二丁拳銃やドラゴンレイド発表!コスプレ満載『マビノギ』オフイベ

 
イベントレポート  

二丁拳銃やドラゴンレイド発表!コスプレ満載『マビノギ』オフイベ

2013.04.15
『マビノギ』関連情報
『マビノギ』公式サイト

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2013年4月14日(日)、ネクソンは同社の運営するPC向けオンラインゲームマビノギ』の8周年を記念するユーザー向けオフラインイベントを、東京都千代田区のJPホールにて開催した。

▲『マビノギ』オフラインイベントの登壇者たち

 このオフラインイベントは毎年恒例となっているもので、事前に公式サイトにて参加者を募集、当選者のみが参加できる。毎年かなりの人気で、当選倍率も高いと評判だ。
 イベントの内容は、次期アップデートの報告会や、各プレイヤーの所属するサーバー対抗のゲーム大会など。毎回、アットホームな雰囲気で、閉会後にはプレイヤー同士が交流を深めることができるサーバー交流会なども実施されており、今回もその基本路線は踏襲していた。

 イベントの司会は、『マビノギ』公式サイトにて公開中の「ロナとパンのまびどら!」、そしてインターネットラジオ「ロナパンラジオ」のパーソナリティーとしてもおなじみの声優・磯村知美さん。自身も『マビノギ』プレイヤーであり、毎年オフイベの司会をされているのでユーザーにはすでにおなじみ。今年もロナの衣装での登場となった。

 また、ネクソンからは伊藤裕之氏、糸井詩織氏が登壇。糸井氏はキホールの衣装をまとっての登場で、磯村さんに「ネクソンの方がコスプレで登壇するのは珍しいですね!」と驚かれていた。

▲右から声優の磯村知美さん、ネクソン運用本部・ゲーム運用チームの糸井詩織氏、同じくネクソン運用本部・広告宣伝チームの伊藤裕之氏


■■専用アイコンから即時開始可能な「マビノギ THE DRAMA」アップデート

 イベントはまず、次期アップデートの報告から行われた。まずは軽くこれまでのメインストリームを振り返り、現状で実装されているプロローグ「悪夢」の続編となる物語、イリア大陸を舞台にした「マビノギ THE DRAMA IRIA」(以下、DRAMA)がいよいよ始動すると発表。

▲これまでのメインストリームを振り返って簡単に説明が行われた

 この「DRAMA」では、画面上に専用のアイコンが表示され、それを押すことでいつでも進めることができるようになるとのこと。また、これまでは世界や神々、国といった壮大な話がメインだったが、「DRAMA」では人物に焦点を合わせたストーリーが展開するという。古くから『マビノギ』を遊んでいる人にとっては感慨深い、赤毛の戦士、ルエリも再登場し、「大活躍をする……かもしれません」(糸井氏)とのことなので、期待してもいいのかも……?

 「DRAMA」の第一話ではプレイヤー自身が悪霊にとりつかれ、コール村を舞台にバトルも繰り広げられるとか。いきなりの展開だが、悪霊を払うために偉大なシャーマン、アクルと出会い、必要なアイテムを探すうちに話が進んでいく……という流れになるようだ。最後にはブラックドラゴンも登場するらしいので、のっけから急展開間違いなしである。

 この「DRAMA」は全10話を予定しており、なんと毎週アップデートが行われる。アップデート初回は2013年4月23日(火)から! 後述する8周年記念イベントと同時アップデートとなり、盛り上がりも期待できそうだ。なお、この「DRAMA」は1週ごとにアップデートされるものの、期間限定というわけではなく、続編が配信されたあとからでもスタートすることができる。


 「DRAMA」アップデートに応じて新マップなども追加。これまでの地域が少し変化したようなマップとのことだが、いずれも詳細は明かされなかった。

▲鉱山らしき入り口。後述するモンスターが登場しそうな雰囲気だ。周囲の景色から見てピシスに実装されるのだろうか?
▲マップの様子は動画でも紹介された

▲新モンスターに関しても詳細は語られず。最後の鳥だかドラゴンだかわからないモンスターは伊藤氏によると「もしかしたら翼が小さくて飛べないかもしれませんね」とのこと


■■全員で楽しめる新コンテンツ「ドラゴンレイド」とは!?

