『メイプルストーリー』神の子 ゼロ、交易…新要素を開発陣が語った!

 
インタビュー  

『メイプルストーリー』神の子 ゼロ、交易…新要素を開発陣が語った!

2013.12.11
『メイプルストーリー』関連情報
『メイプルストーリー』公式サイト

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ネクソンが運営するPC向けオンラインゲームメイプルストーリー』。
 去る2013年12月1日(日)に開催された、同作初のオフラインイベント「メイプル10周年記念 オフライン感謝祭」では、今冬に実施予定の「REDアップデート」をはじめ、様々な新情報が解禁された(関連記事)

 同イベントの終了後、会場内で、『メイプルストーリー』の開発チーム、運営チームの方々にインタビューを行う機会を得られた。会場で発表されたアップデート内容について、さらに深い話を伺う事ができたので、詳しくお届けしていくぞ。今回お話を伺ったのは、下記の5名だ。

 メイプル本部 本部長 オ・ハンビョル氏
 メイプル本部 ライブ2室 室長 ベク・ドゥサン氏
 メイプル本部 ライブ2室 日本メイプルチーム チーム長 ミン・ヨンミ氏
 メイプル本部 ライブ2室 メイプルブーストチーム チーム長 キム・ヒョンソン氏
 ネクソン メイプルストーリー運営チーム 中西啓太氏

▲(左から)中西啓太氏、ベク・ドゥサン氏、オ・ハンビョル氏、ミン・ヨンミ氏、キム・ヒョンソン氏


■■「神の子 ゼロ」「交易システム」詳細判明!「ビーストテイマー」の情報も…


――まずは、日本国内における初の『メイプルストーリー』オフラインイベントを終えた感想を聞かせてください。

★オ・ハンビョル氏:
 大勢の方に来場していただき、本当に嬉しく思います。これまで『メイプルストーリー』では、今回のような、プレイヤーの皆さんと直接触れ合う事ができるイベントをあまり実施していませんでしたが、これからは積極的に開催していきたいと思います。

――『マビノギ』や『テイルズウィーバー』などのオフラインイベントに比べると、来場者の年齢層がやや高いような気がしました。

★ベク・ドゥサン氏:
 そうですね。かなり長い間プレイしてくれている方が多かったようです。ゲーム開発のターゲットを考えるという側面で参考になりました。今後は低い年齢層にもよりアピールしていきたいと思います。

――『メイプルストーリー』は日本での正式サービス開始から10年目を迎えましたが、これまでを振り返って感想を聞かせてください。

★オ・ハンビョル氏:
 『メイプルストーリー』では毎年、新しい要素を開発してきました。アップデートを重ねるたびにコンセプトも変化し、プレイヤーのニーズも変化しているというのが現状です。10年間サービスが続いたことは感無量です。これからの10年に進むためにはどうすればいいか、色々と施策を考えている最中です。

★中西啓太氏:
 様々なアップデートが実施されましたが、2010年11月に実施された「BIGBANGアップデート」(関連記事)の際に、それまで休眠していたプレイヤーさんなどが戻ってきたりして、さらに活気づいた印象です。反面、ゲームバランスが大きく変わったため、離脱してしまうプレイヤーもいました。
 今後は、新しいプレイヤーを取り込むのはもちろんのこと、離脱してしまったプレイヤーをいかにして呼び戻すかが重要になってきます。プレイヤーからは、「早く5次転職を実装してほしい」という意見もでています。

――韓国の場合、この10年間でプレイヤー層はどのように変化していますか?

★オ・ハンビョル氏:
 韓国では10代のプレイヤーが最も多いですね。13歳から18歳ぐらいの方が、持続的にプレイを始めている傾向にあります。ただし、10年前の10代と、現在の10代では、違いがあるということは理解しています。
 過去のアップデートについては、「BIGBANGアップデート」、「レジェンドアップデート」で多くのプレイヤーが入って来た印象です。
 韓国では簡単にプレイできるゲームがトレンドです。これは日本のトレンドとは異なっているので、日本の場合は高難易度仕様のサーバー「ハードコアワールド」を実装したり、日本人好みに調整したりしています。

――今回のオフラインイベントで発表になった新職業「神の子 ゼロ」ですが、韓国での反響はいかがですか?

