最初に公開されたデモと比較して、「FOXエンジン」は、さらに大きく進化しているように見受けられます。

★小島監督:
 FOX ENGINEはゲームエンジンですので、描画だけでなく、ライティングや物理演算も含めたツール全般を含めます。最初に皆さんにお見せした以降も、本作や『MGSV:TPP』を制作する過程でブラッシュアップしています。
 個人的に、FOXエンジンが他社のゲームエンジンより優れているとは思いません。ただし、既存のゲームエンジンを購入してゲームを創ろうとしても、ブラックボックス化されている部分があるため、積み木を作るような作業しかできない。自分たちがやりたい表現のためには、自分たちで一からゲームエンジンを創るしかないのです。

■■「“憎悪”や“復讐心”が生まれる瞬間を体感してもらいたい」


――本作で『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』から続くストーリーを描くことにした理由は?

★小島監督:
 ソリッド・スネークの話は、『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』で終わりを迎えました。僕の中ではね。ですので、BIG BOSSが初代の『メタルギア』に至るまでの間を埋めるしかないんですよ。『METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER』が1964年の話で、『PEACE WALKER』は1974年が舞台となりました。本篇『MGSV:TPP』は1984年ですが、プロローグの『MGSV:GZ』は1975年の物語になります。

――ズバリ、『MGSV:GZ』『MGSV:TPP』のテーマついて教えてください。

★小島監督:
 僕としては、「反戦・反核」をビジネスではなく伝えたいテーマとして『メタルギア』シリーズを二十数年やってるんですけど、なかなか伝わりません。そこで『PEACE WALKER』から手法を変えました。
 『PEACE WALKER』は“国造り”の話です。いろんな人を集めて来て基地を大きくするゲームで、自衛のために軍備を増強するというのが基本の考え方です。そこに政治的な考えはありません。その究極が核を持つこと。これまで「核はアカン」と繰り返してきましたが、『PEACE WALKER』では、銃が必要とされる状況、そして核が生まれる理由を、間違った考えではありますが、ゲームをプレイすることで感じてもらおうとしました。
 その先にあるのは“恨み”です。本作のメインミッションをクリアすると、とくに『PEACE WALKER』プレイヤーの人には衝撃的な事件が起こります。この報復の連鎖の始まりである憎悪を体験し、その先どういうプレイをするか、という作りになってます。本篇では“あっと驚くしかけ”も用意していますよ(笑)。


■■「どのように隠れるか」はプレイヤーが決めればいい


――本篇『MGSV:TPP』はオープンワールドとなっていますが、どれくらいの自由度があるのでしょうか?

★小島監督:
 本当は「オープンワールド」という表現はしたくないんですが、他に該当する言葉がないので仕方ありませんね。本篇の広い世界には「基地」や「谷」などがあり、どこにでも行くことができますし、どこからでもヘリを呼びだせます。そこにミッションが加わります。
 ブリーフィングを受けて地図を確認し、どうやって移動するかを考えて潜入していく。本篇では時間経過もありますし、諜報力の違いで得られる情報も変わってきます。ミッションをクリアすればヘリで帰ってもいいですし、近くで遊んでも構いません。おつかいミッションの様なサブミッションもありますが、各ミッションは明確な目標があるので、何をすればよいのかは明示されています。
 そして、いくつもミッションをクリアしていくうちに、段々とストーリーが繋がっていきます。中にはどうでもいいようなミッション(ストーリー)もありますが(笑)。まぁ、テレビドラマでも“しょーもない話”が4話くらいあるものでしょう?(笑)

――プレイヤーをミッションへと誘導していくような仕組みが用意されているのでしょうか?

★小島監督:
 それはありませんね。例えばタイムリミットが設定されているミッションでプレイヤーに助言する程度です。「そんなことしてたら死んでしまう!」みたいな。

――スネークが「隠れられる場所」についても自由度が増しているのでしょうか?

★小島監督:
 これまでの『メタルギア』シリーズは、通り道を塞ぐ敵兵の動きを読んで道を開く、パズルゲームのような要素がありましたが、現代の技術では様々な手段を取ることができます。
 「敵に見つからないように隠れる」ことには変わりませんが、「どのように隠れるか」はプレイヤーが決めればいい。それによって面白かった人と、しょーもなかったという人が出てくるでしょう。そこは強制しないようにしています。

――『MGSV:GZ』にはイージーモードが存在しないとのことですが、その意図は?

