『クロヒョウ』発売記念!名越監督&手島優さんがゲームの魅力をトーク

 
イベントレポート  

『クロヒョウ』発売記念!名越監督&手島優さんがゲームの魅力をトーク

2010.09.22
『クロヒョウ 龍が如く新章』関連情報
『クロヒョウ 龍が如く新章』公式サイト

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ついに本日2010年9月22日(水)に発売を迎えた、セガのプレイステーション・ポータブル向け新作ソフト『クロヒョウ 龍が如く新章』(以下、『クロヒョウ』)。
 発売日当日に、神奈川県・川崎にある「ヨドバシカメラ マルチメディア川崎ルフロン」では、同作の発売記念イベントが開催された。

『クロヒョウ』発売記念イベントが行われた「ヨドバシカメラ マルチメディア川崎ルフロン」前の広場

 『クロヒョウ 龍が如く新章』は、同社の人気作『龍が如く』シリーズの新シリーズとして開発されたアクションアドベンチャーゲーム。『龍が如く』シリーズでお馴染みの歓楽街“神室町”を舞台に、暴力でしか自分自身を信じられない少年“右京龍也”を中心とした物語が展開していく。
 主人公を中心に描かれる壮大なドラマは、300分を超える大ボリューム・フルボイスのイベントムービーで表現。また、バトルシーンは喧嘩ならではの激しさやリアルさを追求するなど、本作独自の表現が随所に盛り込まれている。

 今回開催された『クロヒョウ』発売記念イベントでは、『龍が如く』シリーズの総合監督を務める名越稔洋氏と、『クロヒョウ』でキャバクラ嬢の役を演じているグラビアアイドル・手島優さんがゲストとして登場。2人によるトークショウが行われたほか、サイン会、握手会なども開催された。ここではその模様をお届けしていこう。


■■名越監督が手島優さんをキャスティングした理由とは―

 会場に登場した名越氏は『クロヒョウ』に関して、「シリーズ初のPSP作品であり、若者向けのメッセージを盛り込んだ作品。制作するのが大変でしたが、無事発売できてホッとしています」と一言。
 一方の手島さんは、「最近はアツい人が減ってきているような気がするので、『クロヒョウ』を通してもっとアツい人が増えたらいいですね」とコメントし、「アツい心を持っている人は憧れます。そんな人にグイグイ引っ張って欲しいです」とも語っている。

左から、総合監督の名越稔洋氏、グラビアアイドルの手島優さん。イベントのはじめ、名越氏は手島さんから花束を受け取った

 トークイベントの始めは、先日開催された「東京ゲームショウ2010」のイベントステージにおいて、名越氏と手島さんが『クロヒョウ』の通信対戦で対決し、見事手島さんが勝利を収めた話題から。
 名越さん曰く、「操作方法を教えてあげながらプレイしようとしたら、ガンガン攻め込まれてあっという間に負けた(笑)」とのこと。実は手島さんは、イベントの前から操作方法を知っており、「名越さんは本気で攻めてくると思ったし、負けるのが嫌だったから、操作を知ってることは黙ってました(笑)」と話している。

 『クロヒョウ』にもこれまでのシリーズと同様、「神室町」の中でお店を利用したり、ミニゲームを遊べたりする事に関しては、「こんなにてんこ盛りでいいのってぐらいボリューミーです。バトル以外にもたくさん楽しめて飽きないですね」と手島さんはコメントし、そのボリュームの多さをアピールした。

 さらにトークは『クロヒョウ』のテーマ曲を手がけているアーティスト「RIZE」の話題へ向かい、名越氏は「昨年の東京ゲームショウ2009で知り合って仲良くなりました。当時から『クロヒョウ』の制作を進めており、テーマ曲を決める段階にきてRIZEに任せよう、ということになりました」と、RIZEとのタイアップを決定した当時を振り返っている。
 「テーマ曲“MUPPET”は、『クロヒョウ』に込めたメッセージ性を元に作ってもらっていますし、プロモーションビデオもその雰囲気を踏襲したものを作ることにしました。結果、RIZE本人達も納得の出来に仕上がりました」とも、名越氏は語った。


