【E3 2009】自動車の魅力をもっと伝えたい――山内氏が語るPSP版『GT』

 
イベントレポート  

【E3 2009】自動車の魅力をもっと伝えたい――山内氏が語るPSP版『GT』

2009.06.05

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2009年のE3を語る際に、決して逃せないトピックがPSP goの発表だ。そしてその普及の起爆剤として期待される、プレイステーションファミリーを代表するレースゲーム『グランツーリスモ』の登場が発表された。
 その後、改めてシリーズの生みの親であるポリフォニー・デジタルの山内一典氏に話を伺う機会を得た。その内容をまとめて紹介しよう。

■5年の月日をかけて完成した『GT』らしい『GT』

――まず、これまでの作品と、PSP版での違いは何ですか?

山内氏:画面が小さいこと、持ち運べること、あとは操作系が違うことですね。特に操作系や液晶はPSPのバージョンによっても異なるので、「どのPSPで遊んでも楽しめるようにする」というのが今回のチャレンジのひとつでした。

――それでは、たとえばオプションなどでどのPSPのバージョンか設定できるのでしょうか?

山内氏:いえ、そういう機能はないです。またPSP Goに合わせたわけではなく、ロースペックなものに合わせています。

――初めて携帯ゲーム化された率直な感想をお聞かせください。

山内氏:「恐いなぁ」という印象でしたね。ちゃんと『GT』になるのか、という点で。PSPのレースゲームはひと通りプレイしましたが、皆さん苦労されているようですね。「外注に出せよ」という声も正直あったのですが、ちゃんとしたものにしたかったですし、結果的にうまくいってよかったです。

――PSP版は、存在自体は語られていましたが、発表まで長かったですね。

山内氏:私が発表したのが確か2004年ですから、5年ですか。その間、ずっと制作は続いていました。

■PSP版での細かな機能から見られる、山内氏の考えの変化――よりカジュアルに
――制作中も、色々な『GT』が出ましたが、PSP版ではどのエンジンを使うのでしょうか?

山内氏:マニアックな質問ですね(笑)。エンジンは『5 プロローグ』のもので、データは『4』もしくは『ツーリスト・トロフィー』基準です。ただグラフィックはPSP用に起こしています。

――グラフィックについて、車内も再現されているのでしょうか?

山内氏:再現されていません。俯瞰視点とコクピット視点は入っていますが、(車内が映る)その中間の視点を入れるかどうかは検討中です。そういったグラフィック面についてはどうしても劣ってしまうので、最後まで調整するでしょうね。

――通信周りについて、アドホックモードで近くの人と対戦ができるようですが、そのほかに何か対応していますか?

山内氏:アドホックモードだけですね。インフラストラクチャーモード(無線LANを使った対戦)には対応していません。ただアドホックモードは対戦以外にも車のシェアやトレードができます。車はシェアできるものトレードできるもの、どちらもできないものの3つに分かれています。

――『GT5』との連携は考えていますか?

山内氏:あまり考えていませんが、ガレージ情報だけは引き継げるようにしようと思っています。最近、僕のゲームに対する考えが変わったのか、以前のように求道的ではなく、カジュアルに遊ぶ人が増えてきたように感じて。先ほどのアドホックモードを使ったシェアなどもそうですが、「どの車も手にしてほしい」という狙いがあります。そうして車にまつわるコミュニケーションが生まれればいいかな、と。


■気になる『GT5』の発売は……いつでも出せる!?

――『GT5』の話が出たので伺いたいのですが、先日発表されたムービーでは色々象徴的なものが見え隠れしていましたが……。

山内氏:『GT5』については、ムービーから読み取ってほしいということで勘弁してください(笑)。ただ、WRCとナスカのロゴを見せたのは、両極端のものを見せたかったという狙いです。

――クラッシュもついに導入されるのですね。

山内氏:特に理由はないのですけどね。これまでもべつに避けていたわけではなく、優先順位でほかに高いものがあっただけで(笑)。

――ずばり、発売日はいつでしょうか?