★オ・ハンビョル氏:
 韓国では「神の子」は、冒険者改変にまつわるアップデートとあわせて、2013年夏に実装済みです。実際、かなり評判は良かったです。これまでと違い、ストーリー重視のコンテンツなので、ストーリーが気に入った人の反応が良かったようです。「“JRPG”に近い」という評価もありました。

――「神の子 ゼロ」の能力や戦い方などについて、より詳しく教えてください。

★ミン・ヨンミ氏:
 「神の子」は、男の子の「アルファ」、女の子の「ベータ」を使い分けて戦う「タッグシステム」が特徴的です。太刀を使うアルファはフィールドでの狩りに適しており、大剣を持つベータはボス戦で威力を発揮します。また、2人が同時に戦う事ができる「アシストシステム」、スキルを連携して発動できる「コンビネーションシステム」なども用意されていますよ。

――「神の子 ゼロ」のバックストーリーについて教えてください。

★ミン・ヨンミ氏:
 元々ゼロは、“暗黒の魔法使い”の持つ時間の巡りを司るルィンヌが生み出したキャラクターです。「アルファ」と「ベータ」は元々1つでしたが、“暗黒の魔法使い”の軍団によって「鏡の世界」封印され、2つの存在に分離させられてしまったのです。ストーリーは、「鏡の世界」から脱出を目指し、“暗黒の魔法使い”に立ち向かう様子が描かれていきます。「どうして2人になったのか」を知り、暗黒の魔法使いに立ち向かうのことがメインの話になります。


――「冒険者」にまつわる改変が実施されることになった経緯は?

★キム・ヒョンソン氏:
 「冒険者」は、『メイプルストーリー』をプレイし始める人が最初に遊ぶキャラクターとして初期から用意されてきました。この10年で「英雄職」や「ノヴァ職」といった、新たな外見の職業が登場しましたが、冒険者については10年前のサービス開始時から外見が変わっていなかったので、これを機に変更しようと考えたんです。

★中西啓太氏:
 見た目が今風に変わるだけではなく、スキルも色々と改変されることについては、日本のプレイヤーさんにとってもインパクトが大きい発表だったと思います。

――冒険者のスキルが改変されるにあたり、各職業のバランスはどのように変化するでしょうか?

★キム・ヒョンソン氏:
 各職業の特色を生かせるように改変されます。エフェクトにもこだわりがあり、例えば槍を使う職業なら最終的に「ダークナイト」へと転職することになるので、攻撃時に“暗め”のエフェクトが出たり、魔法使いなら“火”や“氷”を使っている様子がハッキリとわかるように変更します。ほかにも、全体的に見てちょっと古めだと思われるものには変更を加えていきます。


――「自由転職システム」を新たに実装する理由についても教えてください。

★キム・ヒョンソン氏:
 冒険者は「戦士」や「魔法使い」などに転職し、4次転職に至るまで育成していくことになりますが、「英雄職」や「ノヴァ職」に比べて、レベルアップに時間を要します。そのため、もしプレイヤーが「別の4次職業のキャラクターを使いたい」と考えた場合、初心者からやり直すのはかなり大変です。「自由転職システム」の導入で、4次転職に達している冒険者なら、同系統の別の職業に転職が可能になります。

★オ・ハンビョル氏:
 一足早く「自由転職システム」を実装した韓国では、多くのプレイヤーに歓迎されています。ただし、「冒険者の初期段階のクエストをプレイするのが好き」という人もいるので、自分の好きな方式を選んでくれればと思います。


――「交易システム」については、韓国に先駆けて日本で実装されるとのことですが…。

★中西啓太氏:
 日本を含む海外で先行実装された後、韓国での実装も予定されています。

★ベク・ドゥサン氏:
 海外プレイヤーは多くの場合、新しくメインコンテンツが実装されても、「すでに韓国で実装済み」である場合が多く、期待感が半減してしまいます。それを防ぐために、交易システムについては海外で先行実装することを決めました。また、新職業「ビーストテイマー」も、韓国に先駆けて海外で実装予定です。

――新大陸「ドーンヴェール」では、ストーリー面に力を入れているようですが、その理由について教えてください。

★ベク・ドゥサン氏:
 実際に多くのプレイヤーから、「ストーリーがしっかりと描かれている方が楽しい」、「メインストーリー以外の話も知りたい」といった意見が出ています。
 そのため新大陸「ドーンヴェール」での物語は、メインストーリーで描かれている“善悪の対決”というコンセプトとは一味違う、もっと多様なストーリーが描かれていきます。