 「DRAMA」アップデートにおいて追加されるのはメインストリームだけではない。新たなコンテンツとして「ドラゴンレイド」なるものが実装される。これは、ドラゴンの襲撃が発生した際に、村のNPCなどと会話することで戦闘地域に移動でき、そこでドラゴンに対抗するため、依頼されるクエストを受けるという形式。誰でも参加することができ、それぞれのキャラクターの育成状況に応じて「攻撃系」、「援護系」、「支援系」のクエストが自動的に割り振られる。

 「難度が高いのでは?」という磯村さんの質問に、糸井氏は「ドラゴン自体を倒すのは難しいことになると思いますが、クエスト内容によって難易度が異なるようになっています」とのこと。

 「ドラゴンレイド」ではそれぞれのプレイヤーが与えられたクエストをこなすことで「貢献度」を獲得でき、この貢献度に応じて報酬がもらえるという。「攻撃系」はドラゴンへの直接攻撃、「援護系」はドラゴンの周囲にいるモンスターを排除すること、「支援系」はヒーリングを行うたびに、それぞれ貢献度を獲得できるという。

▲一番手前にいるのがブラックドラゴン。画面奥にいるモンスターの集団は、上で紹介した鳥だかドラゴンだかわからないモンスターらしい

▲どうやら襲ってくるのはブラックドラゴンだけではない模様。ザルディンのドラゴンたちとの関係は!?


■■二丁拳銃を扱う新規才能「シューター」公開!

 さらに、新規才能として両手で銃を扱う「シューター」が実装予定となっている。いくつかのスキルが動画で公開されたが、数多くの敵を順番に攻撃していったり、足技と銃撃を組み合わせた攻撃をしたりと、単に銃を使った攻撃というだけではなさそうだ。弓が遠距離系だとすれば、シューターは中距離を担うタイプのキャラクターになりそうだ。また、これら以外にも、新たな生活スキルなども実装予定となっている。

▲スキルのいくつかが動画で公開された。スキルランクや敵の強さなどはわからないが、アクションは格闘スキル並みに派手だ


■■魔法と錬金術の強化予定やイメージソング作成の予定が明らかに

 次に「最新情報」と銘打って、将来的に実装される内容も公開された。プレイヤーから要望の多かった魔法と錬金術の強化が予定されており、特に魔法は歩きながら詠唱ができるようになり、魔法使いの弱点だった、“詠唱中は動けない”という特徴が覆されることになる。
 また、待望の新たな上級魔法も実装予定。糸井氏によれば「空から隕石が降ってくるような魔法」とのこと。これらのバランス調整は韓国のテストサーバーにおいて長期間のテストが実施される予定で、実際にアップデートが行われるのはまだ少し先になりそうだ。

 ゲーム内のアップデート内容とはまた別に、「DRAMA」アップデートに合わせてイメージソングの制作が決定。ユーザーと共に作り上げる曲を、ということで、実際に「DRAMA」アップデートを遊んでみたプレイヤーが曲のフレーズを投稿するところからスタート。このために4月23日(火)より特設サイトも設置されるとのこと。実際の曲の作成はボーカロイドクリエイターに担当してもらうことは決定している模様ながら、歌い手などはまだ未定のようで、それを聞いた磯村さんは「希望があれば今大きい声で言ったほうがいいよー!」とアピール。ご希望に応えて会場から「イソッチ!」と声が上がると「えぇ~、わたしぃ~?」と笑いを誘った。磯村さんに「(パン役の)小野(友樹)くんと私と一緒にどうですか」と真面目に詰め寄られ、伊藤氏も若干困惑気味に「考慮させていただきます」と応えていた。


■■「衣装カバン」が全員に!? 質疑応答コーナーもすべてお届け!

