オバマ大統領、インターリンクでドメインを.obamaにCHANGE!!

 
ニュース  

オバマ大統領、インターリンクでドメインを.obamaにCHANGE!!

2009.04.01

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 インターリンクは2009年4月1日(水)、オバマ米大統領が同社を通じてインターネットドメイン「.obama」の申請を行ったことを明らかした。

 オバマ大統領が就任後、独自のドメイン申請について言及したのは今回が初めてである。「.obama」を申請した背景には、2008年にICANNがトップレベルドメイン自由化を承認した経緯と、現在オバマ政権に招集されている、元ICANN理事のスーザン・クロフォード教授の影響もあると思われる。なおICANNは、インターネット上で利用されるアドレス資源(IPアドレス、ドメイン名、ポート番号など)の標準化や割り当てを行なう組織で、IANAの後継にあたる民間の非営利法人になる。

 オバマ大統領は、「.obama」の取得完了後、自身のすべての情報を「.obama」に集約し、「hitstory.obama」で自身の経歴、「books.obama」で自身に関する書籍を集めるなどの活用が予想される。また、支持者に無料でメールアドレスを配布することも検討されている模様である。

 なおインターリンクは、本年5月11日(月)正午より世界規模で「Word Domain Cup(ワールド ドメイン カップ)」を開催する。このコンテストでは、gTLD名(「.com」「.net」「.biz」など)の名称自由化に伴い、新たなgTLD名を募集する。
 そして、1位に輝いたドメインは、インターリンクから正式にICANNへ認可申請が行われ、立案者には賞金1万ドル及びドメインが1つ売れる度に同社から報奨金1ドルが10年間に渡って支払われる。

※本ニュースの一部は、インターリンクのエイプリルフール企画です

■関連リンク
「.obama」申請発表サイト
「Word Domain Cup」掲載サイト

Copyright (C) 2009 Interlink. All rights reserved.

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のニュース

Gamepot USA、MMORPG『Mir2』の英語版サービスを開始 “思い出”を記録!超ドリームレコーダー「らぐな録」限定販売

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像