『グランド・セフト・オート』騒動の裏で糸を引いた人物が明らかに…

 
欧米ゲーム事情  

『グランド・セフト・オート』騒動の裏で糸を引いた人物が明らかに…

2012.10.24
該当記事(英語)※The Sunday Timesより

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 古今東西のゲームで最も物議をかもしたシリーズとして、『グランド・セフト・オートGrand Theft Auto)』(以下、GTA)を挙げる人は多いだろう。犯罪シンジケートから与えられるミッションをこなし、クルマの盗難やひき逃げなどを可能にする本シリーズは、1997年の第一作からすでに問題視されていた。最近では政治家の口にものぼり、暴力ゲームの代名詞のように扱われている。

 しかし『GTA』にまつわるこれらの騒動が、PR担当者の戦略によって生み出されたものだったことが、ゲーム開発者の口から明らかにされた。

 この話を明かしたのは、初代『GTA』の開発にたずさわったデイブ・ジョーンズ氏とマイク・デイリー氏。The Sunday Timesのインタビューに答えた二人は、当時、イギリスにおけるPRの第一人者マックス・クリフォード氏を起用し、メディアや政治家を焚きつけて話題性を高める戦略を教えてもらったという。

「すべてマックス・クリフォードのおかげなんです。世間の喧噪を何もかも演出し、政治家たちがほぼ間違いなく乗り出してくるように取りはからった。世間の注目を引くためなら何でもした」と語るデイリー氏。そしてジョーンズ氏も、「自分ならどうやるか、誰をターゲットにするか、ターゲットにされた人たちが何と言うか、僕らに話してくれた。すべてその通りになりました」と言っている。

 その一方、開発者自身は世間を騒がせるつもりでゲームを作ったのではなく、「楽しさを追求したら、ダークな方向に自然と向かっていただけのこと」とも。

 上のインタビューを受け、CVGがクリフォード氏本人に電話で確認をとったところ、「ずいぶん前のことだし、ずいぶんたくさんの仕事をしたから覚えていない」との回答。しかし、ありとあるゆる状況を利用する仕事をしていたのは事実であり、報道内容は否定しないという。

 メディアや政治家がこぞって『GTA』をやり玉に挙げたことが、同シリーズの売り上げに寄与したことは間違いない。多くの人は薄々と気づいていたのかもしれないが、騒動の裏で糸を引く人物がいたことが、これではっきりしたわけだ。


(中島理彦)


■関連リンク
該当記事(英語)※The Sunday Timesより
該当記事(英語)※CVGより


■ゲームニュース 最新情報
Mobage、GREE、mixi…アプリ・ソーシャルゲームニュース|アプリパーティ
ゲームに関する最新情報…総合ゲームニュース
PS3、Xbox 360、Wii、3DS、PS Vita…家庭用ゲームニュース
PC、ブラウザ、MMORPG…オンラインゲームニュース
アーケードゲームニュース
CD、グッズ、イベント、アニメ…その他ニュース

[TOPICS]
自分にあうゲームが見つかる!おすすめオンラインゲームカタログ
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧米ゲーム事情の最新記事


最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像