★小島監督:
 『MGSV:TPP』ではイージーモードを用意するかどうか悩んでいる最中ですが、『MGSV:GZ』にはイージーモードを用意しません。ノーマルをクリアしたらハードで遊べるようになる仕様です。
 昔のゲームは何度も走り高跳びに挑戦するような楽しみがあり、難易度はバーの高さでしたが、自由度が高くなってくるとそうはいきません。弾が当たったときのダメージや視界の変化などで調整できますが、ゲームデザイン的な調整はしたくありません。そこはプレイヤーのプレイスタイルで対応してほしいと思っています。

――カギの掛ったドアなどはピッキングですんなりと開けることができますが、例えば「どこかにカギを探しに行く」といったゲームデザインは考えなかったのでしょうか?

★小島監督:
 今年うちに入社した新入社員が同じことを言ってましたよ。彼に対して僕は「アホか」って言いましたけど(笑)。スネークはプロですから、カギを開けるのぐらい容易にこなすことができます。開けるのに時間がかかるのは、プレイヤーをそわそわさせる演出となっています。
 例えば、カードキーを探して云々…というのは只のおつかいです。その代わりに、プレイヤーがたまたま見つけたスイッチとかで一気にショートカットできたりすると、「俺天才!」って喜んでくれますしね。そういうものは、自分で見つけてもらえるように考えていますよ。


――『MGSV:GZ』の目的が、「チコとパスの救出」というのは、なかなかシンプルですよね。

★小島監督:
 本当はチコのことなんて、どうでもいいでしょ?(笑) 実際に海外でも「チコなんかいらんわ」とか、「誰かわからん」みたいな意見すらあります。
 でも、それはそれでいいと思うんです。結局は情報量の差です。プレイするうちにキャラクターに近付くのではなくて、プレイヤーは自分自身としてプレイをすることができます。その過程の中で、スネークが背負っているものとかも少しずつ分かってくる。『PEACE WALKER』を何百時間もやった人は本作のエンディングに泣いてしまうかもしれませんが、何とも思わない人がいてもいいんです。それはプレイヤーの経験の差ですから。
 途中の会話やテープを聞くと背景が見えてきて感情移入できるようにしていますが、『PEACE WALKER』をプレイしているとその度合いが高まります。

――メインミッションクリア後にできるサブミッションの意味は何でしょうか?

★小島監督:
 あれは、「同じエリアでも天気が変わればどれだけ視界が変わるか」を見せるための要素です。本篇では時間や天候がリアルタイムに変化しますから。まずは、視界の長さは夜が短く、陽が出ると伸びるというのを体験してほしかった。メインミッションの中にも「おつかい」はありますが、それをしなくてもストーリーは進みます。ただ、やればやるほど基地が大きくなる仕様なんです。

――これまでのシリーズにも魅力的なボスがたくさん登場しましたが、『MGS V』にはどのようなボスが登場するのでしょうか。

★小島監督:
 中ボスは通せんぼするために出てくるので、うまくプレイすると会わないでクリアできるミッションもありますし、回避できないイベント的な中ボス戦も用意しています。
 中ボスはこれまでのシリーズでは、特殊部隊、アメコミ、怪人、ビューティ&ビーストと来て、『PEACE WALKER』ではAI兵器でした。今回はそれらを超えるものを用意しているので、ぜひご期待ください!


 「FOXエンジン」によって進化を遂げた『MGSV:GZ』『MGSV:TPP』は、かつての技術では表現しきれていなかったゲーム性までも実現し、『METAL GEAR SOLID』を新たなステージへと飛躍させていることが伺える。
 プロローグとしての『MGSV:GZ』の先に待っている『MGSV:TPP』では、リアルタイムに変化する時間、天候の表現とあわせて、プロローグの200倍ものボリュームで新たな物語が描かれていく。おそらくこれまでのシリーズ以上に、その世界観へと没頭できる、未知の体験が待ち受けていることだろう。
 その日の到来を心待ちにしつつ、いよいよ発売まで残り一ヵ月を切った『MGSV:GZ』で、その進化の一端を感じ取ることとしよう。


<新規公開のスクリーンショット>


【ゲーム紹介:『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』とは?】
 マルチプラットフォームで発売を予定している『MGSV:TPP』の“プロローグ”として、物語の主軸となるメインミッションの他、数種類のサブミッションを収録した作品。軍事施設を舞台に、『MGSV:TPP』への導入として、新しいシステムによる今までになかったスリリングな遊びを体験できる。
 続く物語の本篇となる『MGSV:TPP』では、時間経過・天候変化の概念を取り入れた広大なオープンワールドを舞台に自由度の高いリアルな潜入をコンセプトにした臨場感あふれるスリリングな遊びを楽しめるぞ。

