『LIGHTNING RETURNS:FF XIII』を開発者がプレゼン!α版の実機デモも

 
イベントレポート  

『LIGHTNING RETURNS:FF XIII』を開発者がプレゼン!α版の実機デモも

2012.09.01
『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』関連情報
『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』公式サイト

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▲『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』発表ステージの模様
▲『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』発表ステージの模様
 スクウェア・エニックスは2012年9月1日(土)、9月2日(日)の2日間にかけて、東京・渋谷の「渋谷ヒカリエ」を会場に、『ファイナルファンタジー』シリーズ25周年を記念するイベント「FINAL FANTASY展」を開催している。
 開催初日となる9月1日(土)に、会場内で実施されたステージイベント「FINAL FANTASY XIII ライトニングサーが新展開プレゼンテーション」の模様をお届けする。

 すでにお届けしたとおり、このイベントステージでは、同社の『FINAL FANTASY XIII』プロジェクトの最新作にあたる、プレイステーション3/Xbox 360向け新作ゲーム『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』が2013年に発売予定であることが明らかにされた。

 こちらのイベントレポート記事では、そんなイベントステージの模様を詳しくお届け。開発スタッフ自らが行ったプレゼンテーションの様子や、開発段階の“α版”のデモプレイなどの模様をお届けしていく。


■■コンセプト、ゲームデザイン、世界観…開発陣が自らプレゼン

 まずイベントの冒頭では、プロデューサーの北瀬佳範氏が登壇。今回のステージイベントで何が発表されるかについて、事前にユーザーから公式ツイッターに向けて、「ソーシャルゲームじゃない?」、「新しいダウンロードコンテンツか?」、「スマートフォンのアプリ?」といった、様々な予想が寄せられていたそうだ。
 北瀬氏は、「今回発表するのは据え置きコンソールの完全新作です」と述べ、「何がどうなったのかについて、制作者自らがプレゼンテーションをするという、今までにない形のステージにしました」と、本イベントの趣旨を説明した。

▲プロデューサーの北瀬佳範氏

●全体的なコンセプトについて
 最初にプレゼンテーションを行ったのは、ディレクターの鳥山求氏。今回のステージで新たに発表した『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』を“バラの花”に例えて、「バラのようにたくさんのコンセプトを持っていますが、今回はそのうち2つのキーワードをご紹介します」と説明した。

▲ディレクターの鳥山求氏

 まず1つめのキーワードは、「LIGHTNING RETURNS」(ライトニング リターンズ)というもの。『ファイナルファンタジー XIII』で主人公を務めた「ライトニング」が、本作では再び主人公として復活することを明らかにした。
 鳥山氏は、本作におけるライトニングのキャラクタデザインを野村哲也氏にオーダーする際に、「過去2作を超える、“さらに強いライトニング”にしてほしい」と説明したそうだ。

▲過去シリーズにおけるライトニングのデザインについても、あらためて説明が行われていた

 2つめのキーワードは、「WOELD DRIVEN」(ワールド ドリブン)。「プレイヤーのゲーム体験が、世界を取り巻く環境が変化することによって変わり、世界の動きの中で自ら物語を作っていける」と説明した。

▲鳥山氏は、地球儀ならぬ“コクーン儀”を手にとって、この「WOELD DRIVEN」というコンセプトを説明していった

 本作の舞台となるのは、4つの大陸で構成される新たな世界。一見すると穏やかな世界だが、残り13日で“終わり”を迎えるという。ちなみに、ゲーム中には砂漠のオアシスにある集落などが登場。そこに息づく人々の暮らしを徹底的に作りこんでいるとのこと。
 鳥山氏は、「どのように残りの人生を生きていくのかという、哲学を感じ取れるようなコンセプト。それがWOELD DRIVENです」ともコメントしている。

▲舞台となる世界を描いたイメージイラスト ▲砂漠のオアシスにある集落のイメージイラスト

 また、「WOELD DRIVEN」には、現実世界と『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』における世界が繋がる、という意味も隠されているという。その方法として、「Facebook」を通じて他のプレイヤーと繋がることができる機能が用意されることも言及された。

