『RO』「10周年プロジェクト発表会」ユーザーからの質疑応答を全て掲載

 
イベントレポート  

『RO』「10周年プロジェクト発表会」ユーザーからの質疑応答を全て掲載

2012.03.12
『ラグナロクオンライン』関連情報
『ラグナロクオンライン』公式サイト

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは2012年3月10日(土)、秋葉原UDXシアターにてMMORPG『ラグナロクオンライン』のオフラインイベント「10周年プロジェクト発表会」を開催した。

 本イベントでは、10周年を迎える『ラグナロクオンライン』の10年間の歩みが語られ、今後の展望について発表された。
 今回発表されたアップデート内容や企画については、すでにこちらのインタビューで詳細をお伝えしているとおり。本稿では当日の会場の雰囲気と、ユーザーとの質疑応答コーナーをお伝えしていきたい。

■■「この先10年、20年と楽しんでもらう」ためのプロジェクト

 今回実施された「10周年プロジェクト発表会」は、当日の午前9時に整理券が発行されたが、悪天候にも関わらず整理券発行直後に120名以上の参加希望者が集まったという。実際の会場内の空気感からも、多くのユーザーの期待がひしひしと伝わってきた。

▲会場には多くのユーザーが詰めかけていた
 
 まずは、同社の執行役員ゲーム事業部オンライン本部長の飯野平氏の司会進行でスタートし、取締役常務執行役員オンライン本部上席本部長の越知政人氏の挨拶が行われた。越知氏の「これからさらに、10年、20年と『ラグナロクオンライン』を楽しんでもらいたい』という言葉からは、本作にかける熱い想いを感じることができた。

▲司会進行を務めた飯野平氏 ▲開会の挨拶を行う越知政人氏
 
 続いて、第1パブリッシング部第1企画課課長代理の千葉亮一氏と、第1企画課主任の中村聡伸氏という、『ラグナロクオンライン』ユーザーにはおなじみのコンビによって10周年記念プロジェクトが和やかに発表されていった。両氏によると、10周年ということもあり、ゲーム内だけでなく、様々な場所でイベントを行っていきたいとのこと。なお、当日発表された内容をまとめると以下のとおりとなる。これらの詳細な内容については、こちらのインタビューを参照してほしい。ちなみに飯野氏によると、この「10周年プロジェクト発表会」は2月中旬に立案され、急ピッチで実現にまでこぎつけたのだという。また、今回発表した内容以外にも、「コスプレイヤーを集めたり、イラストの展示会、ライブなども行っていきたい」と語っていた。

●『ラグナロクオンライン』公式デコレーションカー「ポリンカー」の制作
●ワールド対抗戦開催
●10周年記念豪華イラストシリーズの展開
●「pixiv」とのコラボレーションによるイラストコンテストの開催
●10周年記念アンソロジーコミック発行
●10周年メモリアルブックの発行
●トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」とのコラボレーション
●ワールド統合の実施
●3月アップデート情報

▲(左より)10周年プロジェクトを解説する中村聡伸氏と千葉亮一氏 ▲飯野氏はワールド統合について「皆様の前で発表したいと思った」と語る
 
 やはりこの中で最も重要な話題として語られれいたのがワールド統合。飯野氏が「このことは実際に皆様の前で発表したいと思った」と真摯に語り、笑いを交えて語られていたこれまでの空気が一変して、ある種の緊張感が会場に漂っていたのが非常に印象的だった。千葉氏と中村氏によって統合に関する詳細が次々と説明される中、特にユーザーの反応が大きかったのが4月中旬の統合時期の発表とキャラクタースロットについて。統合時期が発表された際には、「おおお」というどよめきが周囲のあちこちから聞こえ、対照的に「キャラクタースロットが12枠になります!」との発表の際には、会場は大きな笑いに包まれていた。様々な新機軸により、大きな変革を迎える『ラグナロクオンライン』だが、飯野氏は「頭の中で考えていることの半部以下」と語る。秋口にはまた企画を発表したいとのことなので期待して待ちたい。

