『うみねこ散』「うみねこパック」や限定版など詳細情報が到着!

 
ニュース  

『うみねこ散』「うみねこパック」や限定版など詳細情報が到着!

2011.09.08
『うみねこのなく頃に散 ~真実と幻想の夜想曲~』関連情報
『うみねこのなく頃に散 ~真実と幻想の夜想曲~』公式サイト

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アルケミストは2011年9月8日(木)、同社がPS3用ソフトとして12月15日(木)に発売予定の『うみねこのなく頃に散』の最新情報を公開した。

 『うみねこのなく頃に散 ~真実と幻想の夜想曲~』は、2010年12月に発売されたPS3用ソフト『うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~』の続編。『ひぐらしのなく頃に』などでおなじみの竜騎士07氏が贈る連続殺人幻想ノベルだ。本作品には原作エピソードの05~08を収録しており、完結編となっている。

 前作『うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~』(エピソード1~4)の続きとなる、原作PC版のエピソード5~8を収録。フルボイス仕様で、画像も1920×1080のフルHD、セリフに合わせた口パクなど読み手を飽きさせない工夫も盛り込まれている。『うみねこのなく頃に』の世界を忠実に具現化した背景グラフィックス、演出を担うイベント・カットイングラフィックなど、見どころは満載だ。

 また、BGMは原作BGMをそのまま収録。主題歌は志倉千代丸氏のプロデュースの『イナンナの見た夢』(作詞/作曲:志倉千代丸 編曲:悠木真一 歌:Zwei)となっている。

 なお、同時発売される限定版にはA4判100ページ以上にもおよぶ大ボリュームのビジュアルブックがついてくる。ゲーム中のグラフィック、キャラクタ設定、描き下ろしイラストなど多数収録される予定だ。また、前作をまだプレイしていないという人には、前作『うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~』と本作品(通常版)がセットになった「うみねこセット」も発売される。個別に購入するよりお得になっている。ちなみに、本作品を予約すると特典としてミニバルーンがもらえる予定となっている。

【収録エピソード】
●Episode5 End of the golden witch

 六軒島で起きたとされる、右代宮一族の連続怪奇殺人事件。4つのエピソードを経て勝利を手にしたはずの右代宮戦人だったが、なぜその事件が引き起こされたのか、という肝心の謎はいまだ解明されないままだった。戦いに敗れたことで、自我を失い抜け殻のようになった魔女ベアトリーチェ。そんな彼女と向き合いながら、戦人はこれまでの惨劇がなぜ引き起こされてきたのか、その理由と意思の存在を探り出そうとしていた。

 そして、新たな推理幻想によって構築された六軒島を訪れる一人の少女、古戸ヱリカ。彼女は戦人に代わり、次々と魔女の謎に挑んでいく。

●Episode6 Dawn of the golden witch

 古戸ヱリカとの推理勝負の中、右代宮戦人はついに魔女ベアトリーチェの真意に気づいて六軒島で起きた事件の謎の正体を解き明かした。そしてそれを証明するため、自らが創りだした推理幻想に物語を集結させ、ベアトリーチェを永遠の眠りへつかせようとする。
 しかし、第5のゲームで屈辱的な思いをさせられたヱリカは、その恨みを晴らすべく戦人の物語をロジックエラーとして破綻させようと策略を巡らせる。その罠にはまった彼は、逆に虚構の牢獄へと閉じ込められてしまった。
 その一方、惨劇が起きた後の世界で謎の解明に挑む右代宮縁寿は、その旅の途上で意外な人物と出会う。それは、六軒島の真相に至ったと豪語する者だった。


●Episode7 Requiem of the golden witch

 推理幻想の勝負でヱリカを討ち果たし、物語を完結させることでベアトリーチェを永遠の眠りへとつかせた右代宮戦人は、自らが到達した真実について何も語ることなく何処かへと去っていく。