●ゲームデザインについて
 本作のゲームデザインに関しては、メインプログラマーの浜口直樹氏がプレゼンを行った。
 本作を開発する上で最初に考えられたのは、「我々が用意した世界を、プレイヤーに自由に触れてもらう」というものだった。具体的には、「ゲーム内の世界のルール」、「人々の生活」、「時間で変化していくフィールド」といった要素を自由にできるということ。物語の順序や結果がプレイ方法によって変化し、刻々と環境が変化していく…そんな作品を目指して開発がスタートしたそうだ。

▲メインプログラマーの浜口直樹氏が、ゲームデザインにまつわる説明を進めていった

 それを実現するための方法を模索していたところ、ゲームデザインディレクターの阿部雄仁氏が、アメリカの科学雑誌に掲載された「世界終末時計」に強く興味を覚えたそうだ。

 「世界終末時計」とは、核戦争などによって人類が滅亡を迎える時間を午前0時とし、終末までの残り時間を象徴する時計のこと。人類滅亡の危険性が高まれば午前0時(=終末)に向かって分針が進められ、反対に滅亡の危険が下がれば分針が元に戻される…というものである。

 開発スタッフたちはこの「世界終末時計」の理論を、『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』におけるゲームルールとして採用することを決定した。
 残された世界の“余命”を意識しながら冒険を進め、モンスターを倒せば終末までの時間が巻き戻ったりする。ライトニングが“奇跡”を起こす代償として、終末までの時間が減ってしまう…といったデザインが盛り込まれているそうだ。

▲「世界終末時計」をイメージして作られたオブジェを使って、ゲームルール構築の経緯が詳しく語られた

 続いて行われたのは、世界の変化についての説明。ゲーム中には昼夜の変化が存在している。例えば昼間の場合、街の住人たちがショッピングを楽しんだり、ランチを食べたりしており、モンスターは身を潜めているため遭遇しにくくなる。夜になると酒場などが営業をはじめ、モンスターたちは活発化するそうだ。


 ちなみに、時間帯によってシャッターが閉まったりして、いける場所に変化が生じることも、仕様書の一部を用いて説明が行われた。
 交通手段については、大陸どうしを繋ぐ「モノレール」が登場。モノレールの運行状況も時間帯によって変化するようで、夜は本数が少なくなったり、運行しなくなったりすることがある。

 刻々と変化していく世界の中で、限られた“余命”をどのようにコントロールしていくことが、本作において重要な要素となるそうだ。


 主人公であるライトニングのカスタマイズ要素についても説明が行われた。『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』では、ライトニングが様々な衣装を身にまとうことになる。「まだ開発中の段階ですが、10や20といった規模ではなく、もっと多くの衣装を用意していきたい」と、浜口氏は語っている。
 衣装をチェンジすれば見た目が変わるだけでなく、パラメータや使用できるアビリティも変化する予定だそうだ。

▲過去2作品の衣装を説明しつつ、新衣装についての説明が行われた。果たしてどのようなデザインとなるのだろうか…?

 さらに武器もカスタマイズ可能。これまでのシリーズには登場しなかった大きな武器も装備できるそうで、「大きさや形状が異なる、多種多様な武器を用意します」とのことである。

 バトルシーンでは、衣装や武器を瞬時に切り替えながら戦っていくそうだ。「アクションゲームとまではいかないまでも、各ボタンに対応するレスポンスを大きく意識している」とのこと。いずれにせよ、過去2作品と比べて、さらにアクション性が高まることが伺える。

▲右のような、これまでのシリーズのものよりも巨大な武器が登場する予定とのこと

●世界観コンセプトについて
 アートディレクターの上国料勇氏からは、『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』における世界観のコンセプトが説明された。
 ゲームの舞台となる世界の名前は「ノウス=パルトゥス」。カオスの海に浮かぶ島々で構成されており、海の端は奈落に向かって落ちていっているという幻想的名世界だ。緑豊かな丘陵地帯、砂漠の遺跡、美しい神殿などがあり、はるか遠くにはリングを纏った「ネオ・コクーン」の姿も見受けられる。

▲アートディレクターの上国料勇氏 ▲「ノウス=パルトゥス」のイメージイラスト

 今回特に説明が行われたのは、「ノウス=パルトゥス」における最大の都市である「光都 ルクセリオ」。ゴシック調をベースに、メカニカルなデザインを融合したファンタジックな都市だ。
 光と闇の象徴である黒白の格子模様が印象的で、絵画が屋外に飾られていたり、旅行カバンが放置されていたり…と、どこか現実離れした、異様な雰囲気が醸し出されている。