 
 続いて第1パブリッシング部第1企画課の長澤誠吾氏と、満田健太郎氏により、第2回プランナーマル秘情報として3月実装予定のアップデート情報も発表された。「イズルード海底都市」に続くthe adventure of deep sea第2弾となる「マラン島」についてなど、発表されたアップデート情報は以下のとおりだ。

▲(左より)プランナーマル秘情報を発表した満田健太郎氏と長澤誠吾氏
●「イズルード海底都市」の新アイテム「蛇蝎大全集[2]」、「オンディーヌの槍[3]」実装
●新装備シリーズ実装
●スロットエンチャント5th実装
●3月27日「マラン島」実装

▲新アイテム「蛇蝎大全集[2]」 ▲スロットエンチャント品を使えば、合成成功確率が高くなるとのこと
▲新アイテム「オンディーヌの槍[3]」 ▲「イズルード海底都市」で入手できるアイテムで装備が作成可能
▲スロットエンチャント5th ▲12種類のアイテムがスロットエンチャント5thの対象に
▲公認ネットカフェで、スロットエンチャントが1週間の先行体験。しかも手数料は半額。 ▲3月27日に実装を予定する「マラン島」
 
 この他、オンライン本部第1パブリッシング部制作課課長の廣瀬高志氏により、『ラグナロクオンライン ギルドマスターズ』の今後の予定が発表された。ラストダンジョンの開発中モンスターをイメージで解説しつつ、『ラグナロクオンライン』にもラストダンジョンの要素を入れていきたいと語っていた。さらには“MAP”兵器の存在を公開し、広範囲にダメージ与えられることと、発動条件としてストーリークエストが関係してくることを明らかにしている

▲『ラグナロクオンライン ギルドマスターズ』について説明する廣瀬高志氏
 
 ここで一旦本編は終了し、挙手制によるユーザーとの質疑応答へと移行していった。やはり今回の発表に対しての反響は大きく、多くのユーザーから質問が寄せられていた。越知氏の「10年、20年と楽しんでもらいたい」という言葉や、飯野氏の「もっとやりたいことがある」という言葉からは、今後も『ラグナロクオンライン』を進化させていこうという意気込みが感じられた。今後どのような形で本作が進化していくかを楽しみにしたい。

 最後に、ユーザーとの質疑応答の内容を実際の会場の空気に近い形で紹介しよう。本来、質疑応答の内容はサーバー統合に関するものだけの予定だったが、それ以外の質問も寄せられていた。
 当初1時間で予定されていた「10周年プロジェクト発表会」だが、約1時間近く延長。それだけ今回の発表が、ガンホー側だけでなく、プレイヤー側にとっても大きな変化となる大きな内容だったということだ。
 会場に集まったプレイヤーの真剣なまなざしが非常に印象に残るイベントだった。


■■サーバー統合の話を中心に、その他の質問も寄せられた質疑応答

【質問1】
★ユーザー
 モバイルショップってスマホではいつ使えるんですか?

★飯野氏
 もう少々お待ちください。年内には何とかしていきたいと思っております。

【質問2】
★ユーザー
 ステータス再振りアイテムと騎乗システムを販売開始ということですが、これは課金アイテムですか?それともゲーム内マネーで買えるということですか?

★中村氏
 両方ショップポイントでご購入いただく形となります。あと、ガンホーモバイルショップでもご購入いただける形にいたします。元々韓国でも騎乗に関しては、期間限定レンタルと永久販売ものになってますが、日本に関してはレンタルはなく、永久販売ものの販売のみにしようと思ってます。

【質問3】
★ユーザー
 先ほどワールド統合の話があったと思いますが、私は両方ともギルドを持ってまして、カートの所持量などもう少し増やすなど、そういったオプション的なものは考えてないでしょうか?