 最後に今後の予定が発表された。前述したが、「DRAMA」アップデート実装日はここで初めて明かされ、会場からは予想外の速さに驚きのどよめきが広がった。また、待望の「衣装カバン」が8周年記念ログインキャンペーンで全員にプレゼントされることも明らかになり、インベントリのやりくりに苦労しているプレイヤー(ほぼ全員だろう)の注目も集めていた。

▲「DRAMA」アップデートと8周年記念イベントの予定が発表された

 ここで、事前にユーザーから寄せられた質問に答える質疑応答のコーナーが。以下にその内容を記載していこう。

●質問
 アイスドラゴン冥帝のワイバーンの再販予定はありますか?

★回答(糸井氏):
 どちらもとても人気の高いペットですので、ご要望が多ければ再販も検討したいと思います。

●質問
 今後タイアップする予定の作品は決まっていますか?

★回答(伊藤氏):
 タイアップはいろいろと予定していますが、まずは秋ごろにアニメ系とのタイアップを実施予定です。

●質問
 G16ラストではメインストリームが終わってしまうかのような展開でしたが、続編はあるのでしょうか?

★回答(糸井氏):
 本日発表した内容(「DRAMA」アップデート)が続編に当たります。ストーリーを楽しめる内容になっております。毎週放送されるドラマをぜひご覧になってください。

●質問
 なぜウサギはペットにならないのでしょうか?

★回答(糸井氏):
 本当に不思議なんですよね。私もウサギのペットは欲しいと思っているんです。こちらもご要望の声が高ければ(開発の)予定に入ると思います。

●質問
 (セキュリティ上の問題から、登録情報の)氏名の変更ができなくなりましたが、結婚して苗字が変わった場合はどうすればいいのでしょう?

★回答(糸井氏):
 ご結婚された際などの氏名変更は承っておりますので、ネクソンサポートの氏名変更窓口をご利用ください。

 タイアップの話題では磯村さんが「小野くんと『進撃の巨人』とタイアップして、ジャイアントが巨人役をやるといいんじゃないって話題になったんですよ」と余談を公開したり、最後の質問をした方がご夫婦で会場に来ており、会場内から結婚おめでとうの拍手を送られたりと、いずれの質疑応答もオフラインイベントならではといった感じで進行していった。

 伊藤氏は最後に「シャマラが登場し、さまざまな謎が出てきましたが、我々としてもそれらが次のドラマに繋がっているというのが楽しみだと思っています」と締めくくり、アップデート報告会は終了となった。


■■コスプレも盛りだくさんのサーバー対抗戦!

 イベントではその後、サーバー対抗のクイズ大会の予選、決勝、そしてサーバー代表3名による早押しクイズなどで対戦。コスプレコンテストなどの審査点数を加えた結果、最後の最後でマリーサーバーが逆転勝利となった。マリーサーバーはこれまでのオフラインイベントにおいて勝ち進めずに悔しかったとのことで、今回、念願の優勝となった。マリーサーバーでは優勝賞品として「イリア宝探しイベント」「綿あめ羊イベント」という、2大人気イベントが開催されるとのことだ。

▲出題内容がマニアックな2択クイズや、難問ぞろいのシルエットクイズなど、ヘビーユーザーでも答えに詰まるクイズが多かった
▲優勝はマリーサーバー。最終ラウンドの早押しクイズではマリーサーバーの代表者が健闘していた

 サーバー対抗戦に組み込まれていたコスプレコンテンストは、年々クオリティが上がっているとの評のとおり、かなりの盛り上がりをみせた。
 NPCやファッションの豊富な『マビノギ』だが、なぜか今年はモンスターや人外系のキャラが大量に出場。ゴブリンやブルーガスト、マスターリッチなどが話題をさらった。会場内の参加者とニコニコ生放送による投票で人気順位を決定。
 3位はゴブリンのコスプレイヤーさん(というかもはや着ぐるみ?)、2位はNPCエレモンのコスプレイヤーさん、そして優勝はノリのいいブルーガストのコスプレイヤーさんに決定。優勝者には希望のコスプレ衣装を作成してくれるという賞品が授与された。
 だが、カッコ内に鎧以外と注釈がつけられており、これは、過去にチャンピオンの鎧など、全身鎧系の希望があったものの、予算の都合で実現が難しかったことからと思われる。

▲昨年度のコスプレ優勝者の衣装がお披露目。本人は特にガントレットがお気に入りだというヌアザのコスプレ衣装。コスプレの審査員としてネクソンコリア・マビノギ室・日本運用チームの企画担当、キム・キヒさんも登壇

●ルエリサーバーのコスプレイヤー

●キホールサーバーのコスプレイヤー

●トリアナサーバーのコスプレイヤー

●マリーサーバーのコスプレイヤー

●モリアンサーバーのコスプレイヤー

●タルラークサーバーのコスプレイヤー

▲優勝したのはブルーガストのコスプレイヤーさん。予想外ながらもある意味納得のモンスターコスプレの優勝で会場が沸いた


■■ユーザー同士の交流を生むオフラインイベント!