▲「光都 ルクセリオ」のイメージイラスト

 建築物については、多数のアートスタッフを投入して制作。ゴシックでありつつメカニカルな世界観を再現し、ところによっては現代建築をベースにしたものもあるそうだ。廃材を利用して作られたスラムもあるらしい。
 椅子や電話といったオブジェについては、レトロで懐かしいものを作成し、様々なオブジェを1つずつ吟味して制作しているそうだ。
 ちなみに街の上は、島々を繋ぐモノレールが走っている。


 また、白と黒をベースにして、怪しい仮面をつけ、背中に機械のようなものを背負っている…という、「光都 ルクセリオ」の住人に関するコンセプトアートも公開。サイバーテイストの、盗賊風の人物のアートも披露されている。


 カオスから生まれたモンスターにいたっては、巨大なオノを装備したものや、恐ろしい顔をした猿のようなもの、鎧を身にまとったスケルトンなどのアートが公開された。


 上国料氏は、「見たこともないような魅力的な世界を、ライトニングが所狭しと活躍していく姿を見るのが、僕自身も非常に楽しみにしています」と語っている。


 上国料氏は最後に、『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』の世界観を元に描いた油絵を披露し、客席からは歓声があがっていた。ちなみにこの絵は、披露される前日まで作成されていたらしい。


●ライトニング役・坂本真綾さんからのビデオメッセージ
 プレゼンテーションの最後には、「ライトニング」のキャラクタボイスを演じている、声優・坂本真綾さんからのビデオメッセージが放映された。
 坂本さんはライトニングについて、「見た目は勇ましくて口調も厳しいですが、若い女性なので、内面の女っぽさや、大人になりきれない部分もあると収録時に言われ、強くなり過ぎないように気をつけていました」とコメント。
 さらに、「『ファイナルファンタジー』シリーズの主人公を演じれるのはすごいことなので、やらせてもらえて本当によかった。『ファイナルファンタジー XIII-2』もあって、長く演じさせていただき、すごく体に馴染んできています」ともコメントしていた。

▲坂本真綾さんからのビデオメッセー


■■“α版”を限定披露!アクション性が高まったバトルシーンも…

 プレゼンテーション終了後、会場では“サプライズ”として、まだ開発段階である『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』の“α版”が、会場に集まったファン限定で披露された。
 残念ながらこの部分は撮影禁止だったので、α版の画面などをお見せすることはできないが、どのようなデモンストレーションが行われたのかを、テキストで詳しくお届けしよう。
 なお、開発段階のものなので、内容が変更となる可能性があることをあらかじめご了承願いたい。

▲北瀬氏、鳥山氏、浜口氏が再びステージに登場して、『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』の“α版”のプレイムービー&実機デモを披露した

●最初に披露されたプレイシーン
 まず最初に披露されたのは、α版のプレイシーンを収めた映像。グラフィックがまだ仮の状態(完成の30%未満とのこと)で、キャラクタボイスも開発スタッフによる仮のボイスが入った状態のものだ。
 映像内では、主人公の「ライトニング」を操作して街の中を移動していく様子が見られた。画面下部にはタイマー表示がなされており、“世界が終わる”までのタイムリミットが常に表示されているようだ。

 ライトニングは、梯子を登ったり、ジャンプしたりしながら街の中を駆け回る。どうやら、街中で発生した“殺人事件”を調査している様子だ。なお、前作『ファイナルファンタジーXIII-2』以上に、マップに高低差がある造りになっているのが見受けられた。

 さらに場面は切り替わり、殺人事件の犯行グループを、ライトニングが尾行するシーンも登場。物陰に隠れながら、犯人たちに見つからないように“スニーキング”する…そんなシーンも登場するようだ。

●実機を使ったデモプレイ
 続けては、PS3の実機を使った、α版のデモプレイ。まずはメニュー画面を開いて、ライトニングをカスタマイズする様子が披露されたのだが、武器や盾、ウェア(衣装)などを変えられるらしく、衣装を変えれば実際にライトニングの見た目にも変化があった。PS3版の場合、○、×、□、△の各ボタンにアビリティをコスチュームごとに割り振ることができるようである。

