【3DS体験会】浮遊感にハマる『パイロットウイングス リゾート』プレイ

 
イベントレポート  

【3DS体験会】浮遊感にハマる『パイロットウイングス リゾート』プレイ

2011.01.08
『パイロットウイングス リゾート』関連情報
『パイロットウイングス リゾート』公式サイト

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▲『パイロトウイングス リゾート』試遊台の様子
▲『パイロトウイングス リゾート』試遊台の様子
 本日2011年1月8日(土)から1月10日(月・祝)まで開催中の、「NINTENDO WORLD 2011 ニンテンドー3DS体験会」。同会場にてデモ版の試遊を行った、『パイロットウイングス リゾート』のプレイレポートをお届けする。

 『パイロットウイングス リゾート』は、飛行機やロケットベルト、ハンググライダーといった3種類のスカイスポーツを楽しむことができる作品。舞台となるのは、Wii向けソフト『Wii Sports Resort』のメイン舞台でもあった「ウーフーアイランド」だ。自身のMiiをプレイヤーキャラクタにできる点も特徴である。

 今回のプレイでは、飛行機、ロケットベルト、ハンググライダーの3種類を、次々とイベントをこなす「ミッションフライト」モードで体験した。その様子について紹介しよう。

●飛行機
 今回挑戦したのは、難易度「チュートリアル」の最初のイベントである、「れんぞくリングくぐり」だ。ちなみに難易度は「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」といった順に上昇していく。

 「れんぞくリングくぐり」はその名のとおり、飛行機を操作して空中に浮かぶリングを連続でくぐっていくという内容。飛行機は「Aボタン」で加速、「Bボタン」で減速し、スライドパッドで機体の向きを変えられる。

 この「れんぞくリングくぐり」のような、“空中に浮かぶオブジェクトを次々と通過していく”という系統のミニゲームは、既存のゲーム作品にも時折用意されているが、筆者は正直言ってこの手のミニゲームが非常に苦手だなのだ。
 そのため、プレイ前は不安の色が隠せなかったのだが、いざプレイしてみると、3DSによる立体視のおかげで、ハッキリと奥行きを感じることができることに驚いた。結局、なんと一度もミスすることなくクリアすることができた。

▲空中に浮かぶリングを連続でくぐっていくミッション。立体視によって奥行きが表現され、操作のしやすさが飛躍的に向上しているように感じた

●ロケットベルト
 ロケットベルトも、チュートリアルの「ふうせんわり」をプレイ。空中に浮かぶ風船を次々と割っていく。
 ロケットベルトは、ロケット噴射によって空中に飛び上がり、ロケット噴射の向きを変えることで前進や上昇を行っていく。噴射の向きはスライドパッドで変更可能。「Aボタン」で強めのジェット噴射、「Bボタン」で弱めのジェット噴射が可能で、「Lボタン」を押せばホバリングもできる。

 慣れないうちはこの操作が難しく、高度があがり切らないうちに前進しようとすると、あっという間に墜落してしまう。ある程度高めの高度を保ちつつ、こまめに噴射の向きをかえながら、前方へ慎重に進んでいくことが大事だ。

▲ロケットベルトは飛行機と比べ、操作感がガラリと変化。高度を高めに保つのがコツだ

●ハンググライダー
 ハンググライダーはチュートリアルの「れんぞくリングくぐり」をプレイ。これは他の2種類と違い、ゲーム開始時から空中に浮かんだ状態となっており、スライドパッドで機体の向きを変える。「Bボタン」を押せば減速ができるのだが、あまり減速しすぎるとスピードが足らなくなり、墜落してしまうことに…。なるべく減速は避けたほうが無難かも。

▲減速しすぎると落ちてしまう「ハンググライダー」。慣れるまでは操作が難しく感じるかも

 3種類の乗り物を一通り楽しんでみたが、立体視による奥行き表現によって、空中を飛びまわる“浮遊感”を多いに味わえる。空中に設置されたオブジェクトと自分との距離感が、従来のゲーム機による作品と比べ、かなり分かりやすく見える用になっている点も、人によっては感動を味わえるかもしれない。

 なお、各イベントをクリアした際には、獲得したスコアやタイムによって点数が表示されるので、全イベントでの満点を目指していけばかなりやり込めるのではないだろうか。クリア後は自分のプレイ風景を収録したリプレイ映像を参照できるので、どの部分が悪かったかなどの反省に活かせる点も嬉しいところである。

 またゲーム中には、島を自由に飛びまわれる「フリーフライト」も存在。時間帯を夕方に変更することもできるので、鮮やかな夕日に照らされた「ウーフーアイランド」の上空で、思いっきり空中散歩を楽しもう!

