Wii『デッドライジング』オティス爺さんの「ミッション」公開

 
ニュース  

Wii『デッドライジング』オティス爺さんの「ミッション」公開

2008.12.22

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カプコンは2008年12月20日(土)、Wii向けソフト『デッドライジング ゾンビのいけにえ』に関して、生存者を救出する「ミッション」に関する情報を公開した。

 『デッドライジング ゾンビのいけにえ』は、Xbox 360『デッドライジング』をWii向けにリメイクした作品。主人公フランク・ウェストが、田舎町「ウィラメッテ」のショッピングモールにて人々に襲いかかるゾンビたちと戦い、事件の真相を解き明かしていく。Wii版の特徴として、プレイヤーキャラであるフランクを映すカメラアングルが変更。さらに操作方法も、Wiiリモコンを使用した体感的なものになっている。

 「ミッション」は、ショッピングモールに取り残された生存者たちを救出するためのイベントで、守衛室にいる「オティス」から請け負うことができる。ミッション中は画面右上に経過時間が表示され、時間がかかれば生存者はゾンビに倒されてしまう。
 救出対象となる生存者たちは、混乱したり、恐怖でうずくまっている場合もあるので、何度か話しかけて説得する必要がある。また、ある物を持ってくるように要求してきたり、言葉が通じない相手も登場するので、ケースに応じて必要なアイテムを準備する必要がある。
 また、Wii版から新しく登場した要素として、ミッションの結果によってランクが与えられ、一定以上のランクを獲得すると賞金がもらえるようになった。ランクは、生存者を救出するスピードや、どれだけ多くのゾンビを倒したかによって決定され、成績が悪い場合は報酬をもらうことができない。

 また、ゲーム中に登場する、ゾンビたちとは違う勢力「教団」と、その教主である「ショーン・キーナン」についても公開された。
 ショーンは、「ウィラメッテ」で独自の宗教活動をしていた人間で、この世が破滅するという妄想的終末論に囚われている。信者たちを率いてショッピングモール内に侵入し、生存者たちを生贄にする儀式を執り行っているという、危険極まりない人物だ。
 「教団」の信者たちはナイフで斬り付たり、ダイナマイトで自爆したりといった攻撃方法でフランクを苦しめる。また、毒霧攻撃でフランクを気絶させ、身ぐるみを剥いでアジトに拉致することもあるという。

◆『デッドライジング ゾンビのいけにえ』
メーカー:カプコン
対応機種:Wii
ジャンル:ゾンビパラダイスアクション
発売日:2009年2月19日(木)
価格:7,340円(税込)
プレイ人数:1人
CEROレーティング:D(17歳以上対象)

■関連コンテンツ
[新作紹介]
ウジャウジャいますゾンビたち!Wii『デッドライジング』画面公開
[プレスリリース]
世も末だ…ゾンビが公式ブログを開設した……
Wii『デッドライジング』ゾンビより恐ろしいアダム・マッキンタイア氏
Wii版『デッドライジング』銃&雑誌を買えるアイテムショップが新登場
Wii『デッドライジング』発売日が2009年2月19日に決定

■関連リンク
『デッドライジング ゾンビのいけにえ』公式サイト

公式ブログ「デッドラ隊が行く!」

(C)CAPCOM CO., LTD. 2006, 2009 ALL RIGHTS RESERVED.

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のニュース

Co-opプレイで操縦/援護を分担『バイオハザード5』乗り物紹介 挨拶はいい。ゲーム内容を聞こうか… DS『ゴルゴ13』

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像