 さらに、『クロヒョウ』に出演しているキャストについて名越氏は、「このキャラクタに最もふさわしい、と思える役者さんたちをキャスティングすることができました。その部分で心残りも、妥協も一切ありません」と語っている。
 ちなみに手島さんをキャストに選んだ理由については「ルックスが抜群なのはもちろんですが、テレビで手島さんを見ていて“あの人と話したい”と思えるような人だったから」とのこと。手島さんはキャバクラ嬢のキャラクタボイスのみだけでなく、キャラクタのモデルとしても採用されており、同名のキャバクラ嬢としてゲーム内に登場する。「どのくらい再現されているのかも含めて、ゲーム内で確かめて欲しい」と名越氏は語った。

 一方で手島さんは、起用された当時に関して、「元々『龍が如く』シリーズは好きで、全シリーズ作品を持っていました。だから、『クロヒョウ』のキャストに選ばれたという話が来たときは嬉しすぎて、“ドッキリなんじゃないの?”と思ってしまったほどです(笑)」と、その喜びを振り返っている。
 アフレコ現場の様子については、「自分から責める演技や、甘える演技をしたり、突然アドリブを言わされることもありました。台本がすごく分厚かったんですが、丁寧に教えていただいたのでわかりやすく演技できました」と話している。


 その後トークは、コミック誌「週刊 ヤングマガジン」(講談社 刊)で連載が開始したコミック版『クロヒョウ』、およびTBS系列の放送局で放送が始まるTVドラマ版『クロヒョウ』の話題に。
 名越氏は「ドラマ版もコミック版もPSP版も、世界観や人間関係がそれぞれ少しずつ異なっています。すべて見比べてみて、その違いを感じてください」と述べた。

 手島さんは「コミック版の場合、連載開始に関係して誌上でのグラビアのお仕事をやらせてもらえたんですが…ドラマ版出演のオファーは来てないんですよね(笑)。私、アクションも出来ますよ!アクションが出来るキャバクラ嬢って面白くないですか?」と名越氏に積極的にアピールしていた。


コミック版『クロヒョウ』は「週刊ヤングマガジン」9月18日(土)発売号から連載中である ドラマ版『クロヒョウ』に出演する3人の役者。石黒英雄さんが演じるのは、ドラマ版オリジナルのキャラクタだ

 トークイベントの最後に手島さんは「街の中にプレイスポットも充実していて、長い間飽きずに遊ぶことが出来るのも魅力です。私は10本ぐらい購入して友人と配りたいぐらいです。皆さんもたくさん購入して、ほかの人に配りませんか?」とコメントした。
 一方の名越氏は、「無事に発売日を迎えられて嬉しいです。今後。コミック版もTVドラマ版も続いていきますが、気合が入っていて、すごく良い出来です。テンションが高い作品に仕上がっているので、PSP版共々応援してください」と延べ、イベントを締めくくった。


■■限定グッズのこだわり、ドラマ撮影現場の雰囲気などコメント

 トークイベント終了後、名越氏、手島さんの2人は、プレス関係者からのインタビューに答えてくれた。以下に、その内容をお届けしていく。

インタビューでは、限定版同梱のグッズの話題や、ドラマ版の話題なども

――発売日を無事に迎えた感想を、改めて聞かせて下さい。

★名越氏
 1年間頑張って制作して、ようやく世間に出すことができてホッとしています。あとはプレイヤーの皆さんに楽しんでもらえたら幸いです。

――手島さんはキャバクラ嬢役として出演していますが、自分をモチーフにしたキャバクラ嬢の、どの部分に注目してもらいたいですか?

★手島さん
 普段は見せないような、甘えた仕草です。あとは、普段の私と違ってゲーム内の私は品が良いので、そこにも注目してください(笑)。

――手島さん扮するキャバクラ嬢を口説き落とすためのコツは?

