【TGS2009】アニメに先駆け“貞子”に萌える!!『君に届け』をプレイ

 
イベントレポート  

【TGS2009】アニメに先駆け“貞子”に萌える!!『君に届け』をプレイ

2009.09.28
『君に届け ~育てる想い~』関連情報
『君に届け ~育てる想い~』公式サイト

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ニンテンドーDS向けソフト『君に届け ~育てる思い~』(以下、『君に届け』)が、東京ゲームショウ2009にてプレイアブル出展された。原作コミックも大人気、10月よりTVアニメ放送も決まっているため、マンガもアニメも大好きな著者としては、注目のタイトルのひとつ。そこで、バンダイナムコゲームスブースで体験プレイしてみた。


◆内気な“貞子”も社交家に? 心の成長でストーリーが変化

『君に届け』は、見た目の暗さから“貞子”と呼ばれ、恐れられている女子高生・黒沼爽子の1年間を追体験できるアドベンチャーゲーム。基本は同名の原作に沿いながらも、会話中の選択肢でどれを選ぶかによってストーリーが変化する、“アナザーストーリー”が楽しめる。

 体験版では本作品の特徴的なシステム、爽子の心を成長させる「こころがけ」、「きっかけ種」を、ゲーム序盤のストーリーに沿って解説していくチュートリアルをプレイできた。
 まずプレイヤーが、爽子の1週間の目標となる「こころがけ」を決定。目標と言っても「明るくふるまう」や「じゃまにならない人になる」といった方針的なものから、「勉強をする」などの行動予定まで、選択範囲は広い。
 そしてこの目標をどれだけ達成したかで、彼女の気持ちのパラメータと、手に入る水の量が変化する。この水は「きっかけ種」を育てるために必要で、水をやり、条件を満たすと花が咲いてイベントが発生。そしてまた別の種ができる、という仕組みだ。
 なかなか複雑な仕組みだが、今回は指示されたもの以外の選択肢は選べないようになっていたため、簡単にシステムの流れを覚えられた。

 プレイヤーから与えられた指示を守って、少しずつ成長・変化していく爽子。もともと原作ファンから愛されているキャラクタだが、本作品をプレイすれば、その健気さにますます人気が高まりそう。しかも中の人は、あの癒し系ボイスの能登麻美子さん。男性が“萌え”目的でプレイしても楽しめそうだ。

 また原作と同じく、デフォルメされたキャラクタのコマが挿入されたりと、タッチペンを使ってマンガを読むような感覚で、テンポよくプレイできるのも好印象。発売は10月15日(木)を予定。10月開始のアニメを見て気に入った人は、本作品でお花でも育てるように爽子を1年間育ててみてはどうだろうか?


◆『君に届け~育てる想い~』
メーカー:バンダイナムコゲームス
ハード:ニンテンドーDS
ジャンル:想いを伝えるピュアアドベンチャー
発売日:2009年10月15日(木)予定
価格:5,229円(税込)
プレイ人数:1人
CERO審査:審査予定

■関連リンク
『君に届け~育てる想い~』公式サイト

■関連コンテンツ
[プレスリリース]
人気漫画「君に届け」アニメ化と同時にDSでもゲーム化

[東京ゲームショウ 2009]
「TGS 2009」徹底取材:あなたはどの陣営を応援します?

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のイベントレポート

【TGS2009】カワイイけど、悪魔的ムズかしさの『ロコロコMC』に完敗さ 【TGS2009】「ゲーム大賞 フューチャー部門」受賞者のコメントをお届け

■『君に届け ~育てる想い~』 (DS)
 (C)椎名軽穂・集英社/「君に届け」製作委員会(C)2009 NBGI


最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像