◆『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』
(メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ)
ハード:プレイステーション3/Xbox 360/プレイステーション4/Xbox One
ジャンル:タクティカル エスピオナージ オペレーション
メーカー:KONAMI
発売予定日:
 [PS3/Xbox 360/PS4]2014年3月20日(木)
 [Xbox One]未定
価格:
 [PS3/Xbox 360/PS4 パッケージ版]2,839円(税抜)
 [PS3/PS4 ダウンロード版]2,362円(税抜)
 [Xbox 360 ダウンロード版]2,477円(税抜)
 [Xbox One]未定
プレイ人数:1人
CERO:「D」(17才以上対象)

◆『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES PREMIUM PACKAGE』
(メタルギア ソリッド Ⅴ グラウンド・ゼロズ プレミアムパッケージ)
※「Amazon.co.jp」限定販
ハード:プレイステーション3/Xbox 360/プレイステーション4
ジャンル:タクティカル エスピオナージ オペレーション
メーカー:KONAMI
発売予定日:2014年3月20日(木)
価格:8,480円(税込)
プレイ人数:1人
CERO:「D」(17才以上対象)

◆『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES コナミスタイル特別版(PLAYARTS改スネークメタリック ver.)』
※「コナミスタイル」限定版
ハード:プレイステーション3/Xbox 360/プレイステーション4
ジャンル:タクティカル エスピオナージ オペレーション
メーカー:KONAMI
発売予定日:2014年3月20日(木)
価格:13,270円(税込)
プレイ人数:1人
CERO:「D」(17才以上対象)

◆『PUMA×METAL GEAR SOLID V T7 Track Jacket(コナミスタイル特別版)』
※「コナミスタイル」限定版
ハード:プレイステーション3/Xbox 360/プレイステーション4
ジャンル:タクティカル エスピオナージ オペレーション
メーカー:KONAMI
発売予定日:2014年3月20日(木)
価格:18,730円(税込)
プレイ人数:1人
CERO:「D」(17才以上対象)

◆「PlayStation 4 × METAL GEAR SOLID V : GROUND ZEROES FOX EDITION」
型番:MGSV-GZ5000
発売予定日:2014年3月20日(木)
予約販売開始予定日:2014年3月初旬
価格:46,980円(税込)

<商品内容物>
・PS4 FOX MODEL
 「PS4」本体(HDD500GB、本体色:ジェット・ブラック) ×1
 FOX Emblem 刻印 PlayStation4 HDDベイカバー ×1

・PS4専用ソフトウェア『METAL GEAR SOLID V:GROUND ZEROES』 ×1
・ワイヤレスコントローラー DUALSHOCK 4 ×1
・モノラルヘッドセット ×1
・電源コード ×1
・HDMIケーブル ×1
・電源コード ×1
・USBケーブル ×1

■ゲームニュース 最新情報
Mobage、GREE、mixi…アプリ・ソーシャルゲームニュース|アプリパーティ
ゲームに関する最新情報…総合ゲームニュース
PS3、Xbox 360、Wii、3DS、PS Vita…家庭用ゲームニュース
PC、ブラウザ、MMORPG…オンラインゲームニュース
アーケードゲームニュース
CD、グッズ、イベント、アニメ…その他ニュース

[TOPICS]
自分にあうゲームが見つかる!おすすめオンラインゲームカタログ






■関連コンテンツ
[ジーパラ特集]
『MGS V:GZ』劇的に進化した映像表現、自由度…魅力を小島監督に直撃!
『MGS V: GZ』PUMAとのコラボ限定商品を記念したローンチパーティに潜入
『MGS V: GROUND ZEROES』先行体験!PS4で高まった緊張感と空気感

[プレスリリース]
『MGS V: GZ』まだまだ遊びつくせない!最新トレーラーをチェック!!
小島プロの制作現場から発信するWEB番組「コジマ・ステーション」
『MGS V: GZ』発売記念抽選会!サイン色紙など豪華グッズが当たる
『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』取扱店舗でオリジナル店内放送!
PS4版『MGS V: GZ』とPS4同時購入でオリジナルショッピングバッグ進呈!

■関連リンク
『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』公式サイト
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インタビューの最新記事

■『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』 (Xbox One)
 (C)Konami Digital Entertainment

■『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』 (PS3)
 (C)Konami Digital Entertainment

■『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』 (Xbox360)
 (C)Konami Digital Entertainment

■『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』 (PS4)
 (C)Konami Digital Entertainment


最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像