ゲーム感覚でスケジュールを立てるPS Vitaアプリ『勇者のきろく』リリース

 
ニュース  

ゲーム感覚でスケジュールを立てるPS Vitaアプリ『勇者のきろく』リリース

2012.04.19
PlayStation Store

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ソニー・コンピュータエンタテインメントは2012年4月19日(木)、PlayStation Vita(PS Vita)専用アプリケーション『勇者のきろく』『めざまし同盟』『ペイントパーク』の配信を、PlayStation Store(PS Store)より開始した。
 これらのPS Vita専用アプリケーションは、PS Storeから直接PS Vitaに無料でダウンロードでき利用できる。

 今回配信されたのは、ゲーム機の通信機能などを活用した、個人スケジュールの管理やアラーム、写真の加工などが手軽にできるPS Vita用のアプリとなる。
 意見ただの便利アプリに思われるかもしれないが、PS Vita専用アプリということで各アプリごとにちょっとしたゲーム性が盛り込まれている。

 『勇者のきろく』は、普段の生活の中でメモりたいことやダイエットなど続けて実行したい事柄を、他のプレイヤーと共有しながらゲーム感覚で管理できるスケジュール管理アプリ。
 自分の予定を「ケイカク」としてスケジュールに登録し、その「ケイカク」を達成することで魔物を生成する為のポイントを貯めていくことができる。
 また、PS Vitaの通信機能と位置情報機能を利用して、作成した「ケイカク」を地図上に公開し他のユーザーと共有・取得するなどが可能。各都道府県ごとで人気のある「ケイカク」を調べられるなど遊び感覚あふれたアプリケーションになっている。




 『めざまし同盟』はアラーム機能。
 もちろん、ゲーム性が盛り込まれており、通信機能と連動した“同盟アラーム”と呼ばれる機能が提供される。
 “同盟アラーム”は、同時刻にアラーム設定をしている他ユーザーと、最大12名の“同盟”を結成し、ネットワークを通じて互いに応援し合って起きることができるアラーム機能となる。
 "同盟アラーム"の起床実績は履歴画面で確認することができるほか、条件を満たせばトロフィーを獲得することも可能。一風変わったゲーム性がこのアプリの特徴だ。




 最後に紹介する『ペイントパーク』は、アドホック通信機能を用いた最大6台のPS Vitaの間でやり取りできる“お絵描き”アプリケーション。
 描いた絵や写真、ゲームのスクリーンショットを共有、その絵に描き足せるほか、これらのデータをチャット形式で交換することができる。
 このほか、このアプリの“コンテストモード”では、ランダムに出題される題目を参加プレイヤー間で競って遊ぶといったミニゲームが用意されている。




◆『勇者のきろく』
ハード:PlayStation Vita
ジャンル:ライフ・マネジメントアプリ
配信開始日:2012年4月19日(木)
価格:無料

◆『めざまし同盟』
ハード:PlayStation Vita
ジャンル:みんなとつながるアラームアプリ
配信開始日:2012年4月19日(木)
価格:無料

◆『ペイントパーク』
ハード:PlayStation Vita
ジャンル:お絵描きコミュニケーション
配信開始日:2012年4月19日(木)
価格:無料


(C)2012 Sony Computer Entertainment Inc.

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のニュース

世界の紛争が描かれた『メダル オブ オナー』シリーズ新作は2012年秋 『RO』ワールド統合実施!最大12キャラクタまで使用可能に

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像