山内氏:いつでも出せるが、逆にいつまでも引っ張れます。僕たちが納得できたら発売するということにさせてください。

――最後に、PSP版『GT』の位置づけをお聞かせください。

山内氏:とにかく自動車の魅力、スポーツカーのカッコよさを伝えたいのですよ。ただ、若い人にPS3とHDテレビ、ステアリングコントローラを揃えろというのはムリな話なので(笑)。最高級オーディオもあれば、ウォークマンも必要だと思っています。


■関連リンク
ソニー・コンピュータエンタテインメント

■【E3 2009】関連コンテンツ
[新作紹介]
【E3 2009 DS新作 動画】『ゼルダの伝説』や『黄金の太陽』続編も登場
【E3 2009 Wii新作 動画】宇宙が舞台の冒険再び『Super Mario Galaxy 2』
【E3 2009 Wii新作 動画】4人で遊ぶ『Newスーパーマリオブラザーズ』
【E3 2009 Wii新作 動画】サムスの過去とは?『Metroid:Other M』
【E3 2009 Wii新作 動画】新メニューでエクササイズ『Wii Fit Plus』
【E3 2009 新作 動画】PSP『ソウルキャリバー』に“戦神”が!
【E3 2009 新作 動画】銃撃戦もアリ!『鉄拳6』バトルシーン
【E3 2009 新作 動画】空高く“Jump”『塊魂トリビュート』
[イベントレポート]
【E3 2009】オリジナルモードにロボット登場!家庭用『鉄拳6』試遊レポ
【E3 2009】体と一緒に頭も鍛えられるって!?『Wii Fit Plus』を試遊
【E3 2009】安心の過激さ、カオスさ。『ゴッド オブ ウォーIII』試遊レポ
【E3 2009】パッケ版かDL版か? いや、PSP goは操作感で選んでください
【E3 2009】活かせ、ファントム。『ゼルダの伝説 Spirit Track』試遊レポ
【E3 2009】『ラチェット&クランク』最新作:過去の再生機能が悩み所?
【E3 2009】バットや剣や弓になる!? PS3新型コントローラが2010年登場
【E3 2009】“完成度は70%”PS3『ゴッド オブ ウォーIII』開発者に訊く
【E3 2009】『ニュースーパーマリオ for Wii』で異文化交流してみた
【E3 2009】あなたは神でレーサーPS3『ModNation RACERS』プレゼンに潜入
【E3 2009】D3パブリッシャー:ハリウッド版「鉄腕アトム」をゲーム化
【E3 2009】シミュレータ系レース最高峰『FORZA MOTORSPORTS 3』に迫る
【E3 2009】宮本茂氏“迷いながらWii『NEXT ゼルダ』を制作中”と語る
【E3 2009】任天堂カンファレンス:DS&Wii発表タイトルを総ざらい編
【E3 2009】SCEA:ドライブ排除・新型「PSP go」を10月1日発売
【E3 2009】PSPで正統な続編『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』が発表
【E3 2009】任天堂:マリオ新作×2、TeamNINJAコラボ作品発表!
【E3 2009】任天堂:Wiiボード、モーションコントローラを強化&未知の…!
【E3 2009】Xbox 360、貪欲に後発分野の挽回へ:MSカンファレンス詳報
【E3 2009】実はあります「E3 2009」会場で買えるおみやげ紹介
【E3 2009】MS速報:FF13実機デモ、MGS完全新作、体感操作など
【E3 2009】世界最大の復権へ― 米・ロサンゼルスで「E3 2009」開幕!
[プレスリリース]
【E3 2009】青い衣装を纏う、謎の人物…『NEXT ゼルダ』イラスト公開!
ゾンビを使役し武器・防具に!PSP『アンデッドナイツ』今秋発売
変貌する“塔”を攻略せよ!PS3『QUANTUM THEORY』発表
カジノ街にゾンビが溢れる!!『デッドライジング2』画像公開
若かりしBIGBOSSの戦い!PSP『MGS PEACE WALKER』1stトレーラー公開
新デザイン、小型・軽量化された「PSP go」 日本国内は11月1日発売
『ファイナルファンタジー』シリーズ最新作はMMORPG PS3とPCに
Xbox 360・国内:『Halo』新作2種&『Forza 3』発売が決定
Xbox 360・海外:『Left 4 Dead』『BioShock』新作の存在も判明
身体全身でサッカー、アメフトを体感プレイ!「Project Natal」
映像配信拡大、ソフトダウンロード購入も!Xbox 360新サービス発表
小島プロ:新作の主人公は“雷電”「E3 2009 SPECIAL SITE」開設
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のイベントレポート

【E3 2009】『ラチェット&クランク』最新作:過去の再生機能が悩み所? 【E3 2009】活かせ、ファントム。『ゼルダの伝説 Spirit Track』試遊レポ

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像