★手島さん
 優しくしてくれたら、落ちていきますよ。積極的にお店に通い続けてくれれば、次第に好意を抱いていくのかなと。優しくされたいのは、現実の私も同じですけどね。

――今回は、名越さん自らがプロデュースした限定グッズが同梱された限定版も用意されましたが、あちらはどのようなコンセプトで制作されたのでしょうか。

★名越氏
 ああいった限定版の同梱グッズは通常、ゲームのタイトルロゴが派手に中央にあしらわれて居たりしますね。僕の場合、そういったデザインのグッズは使わなくなるというところがあったので、日常でもさりげなく使えるような大人向けのデザインにしています。
 ミシンで縫ったらどんな色になるかなど、使用する素材にもきちんとこだわっていますよ。ちなみに、おかげさまで限定版は完売しています。

★手島さん
 私は限定版をいただいたんですが、良い意味での“いやらしさ”というか、色気を感じるグッズでした(笑)。

――『クロヒョウ』は、シリーズで初めてPSPでのリリースとなりましたが、据え置き機と開発上での違いはありましたか?

★名越氏
 ハードの違いから、どうしてもスペックがダウンしてしまいますが、通信対戦を盛り込んだりなど、PSPならではの魅力もあるので、その部分でプレイヤーの皆さんから認めてもらえるのではと考えています。「PSPでここまで!?」というぐらい、たくさんのシナリオを盛り込んでいるので、その部分にも注目して欲しいです。

――今後もPSPで新たな作品を出したいと思いますか?

★名越氏
 せっかくPSPでゲームを制作するノウハウを覚えましたから、このままではもったいないですし、また新たにやりたいとは思います。

――TVドラマ版の製作現場の雰囲気はいかがですか?

★名越氏
 僕自身もドラマに出演しているということもあり、何度も足を運んでいるのですが、すごく良い雰囲気で撮影が行われています。深夜放送としてはもったいないほどのクオリティに仕上がっているので、スタッフの皆さんにも感謝したいです。

――最後に、ファンに向けてメッセージをお願いします。

★手島さん
 ハードがPSPなので、持ち運ぶことが出来るのが魅力的です。ファンなら肌身離さず持ち歩いてプレイしてください。『クロヒョウ』はアツい人生を送るためにも必要なアイテムです。

★名越氏
 持ち運んで、友達とぜひ通信対戦を遊んでみてください。対戦の部分に関しては、『クロヒョウ』でしか楽しめない、リアルな喧嘩を再現したオリジナリティ溢れるものに仕上がっています。
 プレイヤーさんのブログなどをチェックしたところ、思った以上にこのバトルが受け入れられて嬉しく思っています。ぜひ手にとって遊んでみてください。

会場では、名越氏によるサイン会&握手会も実施された 多くのユーザーが集まり、『クロヒョウ』のパッケージなどにサインを求めていた

◆『クロヒョウ 龍が如く新章』
ハード:プレイステーション・ポータブル
ジャンル:アクションアドベンチャー
メーカー:セガ
発売日:2010年9月22日(水)
価格:
<UMD版>6,279円(税込)
<DL版>5,600円(税込)
<名越稔洋プロデュース プレミアムBOX>9,429円(税込)
プレイ人数:1人(アドホック通信プレイ時:2~4人)
CERO審査:「D」(17歳以上対象)

【「名越稔洋プロデュース プレミアムBOX」同梱物】
・限定版パッケージ
・PSP CASE Wallet Type
・PSP Cross Cleaner
・UMD VIDEO:RIZE「MUPPET」PVクリップ

(C)SEGA

■関連コンテンツ
[新作紹介]
【映像配信】これがPSPの『龍』!『クロヒョウ 龍が如く新章』PVをお届け

[プレスリリース]
『クロヒョウ』ラベルのオリジナル日本酒&ビール発売
『クロヒョウ』発売記念!名越監督&手島優さんがゲームの魅力をトーク
『クロヒョウ』発売記念イベントに手島優さん&名越監督が来場!
【TGS2010】『クロヒョウ』ゲーム、TVドラマ出演の豪華俳優陣がコメント
第2回「龍が如く キャバ嬢役オーディション」最終選考の模様を配信

■関連リンク
『クロヒョウ 龍が如く新章』公式サイト
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のイベントレポート

『RED DEAD REDEMPTION』放浪、そして決闘…マルチプレイの奥深さ堪能 PSP『けいおん!』発売記念抽選会をレポート!開発者のコメントもお届け

■『クロヒョウ 龍が如く新章』 (PSP)
 (C)SEGA


最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像