 そして、いつもとはどこか違う10月4日の六軒島に一人の男が召喚された。彼の名は、ウィラード・H・ライト。天界大法院の異端審問官であるライトは、魔女に指名された助手と共に真相究明に乗り出す。そして彼らは、右代宮家が今日の繁栄を築くに至った過去の出来事にたどり着く。全ては右代宮金蔵が、ベアトリーチェと出会ったことから始まった……。


●Episode8 Twilight of the golden witch

 右代宮縁寿はゲームマスターである戦人に12年前の「あの日」に招かれ、ついに兄との再会を果たす。しかし、その幸せで笑顔に満ちた親族たちの光景に納得がいかず、更なる真実を求める。

「……だったら、縁寿。お前はどんな真実なら納得ができるんだ?」
 優しくも厳しい言葉で縁寿に問いかける戦人。真実はその場にいて、その目で見たものにしか分からない。そしてそれは、必ずしも望み通りの内容とは限らない……。

 戦人から真実への鍵を託された彼女が選ぶのは真実への扉か、それとも……?

【登場キャラクタ】
▲古戸ヱリカ ▲バトラ<CV:小野大輔>
▲ベルンカステル<CV:田村ゆかり> ▲ラムダデルタ<CV:大浦冬華>

【原作・竜騎士07氏のコメント】
 コンシューマーの皆さん、こんにちは。竜騎士07です。
『うみねこのなく頃に』の後編、『うみねこのなく頃に散』をお届けします。

 戦人とベアトのミステリーとファンタジーを戦わせる物語は、いよいよこの『散』にて完結いたします。
長きにわたる戦いと探求の物語の結末を、どうかお見届けいただければ幸いです。

 『うみねこのなく頃に散』には、『うみねこのなく頃に』をはるかに超えるトリックの事件が待ち受け、未だに屈服しない貴方を、今度こそ打ち砕こうと待ち構えています。

 その一方で、これまでの事件の大きなヒントや、核心に踏み込むような重要情報がたくさん詰まっています。
それらは、この魔法と幻想で覆い隠そうとする奇怪な事件とトリックの数々に挑もうとする皆さんにとって、大きな手助けとなるでしょう。

 さて、誤解しないでいただきたいのは、この『散』には全てのトリックの答えがわかるような単純な答えは記されていないという点です。

 『散』にはたくさんのヒントと重要な手掛りが隠されています。しかし物語は最後まで、あなたの推理する余地を奪いはしません。

 ファンタジーとミステリーの融合した、この複雑奇怪なる魔女幻想に、自らの知力だけで推理に挑む、そんな方にだけ挑んで頂きたい、無数のヒントと手掛り、そして新たなる挑戦。それが『散』なのです。

 ようこそ、『うみねこのなく頃に散』の世界へ。
 魔女幻想と密室推理。最後の知的ゲームを始めましょう。

◆『うみねこのなく頃に散 ~真実と幻想の夜想曲~』
ハード:プレイステーション3
ジャンル:連続殺人幻想ノベル
メーカー:アルケミスト
発売予定時期:2011年12月15日(木)
価格:
<通常版>8,379円(税込)
<限定版>10,479円(税込)
<うみねこセット>10,290円(税込)
プレイ人数:1人
CERO審査:審査予定


■関連コンテンツ
[プレスリリース]
『うみねこのなく頃に散』EP5~8までを凝縮!紹介ムービーを公開
PS3『うみねこのなく頃に散』限定版公開&カスタムテーマ連続配信!
『うみねこのなく頃に散』ついにラストへ!Episode「7」「8」を紹介
『うみねこのなく頃に散』Episode「5」「6」の物語、主要キャラを紹介
『うみねこのなく頃に散』主題歌も収録!オープニングムービーを公開

■関連リンク
『うみねこのなく頃に散 ~真実と幻想の夜想曲~』公式サイト
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のニュース

『TOX』発売記念トークショウ開催!ミラ+ジュードでようやく“1周”!? 『Web恋姫†夢想』「壱の世界」2nd シーズンが本日9/8から始動!

■『うみねこのなく頃に散 ~真実と幻想の夜想曲~』 (PS3)
 (C)竜騎士07・07th Expansion/Alchemist


最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像