▲自由に空中散歩を楽しめる「フリーフライト」モード

◆『パイロットウイングス リゾート』
ハード:ニンテンドー3DS
ジャンル:スカイスポーツ
メーカー:任天堂
発売予定日:2011年春
価格:未定

(C)2011 Nintendo

※ニンテンドー3DS※画面写真は開発中のものです。
の3D映像は、本体でしかご覧いただけません。画面写真は2D表示のものです。

◆「NINTENDO WORLD 2011 ニンテンドー3DS体験会」開催概要
<開催日時>
・2011年1月9日(日) 10:00~17:00(最終入場は16:00)
・2011年1月10日(月・祝) 10:00~16:00(最終入場は15:00)
※当日の混雑状況によって、会場時間が早まる場合がある。

<会場>
千葉県「幕張メッセ」 展示ホール9
住所:千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

<入場料金>
無料

ニンテンドー3DS ソフトウェアラインナップ
「NINTENDO WORLD 2011 ニンテンドー3DS体験会」公式サイト
ニンテンドー3DS 詳細ページ

★「NINTENDO WORLD 2011 ニンテンドー3DS体験会」関連記事
[動画]
【動画】3/24発売の3DSソフト『DEAD OR ALIVE Dimensions』PVをお届け
[イベントレポート]
【3DS体験会】松花Pが立体視を大いに語った『MGS SNAKE EATER』イベント
【3DS体験会】桜井氏が『パルテナの鏡』デモプレイ!キャラ商品展開も…
【3DS体験会】ハプニング(!?)にもしっかり対応「Miiスタジオ」
[プレイレポート]
【3DS体験会】『時のオカリナ 3D』プレイ:立体視&操作感の向上に感動
【3DS体験会】360度“見回して”敵戦艦を撃墜!『STEEL DIVER』プレイ
[ニュース]
ニンテンドー3DS専用ソフト発売日が続々と決定!本体と同時発売も多数

★「任天堂カンファレンス2010」関連記事
[イベントレポート]
【任天堂Conference】3DS新機能の詳報!クリエイターたちの意気込みも
【任天堂Conference】カラーバリエーションは2色。3DSは2月26日発売
[プレイレポート]
【任天堂Conference】本体のみでもかなり楽しい!3DS内蔵ソフトを試遊
【任天堂Conference】ゲーム性が一新!3DS『チョコボレーシング』体験
【任天堂Conference】『nintendogs + cats』“親バカ”になる可愛らしさ
【任天堂Conference】3DS『パルテナの鏡』空中&地上でのバトルに白熱!
【任天堂Conference】3DS『レイトン教授』“立体的”な「ナゾ」に挑戦
【任天堂Conference】3DS『マリオカート』立体表現で臨場感バツグン!!
[プレスリリース]
【任天堂Conference】3DS専用ソフト:ゲーム性の広がり、未知数! 編
【任天堂Conference】3DS専用ソフト:対戦が熱いレース&スポーツ 編
【任天堂Conference】3DS専用ソフト:激しいアクションに期待! 編

■関連コンテンツ
[プレスリリース]
『パイロットウイングス リゾート』40種類以上のミッションに挑戦!
【3DS体験会】浮遊感にハマる『パイロットウイングス リゾート』プレイ

■関連リンク
『パイロットウイングス リゾート』公式サイト
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のイベントレポート

【3DS体験会】360度“見回して”敵戦艦を撃墜!『STEEL DIVER』プレイ 【3DS体験会】ハプニング(!?)にもしっかり対応「Miiスタジオ」

■『パイロットウイングス リゾート』 (3DS)
 (C)2011 Nintendo


最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像