【TGS2009】Wiiの『FF』は超エンタメ!『クリスタルベアラー』

 
イベントレポート  

【TGS2009】Wiiの『FF』は超エンタメ!『クリスタルベアラー』

2009.09.28
『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』関連情報
公式サイト

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このシート左にいるのが主人公のレイル。「俺に任せろ!」というキメ台詞からしてカッコいい
このシート左にいるのが主人公のレイル。「俺に任せろ!」というキメ台詞からしてカッコいい
 今年の東京ゲームショウの目玉タイトルのひとつとして、プレイステーション3の『FINAL FANTASY XIII』が挙げられるのは間違いない。しかし『VII』以降の“ど”シリアスな『FF』を踏襲していそうで、いまいち食指が伸びない人も少なくないだろう。
 そんな人に今後ぜひチェックしてほしい『FF』が、Wii用アクションRPG『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』(以下『クリスタルベアラー』)だ。
 『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』シリーズというと任天堂ハード向けの『FF』で、子供向けという印象の人も多いかもしれないが、今回は少しだけ大人向け。主人公のレイルからして、いかにも頼れる青年。しかし決して暗いゲームではなく、周囲の洒落っ気のあるキャラクターとともに明るく冒険する、最近の『FF』にはない雰囲気(強いて言うなら『V』の序盤っぽいかも)だ。

 今回プレイできた試遊台にはセーブデータが3つ用意されており、チュートリアルで基本操作が学べる初心者向け、ダンジョン内から始まりすぐに戦闘やアクションを楽しめる中級者向け、フィールドを自由に移動する上級者向けの3種類。いずれも15分程度のプレイ時間となる。
 周囲にいたスタッフによると「ある程度ゲームに慣れている人なら中級者向けも問題ない」とのことだったので、今回はそのセーブデータを使ってプレイしてみた。
 ゲームは、レイルの持つ引力を操る力を使って進めることになる。操作はシンプルで、移動をヌンチャクのスティックで行ない、リモコン側はポインタで対象の選択、Bボタンで引力を操ってアクションをする。
 このアクションはさまざまに応用でき、たとえば引力で岩を浮かせて相手にぶつけることもできれば、むしろ敵自体を浮かせて敵にぶつける、ということも可能だ。
 中級者向けのステージはダンジョン内でスタート。途中、広い部屋の中に閉じ込められ複数の敵と戦うことがあったが、相手は動きの遅いスライム。周囲にある岩を使えば、冷静に一匹ずつ倒せば難なくクリアできた。



 ダンジョンを先に進むと、地下遺跡風のステージへと移動。宝箱を探そうと勝手に進んでしまう少女ベルと追いかけっこのような状態になる。しかしステージ内は段差や落とし穴が多くなかなか追いつけない。ここでも役立つのは引力で、ステージ内の青く光る部分をターゲットにして使用すると、レイルをその場所へ引き寄せてくれるのだ。
 このテクニックをフルに使用するのが、今回プレイしたデータでは最終部分にあたるクリスタルの間。このフロアに入るとレイル因縁の敵と出会い、クリスタルを奪われるというイベントが発生。彼を追いかけるために、足場が次々に変化する場所を飛び移って上のほうにある出口を目指すことになる。
 ここで、特定のポイントから大きくジャンプをしたり、引力を使って特定ポイントまでレイルを引き上げたりといった操作を連続する必要があるのだ。先述したとおり操作はかなりシンプルながら、ダイナミックな動きが連続して、かなり楽しい脱出劇になっている。

 今回の体験プレイを通じて感じたのは、本作品に“冒険”という言葉がピッタリだという点。明るくポジティブな主人公が、派手な活躍を繰り広げるという、昔の『FF』らしさを存分に味わうことができた。冒頭でも述べたとおり、子供から大人まで楽しく遊べる、エンターテイメント性の高い作品だろう。


(C)2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:Toshiyuki Itahana.

◆『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Wii
ジャンル:アトラクション・アドベンチャー
プレイ人数:1〜2人
発売日:2009年11月12日(木)予定
価格:7,340円(税込)
CERO審査:「B」(12歳以上対象)

■関連リンク
『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』公式サイト

■関連コンテンツ
[イベントレポート]
【E3 2009】パート毎に異なる楽しさ『FFCC クリスタルベアラー』を試遊
[プレスリリース]
Wii『FFCC クリスタルベアラー』ティザーサイトが7ヵ国同時オープン
Wii『FFCC クリスタルベアラー』発売日が2週間前倒し
『FFCC クリスタルベアラー』最新映像を「スクエニメンバース」で公開
『FFCC クリスタルベアラー』主人公は“引力を操る”異能者

[東京ゲームショウ 2009]
「TGS 2009」徹底取材:あなたはどの陣営を応援します?

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のイベントレポート

【TGS2009】“ヤリ過ぎであってくれ”と祈りつつ『GOW3』を試遊、結果… 【TGS2009】脱出よりもタッチに夢中『暗闇の果てで君を待つ』

■『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』 (Wii)
 (C)2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:Toshiyuki Itahana.


最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像