 続いて、ベヒーモスの「アバンダ」というモンスターを相手に戦闘シーンに突入。バトルフィールドに移動し、アバンダとライトニングの一騎打ちとなった。ちなみにフィールド上であらかじめ敵シンボルに攻撃することで、有利な状態でバトルをはじめられる。

 ライトニングは、バトルフィールド内を、敵を中心として自由に動き回ることが可能であり、敵の攻撃を避ける回避のようなアクションも使用できる。
 各ボタンに割り振られたアビリティを駆使しながら戦っていくのだが、アビリティを使うたびにATBゲージが減っていくので、多様はできないらしい。ちなみにゲージは時間経過とともに回復していくようである。
 また、バトル中は“瞬時”にコスチュームを切り替えられるので、使用するアビリティを状況に応じて変更することが可能である。

 本作のバトルはライトニング単体を操作する形式となっている。ベヒーモスのような巨大な敵の場合は、前作にもあった「ブレイク」システムのようなものが複数存在し、あらたに「ノックダウン」という状態や、「オーバーククロック」という状態にまで追い込める。「オーバーククロック」では、時間の流れを止め、敵を攻撃しまくる姿も確認できた。

 最後に北瀬氏は、「よりパワーアップした状態を早く皆さんに体験していただけるように、開発者一同、これから頑張っていきます」とコメントし、ステージイベントを締めくくっている。


◆『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』
(ライトニング リターンズ ファイナルファンタジー サーティーン)
ハード:プレイステーション3/Xbox 360
ジャンル:未定
メーカー:スクウェア・エニックス
発売予定日:2013年
価格:未定
CERO:審査予定

『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』Facebook公式ページ

◆「FINAL FANTASY展」 開催概要
[開催日程]
 2012年8月31日(金):先行公開日
 2012年9月1日(土):一般公開日
 2012年9月2日(日):一般公開日
[開催会場]
「渋谷ヒカリエ」
(東京都渋谷区渋谷2-21-1)
[入場料]
無料

「FINAL FANTASY展」詳細ページ
『FINAL FANTASY』25周年記念 公式サイト
「渋谷ヒカリエ」公式サイト

★「FINAL FANTASY展」関連記事
[イベントレポート]
天野喜孝先生も登場!「FINAL FANTASY展」オープニングセレモニー開催
[ニュース]
『FF』歴代ソフトや限定グッズ満載の『ANNIVERSARY ULTIMATE BOX』販売
『FF』シリーズ生誕25周年を記念した「FINAL FANTASY展」の詳細が決定
「FINAL FANTASY展」開催決定!貴重な開発資料や天野喜孝氏の原画展示も
『ファイナルファンタジー』シリーズ生誕25周年記念サイトがオープン

■ゲームニュース 最新情報
PS3、Xbox 360、Wii、3DS、PS Vita…家庭用ゲームニュース
PC、ブラウザ、MMORPG…オンラインゲームニュース
Mobage、GREE、iPhone、Android…アプリ・モバイルゲームニュース
アーケードゲームニュース
CD、グッズ、イベント、アニメ…その他ニュース

■関連コンテンツ
[ジーパラ特集]
『LIGHTNING RETURNS FF XIII』に込めた想いは?北瀬氏&鳥山氏に直撃
『LIGHTNING RETURNS:FF XIII』バトル体験!「すげぇATBシステム」!?
『LIGHTNING RETURNS:FF XIII』を開発者がプレゼン!α版の実機デモも

[プレスリリース]
『ライトニングリターンズ FF XIII』DLC第2弾!『FFX-2』ユウナ衣装など
『ライトニングリターンズ FF XIII』無料体験版を配信!DLCの情報も…
『LIGHTNING RETURNS:FF XIII』命を落とした「セラ」や「シド」の姿も…
『LIGHTNING RETURNS:FF XIII』発売直前!バトルシステムなど総復習!!
『LIGHTNING RETURNS:FF XIII』ファングは砂漠の盗賊団の首領に!

■関連リンク
『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』公式サイト
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントレポートの最新記事

■『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』 (PS3)
 (C)2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA


最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像