★キム・ヒョンソン氏:
 ちなみにゲームの進め方としては、冒険者からレベル100まで進行した後、「マステリア」地域の冒険、「コメルツ」地域の冒険…といった流れになります。「マステリア」地域までクリアすることで、「コメルツ」地域での探索も可能となります。

▲新大陸「ドーンヴェール」 ▲「コメルツ」地域

――「サン・コメルツ」に用意されている新コンテンツ「交易システム」について、詳しく教えてください。

★キム・ヒョンソン氏:
 交易システムは、船に燃料と交易品を積み込み、設定した交易地を目指すというシステムです。途中、モンスターの襲撃がありますが、交易が完了すれば報酬を受け取れます。
 交易に使う船にもスキルが存在します。モンスターにデバフをかけて弱体化させたり、砲台を(自らの甲板に目掛けて!)撃ったり…といった効果があります。
 船上でのバトルは、基本操作についてはフィールドなどと同じですが、船のスキルをショートカットキーに登録して使用することもできます。

★ベク・ドゥサン氏:
 モンスターとのバトルをいかに早く終わらせられるかによって、報酬が変わってきます。素早く撃破できると、さらに良い報酬が得られるのです。
 また、積み荷の内容によっても報酬が変化します。遠い場所へ、その地域で需要のあるものを持っていくことができれば、さらに報酬はアップします。

▲コメルツ地域の主要都市「サン・コメルツ」

――報酬の内容は、具体的にどういったものになるのでしょうか?

★キム・ヒョンソン氏:
 交易品を届けられると、専用の“コイン”が入手できます。これを専用NPCに渡すことで、様々なアイテムと交換可能です。中には、ここでしか入手できない160レベルアクセサリ類アイテムもラインナップされています。
 また、船上で戦うボスモンスターは、倒すと希に160レベル防具や武器を落とします。このコンテンツを利用することで160レベル装備を集められます。
 160レベルアクセサリ類アイテムはコインとの交換のみで、160レベル防具と武器はボスモンスターのドロップのみで入手可能です。

――“交易地”となるのは、これまで『メイプルストーリー』に登場した他の地域になるのでしょうか?

★キム・ヒョンソン氏:
 既存の地域も存在しますし、「ドーンヴェール」大陸にある他の地域へ向かうこともできますよ。


――もしも船上でのモンスターとのバトルに負けた場合、どうなるのでしょうか?

★キム・ヒョンソン氏:
 実はこの「交易システム」は、モンスターとの勝敗に関わらず、一定時間が経過すれば自動的にクリア扱いになります。ただしモンスターに負けてしまうと始めから戦闘をやり直すことになるので、その分クリアタイムが遅くなり、追加報酬がもらえなくなります。
 なおこのコンテンツの所要時間ですが、短い場合で3分、長い場合で20分から30分ほどかかります。キャラクターのレベルを上げて挑戦すれば、もっと早く済ませられるかもしれません。

――「交易システム」は、ソロプレイでのコンテンツになるのでしょうか?

★キム・ヒョンソン氏:
 最初に実装される段階では、ソロプレイ専用のコンテンツとなります。ただし、パーティメンバーで一緒に楽しめるようなシステムも開発中なので、そちらの登場も楽しみにしていてください。

――「ドーンヴェール」大陸で新たに登場する「昼夜変化システム」についてですが、「昼」と「夜」はどれくらいの間隔で変化するのでしょうか。

★キム・ヒョンソン氏:
 「夜だと画面が暗い」という意見もあって、昼の方を長めにとる予定です。だいたい昼は30分間、夜は10分間ぐらいになります。なお、夜のみにしか出現しないモンスターを討伐する必要のあるクエストなども用意されていますよ。

▲昼の「サン・コメルツ」 ▲夜の「サン・コメルツ」

――もうひとつの新職業「ビーストテイマー」の詳細は年末の「ニコニコ生放送」にて公開予定とのことですが、現段階でキャラクターコンセプトなどを伺う事は出来ますか?