 毎年恒例の『マビノギ』オフラインイベントは、ふだん顔を合わせることの少ないオンライン上の友人とリアルで出会える貴重な機会。配布されたサーバー名が記載された名刺に各参加者がキャラクター名を書き、オンライン上の友人と交換したり、初めて出会った人とこのイベントがきっかけでオンライン上で交流ができたりと、いい効果を生んでいる。ニコニコ生放送の生中継などもあったものの、やはり会場での交流に代わるものはない。それだけに、抽選で外れてしまうと外から眺めているしかないという状況になってしまうのが少々残念ではある。人数が増えると進行などに支障も生じてしまうため(今回も途中で進行が少し停滞する傾向が見られた)、スタッフ的にはギリギリの参加人数まで拡大していると思われるが、せっかく人気の高いオフイベなので、できるだけ多くの参加者が交流できるものにしていってほしいところだ。

▲何度も名前が挙がったパン役の声優、小野友樹さんからもビデオレターが。なぜか台本棒読みでおめでとうメッセージを読み上げ、磯村さんが突っ込む場面も
▲会場の参加者全員には後日、クーポンでゲーム内アイテムがプレゼントされるとのこと
▲会場内の参加者には最後にプレゼント抽選会も。フィギュアやグッズなどがかなりの人数に当たっていた

<会場の様子>


【ゲーム紹介:『マビノギ』とは?】
 アルバイトや作曲、裁縫など、日常生活を過ごすような感覚でプレイできる、自由度が高く、生活感あふれる、ほのぼの系オンラインゲーム。ほのぼのした生活をするだけでなく、大勢の仲間たちとモンスターを倒しにいくことも魅力のひとつとなっている。基本プレイ無料で遊べる無料ゲーム(アイテム課金制)となっている。

■ゲームニュース 最新情報
Mobage、GREE、mixi…アプリ・ソーシャルゲームニュース|アプリパーティ
ゲームに関する最新情報…総合ゲームニュース
PS3、Xbox 360、Wii、3DS、PS Vita…家庭用ゲームニュース
PC、ブラウザ、MMORPG…オンラインゲームニュース
アーケードゲームニュース
CD、グッズ、イベント、アニメ…その他ニュース

[TOPICS]
自分にあうゲームが見つかる!おすすめオンラインゲームカタログ


■関連コンテンツ
[ジーパラ特集]
『マビノギ』開発陣を直撃!「THE DRAMA」UPDの詳細、その先も…!?
二丁拳銃やドラゴンレイド発表!コスプレ満載『マビノギ』オフイベ
『マビノギ』吟遊詩人&システム改良で“新しい風”到来!? 開発者に直撃
『マビノギ』7周年イベントでG16「マクベス」詳報を発表!コスプレ大会も
『マビノギ』シェイクスピアも遂に佳境「G15」の次は?開発陣に訊いた

[新作紹介]
『マビノギ』チャプター3~アルケミスト~:プロモ映像をお届け

[プレスリリース]
『マビノギ』新たな英雄才能「トレジャーハンター」追加!
『マビノギ』9周年オフラインイベント参加者募集!今年は3つの“Live”
『マビノギ』運命の相手・ソウルメイトを見つけられる「恋咲島」登場!
『マビノギ』英雄の修練才能「マスターシェフ」実装!
『マビノギ』コイル&ペッカダンジョンの“上級ダンジョン”に挑め!

■関連リンク
『マビノギ』公式サイト
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントレポートの最新記事

■『マビノギ』 (PC)
 Copyright (C) 2009 NEXON Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.


最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像