★千葉氏
 先ほどの説明にように、600個の倉庫を2つつけることは、移行期間を前提で実現させることはできます。カートのアイテムやインベントリの容量に関しては、開発元のグラヴィティと話しをしておりますが、こちらに関しては事実上難しいということです。1キャラクタが持てる情報量、メモリ量が割と限界にあることがあって、こちらに関しては、大きな課題になる部分だと思っています。現状、倉庫に関しては実現できそうですので、まずは優先的にやらせていただいていますので、ご不便をおかけしますが、ご了承いただけると幸いです。

【質問4】
★ユーザー
 ワールド統合するとのことですが、ブラックスミスやアルケミスト等の製薬、製作ポイントのほうも規制されるということで、現在ブラックスミスのランカー機能、星のかけらが機能してない点の改善はされるのでしょうか?

★千葉氏
 スキルのバランス調整等行った際に、たしかに課題点として上がった部分ではあります。星のかけらのいわゆる必中効果につきましては、進捗の方はお見せできる段階ではないですが、現時点で統合のタイミングで何かしらの調整は予定しておりません。問題が発生している状態であるという点に関しては把握しておりますので、今後の課題として引き続き受け止めていきます。

【質問5】
★ユーザー
 先ほど製造と製薬についてリセットというお話がありましたが、現在のトップランカーたちに関しては、多大な時間とお金を使ってると思うんですが、保障というのはお考えでしょうか?

★千葉氏
 現在ランキングに入っている方の補填に関しては、現在のところ考えてはおりません。こちらに関しては完全に新しいワールドで、1からランキングも含めてワールドの環境を作っていただくのが、運営チームとしては最も公平な点だろ考えております。

【質問6】
★ユーザー
 騎乗システムは課金ということですが、金額は決まっているのでしょうか?また神器クエストは、初期からというのは作成からということでしょうか?

★中村氏
 騎乗システムに関しては価格はすでに決定しています。ただ3月14日の火曜日までお答えできないので、申し訳ないですがそれまでお待ちいただきたいと思います。

★千葉氏
 神器のクエストについては、実装直後の状態になります。ただし、あくまでも進行状況についてですので、キャラクタに紐づいている点は変わりません。進行状況に関してのみ、実装直後の状態になるとお考えください。

【質問7】
★ユーザー
 最近、サーバーとの接続が急に途切れてしまったり、急に画面が止まってしまうという話を、私含めて周囲でよく聞きますが、こちらから見てサーバーが不安定な状態でサーバーの統合を進められてますが、統合によって状況がひどくなる、または改善されるなど見通しはどのように考えてますか?

★千葉氏
 サーバーとの接続がキャンセルされてしまうという問題は、様々な原因があるので、一慨に何かに原因があると現在のところは言えません。ワールド統合によって、少なくとも現在の環境よりも、同時接続者数が1ワールドに対して増えるということは事実です。それに対してユーザーの皆様に見えるものではないですが、サーバーの機器側の調整作業も同時に行います。ちょっと内部的なシステム上の話になるので、詳細はお話しできませんが、わかりやすい例でいうと、機器側のメモリを増強したりという、バックボーン側の調整の方は同時に行います。ですので、ゲーム側のプログラムの動作改善などを可能な限り行い、ゲームの環境の改善を同時に行う予定です。もちろんそれによって劇的にどこかの部分が数字のように見える形で改善されるかを現実的にご案内することは難しいですが、そこは同時に作業の方を行いますので、ラグの状況等は統合後も引き続き監視の方をして、問題があった場合は対処させていただきます。

★中村氏
 サーバーを置いてるデータセンターの方でメンテナンスがあった時に、一時的に繋がりにくくなってしまうことが過去にも何回かあったんですけども、その時にご案内ができてなかった部分もございます。ですので、そういったことが発生するのがわかっている状況の時は、ユーザーの皆様にお伝えする体制を取っていきたいと思っています。

【質問8】
★ユーザー
 サーバー統合ということで、私が属しているのは古参サーバーなのですが、サーバーごとにおける人口率があって、狩場争いが起きてます。今の話ですと、全てのサーバーが一つに対して一個なんですけども、例えば1つのサーバーに対して1チャンネル2チャンネルといったシステムは考えてないでしょうか?