★ベク・ドゥサン氏:
 ここ1、2年に実装された新職業は、どれもシリアスで、重たい感じのするキャラクターが多かったと思います。『メイプルストーリー』本来の特徴である、可愛くて愉快に楽しめるものを提供したい、という思いから、このような可愛らしい外見のキャラクターになりました。
 「ビーストテイマー」は、成長方式、転職方式が既存のキャラクターとは異なるやり方になるので、新鮮な気持ちで楽しめると思います。
 他のキャラクターと異なるコンセプトなので、「ビーストテイマー」を開発する専用チームを別個に設けて、開発を進めています。「シリアスなキャラクターはもう充分!」と思っている人にとっては、良い刺激になるキャラクターではないでしょうか。


――最後に、「REDアップデート」をはじめ、今回発表された新要素の実装を楽しみにしている日本のプレイヤーに向けて、メッセージをお願いします。

★オ・ハンビョル氏:
 韓国のみならず、日本でも末長く愛して下さっているので、その分責任感を持って開発を進めています。これからも愛されるオンラインゲームであり続けるべく、プレイヤーの皆さんが望むものを準備している最中なので、ぜひ楽しみにしていてください。

★ミン・ヨンミ氏:
 「REDアップデート」は、革命的で発展的なサービスとして、楽しいコンテンツを提供していきます。プレイヤーの皆さんの望むような形でアップデートを進めていきたいと思います。
 今回のオフラインイベントで行われた来場者アンケートでは、アップデートで「不具合修正を優先してほしい」という意見が大半を占めていましたので、それについても努力を重ねていきたいです。

★中西啓太氏:
 正式サービスから10年が経過しましたが、プレイヤーの皆さんが遊んでくれたからこそ、ここまでサービスが継続しました。
 離脱するプレイヤーが出ている件についてはどうにか対応したいと思っており、皆さんの意見を取り入れながら改善を図っていきたいです。公式サイトでのアンケートなども実施しようと思うので、その際はご協力をお願いします。


 「REDアップデート」は、冒険者改変や、新職業「神の子 ゼロ」の登場、「コメルツ」大陸で展開される新ストーリー、そして160レベル装備が手に入る「交易システム」…と、魅力的なコンテンツが目白押しだ。
 「神の子 ゼロ」で語られるストーリー、そして新大陸「ドーンヴェール」で描かれる様々なエピソード…と、ストーリー面にも力が入れられるので、物語を楽しみたい人にとっては打ってつけと言えるだろう。

 まずは年末に実施が予定されている「ニコニコ生放送」でのWEB番組で明らかにされる、さらなる「ビーストテイマー」の情報に注目しておこう。


【ゲーム紹介:『メイプルストーリー』とは?】
 さまざまな島や村を舞台に、キノコやブタをモチーフにした可愛らしいモンスターたちと戦いながら冒険を繰り広げていく、横スクロールタイプのアクションMMORPG。基本プレイ無料(アイテム課金制)の無料ゲームである。
 本作ではアバターを使用することで、キャラクタの姿を自由に変更するビジアルカスタマイズも楽しい作品だ。

■ゲームニュース 最新情報
Mobage、GREE、mixi…アプリ・ソーシャルゲームニュース|アプリパーティ
ゲームに関する最新情報…総合ゲームニュース
PS3、Xbox 360、Wii、3DS、PS Vita…家庭用ゲームニュース
PC、ブラウザ、MMORPG…オンラインゲームニュース
アーケードゲームニュース
CD、グッズ、イベント、アニメ…その他ニュース

[TOPICS]
自分にあうゲームが見つかる!おすすめオンラインゲームカタログ


■関連コンテンツ
[ジーパラ特集]
『メイプルストーリー』神の子 ゼロ、交易…新要素を開発陣が語った!
『メイプルストーリー』オフラインイベント!新職業2種など情報満載!
『メイプルストーリー』10周年記念!よしもと芸人とのコラボ企画を発表!!
『メイプルストーリー』2つの新職業も…SPARKアップデートの詳細を直撃!
『メイプルストーリー』日本完全オリジナル「戦国時代」UPDの詳細を直撃

[プレスリリース]
『メイプルストーリー』職業&ギルドシステム改変!「次元の図書館」も
『メイプルストーリー』ログアウトせずにキャラ変更!春のイベントも
『メイプルストーリー』新職業「森の守り人 ビーストテイマー」実装!
『メイプルストーリー』男女セットの新職業「神の子[ゼロ]」実装!
『メイプルストーリー』REDアップデート第一弾!交易システムなど実装

■関連リンク
『メイプルストーリー』公式サイト
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インタビューの最新記事

■『メイプルストーリー』 (PC)
 Copyright(C) 2003 NEXON Korea Corporation. All Rights Reserved.


最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像