★千葉氏
 他のゲームでもあるようなチャンネル制のような形で、同一のデータで様々なワールドに接続できるものですね。正直なところ、チャンネル制といったシステムというのは、良いシステムだと思っている面もあり、実現の可能性を探っていましたが、(『RO』のシステム自体が)昔からあるシステムなので、チャンネル制はどうしても実現できないというところはやや結論として出ており、統合という手段を取らせていただきました。決してチャンネル制というシステムを考えていなかったわけでなく、検討はしております。ですので、開発元が同じ他のタイトルでは導入されてたりしますが、現在の『ラグナロクオンライン』のシステム上実現が難しいです。

【質問9】
★ユーザー
 ワールド対抗GvG(ワールド対抗戦)ですが、ニコニコ生放送で流すと戦況が相手方に全部ばれてしまいます。例えばクローキングでエンンペリウムを攻撃にいっても、相手にばれてすぐ対処されてしまうことがありましたが、それに関してはいかがお考えですか?

★中村氏
 ワールド対抗戦生放送、我々も初の試みということで、どのように様々な方に見せていきたいか、見せていけばいいかを、半ば模索の状態で行わせていただきました。中にはカメラマンのキャラクタ自体が状態異常にかかってしまったり、作戦上秘密のシーンを映してしまったりということが何回かあったと思います。そこは全て反省点として、次の放送をするときに、よりエキサイティングに、そしてユーザーさんの作戦の阻害をしないような見せ方でご提供したいと考えております。未熟者で申し訳ないですが、温かく見守っていただきつつ、ワールド対抗戦の中継も楽しんでいただきたいです。逆にカメラご利用いただいてもいいかなと思っておりますので、その点も楽しんでいただけたらと思います。

★千葉氏
 あくまでも例ですが、ワールドのシーンを切り替えた時に、もうその場所が戦場でなかったりなど、前回の実況で課題というのは見えております。たとえば定点カメラのようなもので、ここで映してますということを事前にご案内させていただいたり、それを逆に利用していただくなど、様々な手法が考えられると思いますので、こちらに関しては5月に予定している次のファーストシーズンに関しては、改善点は全て改善した形で実施させていただこうと思っています。
▲ユーザーの質問に答える中村氏と千葉氏
▲(前列左より)中村聡伸氏、廣瀬高志氏、満田健太郎氏 (後列左より)千葉亮一氏、越知政人氏、飯野平氏、長澤誠吾氏

■関連コンテンツ
[ジーパラ特集]
【RO定点観測130】覚醒アップデート&モンスターハウスへ参戦!
【RO定点観測129】より直感的に変化したコスチュームミッション!?
【RO定点観測128】“覚醒”UPDユーザーレポーター体験会に潜入!
BaseLv165解放、新スキルや精霊、ホムSも!『RO』覚醒アップデート詳細
【RO定点観測127】ひなだんで“メモダン”な1週限定ぷちイベント

[新作紹介]
街が完全崩壊…!? 『RO』魔王モロクアップデート直前レポート
忍者&ガンスリンガー詳細判明!『RO』フィゲルアップデートレポ

[プレスリリース]
『RO』モンスターの力を宿す「カード」に新種が登場!新「コスたま」も
『ラグナロクオンライン』ぷちイベント「春来たる!荒ぶる天使!!」開催
『ラグナロクオンライン』破損しない盾が登場!「ラグ缶2014 April」
『ラグナロクオンライン』超大型アップデート「覚醒」を実施!
『RO』超大型アップデート「覚醒」の内容を特設サイトでチェック!

■関連リンク
『ラグナロクオンライン』公式サイト
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントレポートの最新記事

■『ラグナロクオンライン』 (PC)
 (c) Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
(c) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.


最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像